Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)関連のプロジェクト提案にADA保有者が投票することができるアプリ「Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)」のベータ版がGoogle Playストアでリリースされたことが明らかになりました。このアプリを利用すると、ADA保有者は数秒で「Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)」のプロジェクト提案に投票することができます。

こちらから読む:Brave、"Bitcoin.comのウィジェット"追加「暗号資産」関連ニュース

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)とは

Cardano-Project-Catalyst

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)とは、カルダノブロックチェーンの価値を高めるためのプロジェクトを募集して、コミュニティ投票で実際に採用するプロジェクトを決定し、そのプロジェクトに対して資金提供を行うための仕組みであり、ADA保有者全員が投票に参加することができるようになっています。

具体的な例を挙げると、開発者や事業者などは『ADA決済の導入拡大のために〜をしたいから〜ADAの資金が必要』『CardanoブロックチェーンでDAppsを開発したいから〜ADAの資金調達を行いたい』などといったプロジェクト提案を行うことができ、ADA保有者はそれらの提案の中から自分が好きな提案に投票することができるようになっています。

プロジェクト提案者は自分のアイデアが採用された場合にはCardanoブロックチェーン改善用資金の中から実際に資金を受け取ることができ、投票に参加したコミュニティメンバーにもインセンティブが付与される仕組みとなっています。

これによって、コミュニティの意見を広く取り入れながら、最も求められているプロジェクトに対して開発資金を提供することができるため、「Project Catalyst」はCardanoブロックチェーンの今後の発展に向けて重要な役割を果たすことになると期待されています。

スマホアプリで簡単投票「Catalyst Voting」

Catalyst-Voting

Google Playストアで公開された「Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)」は、Project Catalystで提案された資金調達提案により簡単に投票することができる投票アプリとなっています。

Catalyst Voting(カタリスト・ボーティング)は記事執筆時点で「Google Playストア」でしかリリースされていないため、利用できるのはAndroidユーザーのみとなっていますが、このアプリを使用すればより簡単に数秒でスマートフォンから投票に参加することができるため、投票やプロジェクト提案が活発化すると期待されます。

「Catalyst Voting」は現時点でベータ版となっていますが、すでに「Google Playストア」でダウンロード可能となっているため、Andorid端末を利用している方は以下のリンク先ページから無料でダウンロードすることができます。

>>「Catalyst Voting」のダウンロードはこちら
>>「Project Catalyst」の詳細はこちら

2020年10月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今年5月末頃までは5円台で推移していたものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月26日時点では「1ADA=11.13円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月30日〜2020年10月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月30日〜2020年10月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月1日〜7日

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

Liquid:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

Cardano基盤の分散型取引所「SundaeSwap DEX」21日公開へ|ISO詳細も

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す