【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月29日に公開したYouTube動画の中で、スマートコントラクトなどの面で重要な役割を担う開発段階「Goguen(ゴーグエン)」のロードマップを公開し、「ERC-20コンバーター」や「Marlowe Playground」などといった複数の新製品について紹介を行いました。

こちらから読む:FTX、株式トークンの取引サービス提供へ「暗号資産」関連ニュース

「Goguen期の開発ロードマップ」公開

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月29日にYouTube上で公開した「10月のマンスリーアップデート動画」の中で、Goguen(ゴーグエン)と呼ばれているカルダノ開発段階の予定表を公開しました。

Goguen(ゴーグエン)期の開発ロードマップ(画像:IOHK)Goguen(ゴーグエン)期の開発ロードマップ(画像:IOHK)

Goguen(ゴーグエン)はイーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーン技術に搭載されている"契約条件の締結や履行をプログラムによって自動的に実行する仕組み"である「スマートコントラクト」をカルダノに導入することなどで重要な役割を担う開発段階となっています。

現在カルダノは"Cardanoネットワークの分散化"に向けたステップである「Shelley(シェリー)」の時代に突入しているため、ステーキングなどの仕組みを通じて"完全に分散化されたネットワーク"の実現に向けた作業が進められていますが、ゴーグエン期における開発作業が完了すると「分散型アプリケーション(DApps)の開発」や「ネイティブトークンの作成」などが可能になるため、Cardanoの技術活用が急速に進むことになると期待されます。

「分散型アプリケーション(DApps)」や「ブロックチェーン上では発行される独自トークン」などを扱う際には、ブロックチェーンの性能によってその利便性が大きく異なってきますが、Cardanoは従来の一般的なブロックチェーンの問題点を解決するために高性能な仕組みを1から構築しているため、Cardanoブロックチェーン上にDAppsやトークンが移行されればより快適な環境でそれらを扱うことができるようになると予想されます。

既存トークンを移植できる「ERC-20コンバーター」

Goguen(ゴーグエン)期の開発が進むことによって、開発者や企業などはカルダノブロックチェーン上で「独自トークン」を作成・発行することができるようになりますが、Cardano開発チームは"既にトークンを発行している企業"などのために『ERC-20コンバーター』も作成しています。

「ERC-20コンバーター」を使用すると、既に発行されている「ERC20トークン」をカルダノのネイティブトークンに変換することができるため、Ethereumのブロックチェーン上でトークンを発行している企業や開発者は簡単にCardanoブロックチェーンへと移行することができるようになります。

今回公開された動画の中では、イーサリアム関連のトークンを保管することができる人気のウォレット「MetaMask(メタマスク)」内に保管されている「シンギュラリティネット(SingularityNET/AGI)」のAGIトークンをCardanoブロックチェーン上のトークンに変換するデモが公開されています。

(画像:IOHKのYouTube動画から)(画像:IOHKのYouTube動画から)

「ERC-20コンバーター」を使用すると、ERC20トークンだけでなく「Non Fungible Token(NFT)」や「セキュリティトークン」などもカルダノに移植することができるようになると伝えられているため、将来的には既に認知されている様々なトークンがカルダノブロックチェーンに移植される可能性があると予想されます。

なお、カルダノのネイティブトークンの機能は2020年12月頃〜2021年2月頃までテストネット上でテストが行われた後に、Goguenのメインネットで利用可能になる予定だと伝えられています。

「Marlowe Playground」アルファ版公開

IOHKチームは、プログラマー以外の人々がカルダノブロックチェーン上で金融アプリケーション用スマートコントラクトを構築できるようにするためのアプリケーション構築プラットフォーム「Marlowe Playground(マーロウプレイグラウンド)」のアルファ版が公開されたことも報告しています。

Marlowe Playground(マーロウプレイグラウンド)は、プログラミングの経験をほどんど有していない方でも利用できる設計になっているとのことで『ほとんどの人がCardanoブロックチェーンで金融スマートコントラクトを構築してテストすることができる』と報じられています。

Marlowe(マーロウ)が正式にリリースされれば、金融分野の専門家がプログラミングの専門的なスキル無しでアプリケーション開発に携わることができるようになるため、優れたアプリケーションの開発が促進されると期待されます。

IOHKが公開した「10月のマンスリーアップデート動画」の詳細は以下の動画で確認することができます。

>>「Marlowe Playground」アルファ版はこちら

2020年10月31日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に12円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年10月31日時点では「1ADA=9.70円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年10月1日〜2020年10月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月1日〜2020年10月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す