カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

by BITTIMES

カンボジアの中央銀行「カンボジア国立銀行」と共に同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「Bakong(バコン)」を共同開発している「ソラミツ株式会社」は、バコンがカンボジアのリテール決済および銀行間決済の基幹システムとして2020年10月28日から正式に運用開始されたことを発表しました。

こちらから読む:国際決済銀行、CBDCの概念実証実施へ「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨「Bakong(バコン)」運用開始

Bakong(バコン)はデジタル化されたカンボジアリエル(KHR)と米ドル(USD)を使用した中央銀行デジタル通貨(CBDC)システムであり、ソラミツが開発に貢献した許可型ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(ハイパーレジャーいろは)」を使用して「カンボジア国立銀行」と「ソラミツ株式会社」が共同開発しています。

この中央銀行デジタル通貨システムは2019年7月からカンボジア全土でパイロット運用が開始されていましたが、先日28日にはカンボジアのリテール決済および銀行間決済の基幹システムとして正式に運用開始されたことが報告されています。

多くの金融機関と1,700万人の国民のニーズに対応するために構築された「バコン」は、従来の決済システムと連携してシームレスかつ安全に機能するように設計されており、2020年第3四半期時点ではカンボジア全土にある18の金融機関で既に採用されています。

スマホアプリで「簡単に送金・決済」

(画像:ソラミツ株式会社)(画像:ソラミツ株式会社)

Bakong(バコン)のスマートフォンアプリは、カンボジア国内の電話番号を有している人なら誰でも利用することができ、デジタルリエル・デジタルドルのウォレットを保有して、電話番号やQRコードで個人間・法人間送金を行ったり、店舗で支払いを行ったりすることができるようになっているため、カンボジアに住む人々は、送金手数料無料で、より早く、より安全に支払いを行うことができると説明されています。

なお「バコン」は金融犯罪などを防止するために「多要素認証の本人確認システム」を採用しているため、"少額決済を行うためのバコン口座開設"はSMS検証で行うことができるものの、"高額決済を行うためのバコン口座開設"では認証アプリを使用したり、銀行の支店で政府IDを登録して厳格な本人確認を行う必要があると説明されています。

カンボジアでは15歳以上の国民のうちの78%が銀行口座を有していないものの、スマートフォンの普及率は150%となっているため、スマートフォンで簡単に利用することができる「バコン」はカンボジアの金融システムの金融包摂・効率性・安全性を向上させ、現地通貨の使用も促進させることができると期待されています。

>>「ソラミツ株式会社」の公式発表はこちら
>>「ソラミツ株式会社」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

外国為替取引(FX)にブロックチェーン活用へ「BCPostTrade」提供開始:SBI

外国為替取引(FX)にブロックチェーン活用へ「BCPostTrade」提供開始:SBI

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

振袖レンタル&購入の成人式専門店「#振袖gram」イーサリアム決済に対応

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す