【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)が使用しているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」の概要を説明した論文が、"2015年〜2019年の期間にかけて最も引用された論文の1つ"として選ばれたことが明らかになりました。この論文は「Google Scholar」が公開した最新ランキングにおいて"暗号通貨・ブロックチェーンのカテゴリーで2位にランク付けされていると報告されています。

こちらから読む:前澤氏の新事業、DeCurret幹部が参画「暗号資産」関連ニュース

複数の分野で「合計183件」の引用

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月16日のツイートで、Cardanoが使用しているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」の概要を説明した論文が、"2015年〜2019年の期間にかけて最も引用された論文の1つ"として選ばれたことを報告しました。

『Ouroboros:Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol』というタイトルのこの論文は、Google(グーグル)が提供している様々な学術文献を簡単に検索することができるサービス「Google Scholar(グーグル・スカラー)」が発表した最新ランキングにおいて、「暗号通貨とブロックチェーン」のカテゴリで2番目に引用された論文であり、合計183件の引用が報告されていると報じられています。

IOHKのAggelos Kiayias氏らによって執筆された「Ouroboros:A Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol」は、2015年〜2019年にかけて最も引用された論文に選ばれました!

「Google Scholar」の指標では、暗号通貨とブロックチェーンのカテゴリで2位にランクされています!

Ouroborosの論文が引用されたケースは多岐に渡るものの、今回の報告では主に以下5つの分野で論文が引用されていると報告されています。

  • 機械学習のセキュリティとプライバシー
  • アーキテクチャとサイドチャネル攻撃
  • 暗号通貨とブロックチェーン
  • 実世界の攻撃とケーススタディ
  • 暗号化

技術面でも高い評価を受ける「Cardano(ADA)」

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているブロックチェーンプロジェクトはCardano以外にも数多く存在しているものの、カルダノは開発者や評価機関などから特に高い評価を受けており、暗号資産・ブロックチェーンの格付けを行っている「Weiss Crypto Ratings(ワイス・クリプト・レーティングス)」は以前に『Cardano(ADA)は技術面で最も優れた暗号資産である』と称賛しています。

また、主流のソフトウェア開発プラットフォームである「GitHub(ギットハブ)」のブロックチェーン開発活動ランキングでもCardanoは長期的に1位を獲得しているため、これらのデータは"カルダノの基盤技術が多くの研究者・開発者から高い評価を受けていること"を示していると考えられます。

Cardanoの技術開発は現在も順調に進められており、近い将来には重要な機能が多数実装される予定となっているため、今後はCardanoブロックチェーンで独自トークンの発行」や「分散型アプリケーションの開発」など加速していくことになると期待されます。

>>「Ouroboros論文の内容」はこちら

2020年10月19日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月24日に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月19日時点では「1ADA=11.11円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年7月21日〜2020年10月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月21日〜2020年10月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

コロンビア最古の商業銀行「暗号資産の取引・入出金サービス」などをテスト

BTCBOX:参加者全員に最高5万円プレゼント「春の暗号資産デビューキャンペーン」開始

BTCBOX:参加者全員に最高5万円プレゼント「春の暗号資産デビューキャンペーン」開始

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

DMMビットコイン「マーケットレポート連動スプレッド縮小キャンペーン」開始

GMOコイン:テゾス(Tezos/XTZ)の「ステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:テゾス(Tezos/XTZ)の「ステーキングサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す