eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

by BITTIMES   

世界最大のSNSトレードプラットフォームである「eToro(イートロ)」は、2020年10月30日に「Flare Networks(フレア・ ネットワークス)」が予定している仮想通貨XRP保有者に対するSparkトークンの付与に対応する方針を明らかにしました。

eToro「Sparkトークン付与」への対応を発表

eToro(イートロ)は為替取引・株取引・商品取引などを提供しているソーシャルトレード投資プラットフォームであり、世界中で2億5,000万人以上のユーザーが利用する"世界最大級のSNSトレードプラットフォーム"として知られています。

同社は複数の暗号資産に対応した「暗号資産取引サービス」も提供していますが、2020年10月30日には「Flare Networks(フレア・ ネットワークス)」が予定している仮想通貨XRP保有者に対するSparkトークンの付与に対応する方針が明らかにされました。

**Sparkトークンに関するeToroの声明

Rippleエコシステムの継続的な開発をサポートするために、eToroは「Flare Networks」と緊密に連携して、eToroのお客様にSparkトークンを配布するための取り組みを行なっています。

Flare Networks(フレア・ ネットワークス)は日本時間2020年12月12日午前9時00分頃にXRP保有者のXRP保有量を記録するための"スナップショット"を撮影することを予定しており、必要な手続きを行ったユーザーには「1XRP=1Sparkトークン」の割合でSparkトークンを付与することを予定しています。

取引所のウォレットでXRPを保有している人が「Sparkトークン」を受け取るためには、取引所側が必要な手続きを実施して、各ユーザーにSparkトークンを付与する対応を取る必要がありますが、「eToro」は今回これらの対応を取る方針を示しているため、eToroでXRPを保有しているユーザーもSparkトークンを受け取ることができることになります。

「スナップショット前のXRP買い」に繋がるか

eToro(イートロ)のサービスは日本向けには提供されていないため、今回の発表は日本居住者に直接的な関係はないものの、eToroは世界中で2億5,000万人以上に利用されている大規模なプラットフォームであるため、『eToroがSparkトークンの付与に対応する』というニュースはXRPコミュニティにとって良いニュースになると考えられます。

"Sparkトークンの付与"には既に世界中にある複数の暗号資産取引所が対応する方針を示していますが、今年4月には『eToroはXRP投資家が特に多い』ということも報告されていたため、今回の発表によって今後はeToroユーザーの間で「スナップショット撮影のタイミングに合わせたXRP買い」が加速する可能性があると予想されています。

スナップショットの撮影日は2020年12月12日となっているため、記事執筆時点では残り約1ヶ月ほどの期間が残されていますが、今後は「Sparkトークンの受け取り」を期待してXRPを購入する投資家が増える可能性もあると予想されるため、今後はXRP価格の動きにも注目です。

なお「Sparkトークンの付与」に関しては日本国内の暗号資産取引所からも『前向きな対応を検討している』ということが発表されているため、日本の暗号資産取引所でXRPを保有している方もSparkトークンを受け取れる可能性があると考えられます。

2020年11月3日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今年8月に32円付近まで回復したものの、その後は再び下落しており、2020年11月3日時点では「1XRP=24.19円」で取引されています。

2020年5月8日〜2020年11月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月8日〜2020年11月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイの仮想通貨取引所「bitkub」にCardano(ADA)が上場!

タイの仮想通貨取引所「bitkub」にCardano(ADA)が上場!

Ripple、分散化に向けてアップグレードする事を発表

Ripple、分散化に向けてアップグレードする事を発表

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

Aptos Labs:AIアシスタント導入で「Microsoft」と提携|APT価格も急騰

Aptos Labs:AIアシスタント導入で「Microsoft」と提携|APT価格も急騰

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

成長が期待されるビットボット、プレセール最終日が間近に迫る

成長が期待されるビットボット、プレセール最終日が間近に迫る

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

Flare初の流動性ステーキングプロトコル「Sceptre」プライベートベータ版が稼働

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

CoinGecko「顧客データ漏洩」で注意喚起|エアドロップ・フィッシング詐欺などに要注意

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す