【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)が使用しているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」の概要を説明した論文が、"2015年〜2019年の期間にかけて最も引用された論文の1つ"として選ばれたことが明らかになりました。この論文は「Google Scholar」が公開した最新ランキングにおいて"暗号通貨・ブロックチェーンのカテゴリーで2位にランク付けされていると報告されています。

こちらから読む:前澤氏の新事業、DeCurret幹部が参画「暗号資産」関連ニュース

複数の分野で「合計183件」の引用

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年10月16日のツイートで、Cardanoが使用しているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」の概要を説明した論文が、"2015年〜2019年の期間にかけて最も引用された論文の1つ"として選ばれたことを報告しました。

『Ouroboros:Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol』というタイトルのこの論文は、Google(グーグル)が提供している様々な学術文献を簡単に検索することができるサービス「Google Scholar(グーグル・スカラー)」が発表した最新ランキングにおいて、「暗号通貨とブロックチェーン」のカテゴリで2番目に引用された論文であり、合計183件の引用が報告されていると報じられています。

IOHKのAggelos Kiayias氏らによって執筆された「Ouroboros:A Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol」は、2015年〜2019年にかけて最も引用された論文に選ばれました!

「Google Scholar」の指標では、暗号通貨とブロックチェーンのカテゴリで2位にランクされています!

Ouroborosの論文が引用されたケースは多岐に渡るものの、今回の報告では主に以下5つの分野で論文が引用されていると報告されています。

  • 機械学習のセキュリティとプライバシー
  • アーキテクチャとサイドチャネル攻撃
  • 暗号通貨とブロックチェーン
  • 実世界の攻撃とケーススタディ
  • 暗号化

技術面でも高い評価を受ける「Cardano(ADA)」

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているブロックチェーンプロジェクトはCardano以外にも数多く存在しているものの、カルダノは開発者や評価機関などから特に高い評価を受けており、暗号資産・ブロックチェーンの格付けを行っている「Weiss Crypto Ratings(ワイス・クリプト・レーティングス)」は以前に『Cardano(ADA)は技術面で最も優れた暗号資産である』と称賛しています。

また、主流のソフトウェア開発プラットフォームである「GitHub(ギットハブ)」のブロックチェーン開発活動ランキングでもCardanoは長期的に1位を獲得しているため、これらのデータは"カルダノの基盤技術が多くの研究者・開発者から高い評価を受けていること"を示していると考えられます。

Cardanoの技術開発は現在も順調に進められており、近い将来には重要な機能が多数実装される予定となっているため、今後はCardanoブロックチェーンで独自トークンの発行」や「分散型アプリケーションの開発」など加速していくことになると期待されます。

>>「Ouroboros論文の内容」はこちら

2020年10月19日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月24日に8円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年10月19日時点では「1ADA=11.11円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年7月21日〜2020年10月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月21日〜2020年10月19日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

注目度の高い仮想通貨ニュース

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

米大手取引所Coinbase「暗号資産の証拠金取引サービス」終了へ

米大手取引所Coinbase「暗号資産の証拠金取引サービス」終了へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す