カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

by BITTIMES

主流のソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」におけるブロックチェーン開発活動ランキングで、カルダノ(Cardano/ADA)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、クサマ(Kusama/KSM)の3つが昨年に引き続きTOP3を獲得していることが明らかになりました。最も開発活動が活発なCardanoプロジェクトでは、今後の技術開発に期待が高まる複数のプロジェクトが進められています。

こちらから読む:デスクトップアプリ"Trezor suite"β版公開「暗号資産」関連ニュース

GitHub開発活動ランキング(2020年9月〜10月)

暗号資産・ブロックチェーン関連の様々な情報を発信している「CryptoDiffer(@CryptoDiffer)」は2020年10月13日に、ソフトウェア開発で広く活用されている主流のプラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」において、2020年9月〜10月の期間で最も開発活動が活発だったブロックチェーンプロジェクトのTOP20を公開しました。

「CryptoDiffer」が今年1月に報告した「2019年に最も開発活動が活発だったブロックチェーンランキング」では、
カルダノ(Cardano/ADA)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
・クサマ(Kusama/KSM)
の3つがTOP3にランクインしていることが報告されていましたが、今回の調査結果でも「Cardano・Ethereum・Kusama」の3プロジェクトがTOP3を維持していることが報告されています。

2020年9月〜10月の期間にかけて「Githubおける毎日の平均開発活動」が最も活発だったブロックチェーン

トップ3:Cardano・Ethereum・Kusama

カルダノ(Cardano/ADA)は記事執筆時点で"時価総額ランキング9位"に位置づけられており、イーサリアムと比較すると時価総額で約4億円ほどの差が開いている(参照:CoinMarketCap)ものの、開発活動ランキングでは常にTOPをキープしています。

Cardanoで進む様々な技術開発

Cardanoは今年7月末にネットワークの分散化に向けた重要な開発段階である「Shelley(シェリー)」の時代へと突入しましたが、現在はその先の開発段階であるGoguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ヴォルテール)に向けた複数の技術開発が同時進行で進められているため、今後もCardano関連の技術開発は更に活発化していくと期待されます。

マルチアセットシステム

Goguenにおける開発ステップの中には「シングルアセットシステム」から「マルチアセットシステム」への移行が含まれているため、ユーザーは「Non Fungible Token(NFT)・セキュリティトークン・ユーティリティトークン」などといった独自のトークンを作成することができるようになります。

ERC20 Token Converter

また「ERC20 Token Converter」も開発されているため、この機能が利用可能になればすでにERC20トークンを発行している企業も簡単にイーサリアムからカルダノへと移行することができるようになります。

Project Catalyst

更にカルダノでは、ADAコミュニティメンバーが"Cardanoの発展に繋がるアイデア"を提案したり、それらの提案の中から自分が好きなアイデアに投票したりすることができる分散型ガバナンスプログラム「Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)」も立ち上げられているため、今後はコミュニティのアイデアと共にエコシステム全体が活発化していくと期待されます。

Project Catalyst(プロジェクト・カタリスト)は今後の分散型アプリケーション(DApps)開発などに向けて様々なアイデアや提案を生み出すことを目的としたものであり、アイデアが採用された場合には資金提供を受けることができ、投票に参加した人もインセンティブを受け取ることができる仕組みとなっています。

Cardanoブロックチェーンを用いた「独自トークンの発行」や「新サービスの構築」が可能になれば、企業やコミュニティの間でCardano関連のサービス開発が急速に進むことになると予想されるため、今後はカルダノのエコシステム全体が更に拡大していくことになると期待されます。

2020年10月15日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月24日に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月15日時点では「1ADA=11.10円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年9月15日〜2020年10月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年9月15日〜2020年10月15日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

シバイヌ「Shibariumテストネットのアップグレード」を発表|バーンに関する説明も

シバイヌ「Shibariumテストネットのアップグレード」を発表|バーンに関する説明も

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す