【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月29日に公開したYouTube動画の中で、スマートコントラクトなどの面で重要な役割を担う開発段階「Goguen(ゴーグエン)」のロードマップを公開し、「ERC-20コンバーター」や「Marlowe Playground」などといった複数の新製品について紹介を行いました。

こちらから読む:FTX、株式トークンの取引サービス提供へ「暗号資産」関連ニュース

「Goguen期の開発ロードマップ」公開

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月29日にYouTube上で公開した「10月のマンスリーアップデート動画」の中で、Goguen(ゴーグエン)と呼ばれているカルダノ開発段階の予定表を公開しました。

Goguen(ゴーグエン)期の開発ロードマップ(画像:IOHK)Goguen(ゴーグエン)期の開発ロードマップ(画像:IOHK)

Goguen(ゴーグエン)はイーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーン技術に搭載されている"契約条件の締結や履行をプログラムによって自動的に実行する仕組み"である「スマートコントラクト」をカルダノに導入することなどで重要な役割を担う開発段階となっています。

現在カルダノは"Cardanoネットワークの分散化"に向けたステップである「Shelley(シェリー)」の時代に突入しているため、ステーキングなどの仕組みを通じて"完全に分散化されたネットワーク"の実現に向けた作業が進められていますが、ゴーグエン期における開発作業が完了すると「分散型アプリケーション(DApps)の開発」や「ネイティブトークンの作成」などが可能になるため、Cardanoの技術活用が急速に進むことになると期待されます。

「分散型アプリケーション(DApps)」や「ブロックチェーン上では発行される独自トークン」などを扱う際には、ブロックチェーンの性能によってその利便性が大きく異なってきますが、Cardanoは従来の一般的なブロックチェーンの問題点を解決するために高性能な仕組みを1から構築しているため、Cardanoブロックチェーン上にDAppsやトークンが移行されればより快適な環境でそれらを扱うことができるようになると予想されます。

既存トークンを移植できる「ERC-20コンバーター」

Goguen(ゴーグエン)期の開発が進むことによって、開発者や企業などはカルダノブロックチェーン上で「独自トークン」を作成・発行することができるようになりますが、Cardano開発チームは"既にトークンを発行している企業"などのために『ERC-20コンバーター』も作成しています。

「ERC-20コンバーター」を使用すると、既に発行されている「ERC20トークン」をカルダノのネイティブトークンに変換することができるため、Ethereumのブロックチェーン上でトークンを発行している企業や開発者は簡単にCardanoブロックチェーンへと移行することができるようになります。

今回公開された動画の中では、イーサリアム関連のトークンを保管することができる人気のウォレット「MetaMask(メタマスク)」内に保管されている「シンギュラリティネット(SingularityNET/AGI)」のAGIトークンをCardanoブロックチェーン上のトークンに変換するデモが公開されています。

(画像:IOHKのYouTube動画から)(画像:IOHKのYouTube動画から)

「ERC-20コンバーター」を使用すると、ERC20トークンだけでなく「Non Fungible Token(NFT)」や「セキュリティトークン」などもカルダノに移植することができるようになると伝えられているため、将来的には既に認知されている様々なトークンがカルダノブロックチェーンに移植される可能性があると予想されます。

なお、カルダノのネイティブトークンの機能は2020年12月頃〜2021年2月頃までテストネット上でテストが行われた後に、Goguenのメインネットで利用可能になる予定だと伝えられています。

「Marlowe Playground」アルファ版公開

IOHKチームは、プログラマー以外の人々がカルダノブロックチェーン上で金融アプリケーション用スマートコントラクトを構築できるようにするためのアプリケーション構築プラットフォーム「Marlowe Playground(マーロウプレイグラウンド)」のアルファ版が公開されたことも報告しています。

Marlowe Playground(マーロウプレイグラウンド)は、プログラミングの経験をほどんど有していない方でも利用できる設計になっているとのことで『ほとんどの人がCardanoブロックチェーンで金融スマートコントラクトを構築してテストすることができる』と報じられています。

Marlowe(マーロウ)が正式にリリースされれば、金融分野の専門家がプログラミングの専門的なスキル無しでアプリケーション開発に携わることができるようになるため、優れたアプリケーションの開発が促進されると期待されます。

IOHKが公開した「10月のマンスリーアップデート動画」の詳細は以下の動画で確認することができます。

>>「Marlowe Playground」アルファ版はこちら

2020年10月31日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月13日に12円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年10月31日時点では「1ADA=9.70円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年10月1日〜2020年10月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月1日〜2020年10月31日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

音楽の「権利」に投資するブロックチェーンプラットフォーム公開へ:ANote Music

ブロックチェーンは「海運業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「海運業界」をどのように変えるのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

イーロン・マスク氏:生後9ヶ月の息子に「ドージコイン(DOGE)」プレゼント

イーロン・マスク氏:生後9ヶ月の息子に「ドージコイン(DOGE)」プレゼント

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

Socios.com「トルコフィンテック協会(FINTR)」に参加|国際教育機関との提携も

Socios.com「トルコフィンテック協会(FINTR)」に参加|国際教育機関との提携も

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

BNY Mellon:業界初の「暗号資産カストディ事業」2021年後半にも展開へ

次世代ブラウザBrave:月間アクティブユーザー数が「2,540万人」に倍増

次世代ブラウザBrave:月間アクティブユーザー数が「2,540万人」に倍増

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

Bitfinex:Tether社からの借入金を「全額返済」5.5億ドルを支払い

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

全ての金融機関に「暗号資産関連の銀行口座閉鎖」を指示:ナイジェリア中央銀行

GMOコイン:暗号資産FXに「テゾス(Tezos/XTZ)」追加|合計10銘柄の取引が可能に

GMOコイン:暗号資産FXに「テゾス(Tezos/XTZ)」追加|合計10銘柄の取引が可能に

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

カルダノ(ADA)価格上昇で「68円」まで回復|XRPを抜き時価総額ランキング4位に

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す