カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

by BITTIMES

カンボジアの中央銀行「カンボジア国立銀行」と共に同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Bakong(バコン)」を共同開発している「ソラミツ株式会社」は、バコンがカンボジアのリテール決済および銀行間決済の基幹システムとして2020年10月28日から正式に運用開始されたことを発表しました。

こちらから読む:国際決済銀行、CBDCの概念実証実施へ「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨「Bakong(バコン)」運用開始

Bakong(バコン)はデジタル化されたカンボジアリエル(KHR)と米ドル(USD)を使用した中央銀行デジタル通貨(CBDC)システムであり、ソラミツが開発に貢献した許可型ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(ハイパーレジャーいろは)」を使用して「カンボジア国立銀行」と「ソラミツ株式会社」が共同開発しています。

この中央銀行デジタル通貨システムは2019年7月からカンボジア全土でパイロット運用が開始されていましたが、先日28日にはカンボジアのリテール決済および銀行間決済の基幹システムとして正式に運用開始されたことが報告されています。

多くの金融機関と1,700万人の国民のニーズに対応するために構築された「バコン」は、従来の決済システムと連携してシームレスかつ安全に機能するように設計されており、2020年第3四半期時点ではカンボジア全土にある18の金融機関で既に採用されています。

スマホアプリで「簡単に送金・決済」

(画像:ソラミツ株式会社)(画像:ソラミツ株式会社)

Bakong(バコン)のスマートフォンアプリは、カンボジア国内の電話番号を有している人なら誰でも利用することができ、デジタルリエル・デジタルドルのウォレットを保有して、電話番号やQRコードで個人間・法人間送金を行ったり、店舗で支払いを行ったりすることができるようになっているため、カンボジアに住む人々は、送金手数料無料で、より早く、より安全に支払いを行うことができると説明されています。

なお「バコン」は金融犯罪などを防止するために「多要素認証の本人確認システム」を採用しているため、"少額決済を行うためのバコン口座開設"はSMS検証で行うことができるものの、"高額決済を行うためのバコン口座開設"では認証アプリを使用したり、銀行の支店で政府IDを登録して厳格な本人確認を行う必要があると説明されています。

カンボジアでは15歳以上の国民のうちの78%が銀行口座を有していないものの、スマートフォンの普及率は150%となっているため、スマートフォンで簡単に利用することができる「バコン」はカンボジアの金融システムの金融包摂・効率性・安全性を向上させ、現地通貨の使用も促進させることができると期待されています。

>>「ソラミツ株式会社」の公式発表はこちら
>>「ソラミツ株式会社」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で元郵便局長を逮捕|職場の電力を不正利用か

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で元郵便局長を逮捕|職場の電力を不正利用か

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

ブロックチェーン関連の人材育成に向け「トークイベント」開催|NEM JAPAN×近畿大学

ブロックチェーン関連の人材育成に向け「トークイベント」開催|NEM JAPAN×近畿大学

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

日本STO協会:ガイドライン作成に向け「ワーキンググループ」を設置

日本STO協会:ガイドライン作成に向け「ワーキンググループ」を設置

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

日本市場進出を図る「Coinbase」東京オフィスで9職種の人材募集

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す