中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

by BITTIMES

米連邦準備制度理事会(FRB)のJerome Powell(ジェローム・パウエル)議長は、2020年10月19日に開かれた国際決済関連の国際通貨基金(IMF)討論会に出席した際に中央銀行デジタル通貨(CBDC)について語り、『1番早く導入することよりも、正しく対処することの方が重要である』との考えを語り、CBDC発行がもたらす影響やリスクを慎重に見極めていく考えを示しました。

こちらから読む:LINE、中央銀行デジタル通貨の"開発支援"を計画「CBDC」関連ニュース

リスク評価などの重要性を強調

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発では現時点で"中国"が最先端を走っており、最近では合計1,000万元(約1億5,700万円)相当のデジタル人民元を一般市民に配布して実際に使用するテストを実施し、その95%が実際に使用されたことなども報告されています。

このような状況を受けて政府関係者などからは中国がCBDC開発をリードしていることを懸念する意見なども出ていましたが、米連邦準備制度理事会(FRB)のJerome Powell(ジェローム・パウエル)議長は、2020年10月19日に開かれた国際決済関連の国際通貨基金(IMF)討論会に出席した際に『1番早く発行することよりも、正しく対処することの方が重要である』との考えを語っています。

パウエル議長は『CBDCは決済システムをより速く、より安価に改善できる』として利点があることを認めているものの、その一方では米ドルが世界の基軸通貨となっていることなどを考慮して「サイバー攻撃の防御」なども含めた安全性・リスク・経済政策への影響なども慎重に見極めなければならないとの見解を示しています。

また同氏は、米国の現金需要が高いことや、すでに成熟した金融システムがあることなどを理由に『CBDCは従来の金融システムを置き換えるものではなく、補完するものになる』とも述べており、「民間企業と政府の協力が重要である」との考えなども語っています。

CBDCの研究については『ワシントンの本部だけでなく、ボストン連邦準備銀行もマサチューセッツ工科大学と協力して研究を進めている』と説明されています。

中央銀行デジタル通貨の研究開発は世界中の中央銀行で続々と進められてきており、先日はスペイン銀行がCBDCを"今後の優先研究課題"に盛り込んだことが報告されている他、日本銀行も2021年春頃に"概念実証の第1段階"を開始する計画であることを明かしています。

多くの中央銀行はCBDCの研究開発を進めながらも『現時点では正式に発行するとは決定していない』との立場を維持していますが、バハマ中央銀行は本日20日からCBDC「Sand Dollars(サンドドル)」を全国展開する予定であるとも報じられていたため、早い段階でCBDCを導入する国々の今後の成果や影響などにも注目が集まります。

(参照:IMF Live

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

米ステーキハウス「ブロックチェーン導入計画」を発表|QRコードで牛肉の情報確認が可能に

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す