Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)関連のプロジェクト提案にADA保有者が投票することができるアプリ「Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)」のベータ版がGoogle Playストアでリリースされたことが明らかになりました。このアプリを利用すると、ADA保有者は数秒で「Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)」のプロジェクト提案に投票することができます。

こちらから読む:Brave、"Bitcoin.comのウィジェット"追加「暗号資産」関連ニュース

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)とは

Cardano-Project-Catalyst

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)とは、カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのプロジェクトを募集して、コミュニティ投票で実際に採用するプロジェクトを決定し、そのプロジェクトに対して資金提供を行うための仕組みであり、ADA保有者全員が投票に参加することができるようになっています。

具体的な例を挙げると、開発者や事業者などは『ADA決済の導入拡大のために〜をしたいから〜ADAの資金が必要』『CardanoブロックチェーンでDAppsを開発したいから〜ADAの資金調達を行いたい』などといったプロジェクト提案を行うことができ、ADA保有者はそれらの提案の中から自分が好きな提案に投票することができるようになっています。

プロジェクト提案者は自分のアイデアが採用された場合にはCardanoブロックチェーン改善用資金の中から実際に資金を受け取ることができ、投票に参加したコミュニティメンバーにもインセンティブが付与される仕組みとなっています。

これによって、コミュニティの意見を広く取り入れながら、最も求められているプロジェクトに対して開発資金を提供することができるため、「Project Catalyst」はCardanoブロックチェーンの今後の発展に向けて重要な役割を果たすことになると期待されています。

スマホアプリで簡単投票「Catalyst Voting」

Catalyst-Voting

Google Playストアで公開された「Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)」は、Project Catalystで提案された資金調達提案により簡単に投票することができる投票アプリとなっています。

Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)は記事執筆時点で「Google Playストア」でしかリリースされていないため、利用できるのはAndroidユーザーのみとなっていますが、このアプリを使用すればより簡単に数秒でスマートフォンから投票に参加することができるため、投票やプロジェクト提案が活発化すると期待されます。

「Catalyst Voting」は現時点でベータ版となっていますが、すでに「Google Playストア」でダウンロード可能となっているため、Andorid端末を利用している方は以下のリンク先ページから無料でダウンロードすることができます。

>>「Catalyst Voting」のダウンロードはこちら
>>「Project Catalyst」の詳細はこちら

2020年10月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年5月末頃までは5円台で推移していたものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月26日時点では「1ADA=11.13円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月30日〜2020年10月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月30日〜2020年10月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

マスターカード「2021年内に暗号資産を直接サポートする」と発表

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

コイネージ:CEOがビットコインを語る「YouTubeライブ限定配信」実施へ

コイネージ:CEOがビットコインを語る「YouTubeライブ限定配信」実施へ

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

クレジットカード決済+サブスク機能付のNFTマーケットプレイス「LimiteT」公開

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「アルトコイン3銘柄」も受け入れへ

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

動物保護団体「PAWS Chicago」仮想通貨の寄付を受け入れ|BTC・ETH・DOGEなど

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す