eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

by BITTIMES   

世界最大のSNSトレードプラットフォームである「eToro(イートロ)」は、2020年10月30日に「Flare Networks(フレア・ ネットワークス)」が予定している仮想通貨XRP保有者に対するSparkトークンの付与に対応する方針を明らかにしました。

こちらから読む:GMOコイン、最短10分で口座開設可能に「暗号資産」関連ニュース

eToro「Sparkトークン付与」への対応を発表

eToro(イートロ)は為替取引・株取引・商品取引などを提供しているソーシャルトレード投資プラットフォームであり、世界中で2億5,000万人以上のユーザーが利用する"世界最大級のSNSトレードプラットフォーム"として知られています。

同社は複数の暗号資産に対応した「暗号資産取引サービス」も提供していますが、2020年10月30日には「Flare Networks(フレア・ ネットワークス)」が予定している仮想通貨XRP保有者に対するSparkトークンの付与に対応する方針が明らかにされました。

**Sparkトークンに関するeToroの声明

Rippleエコシステムの継続的な開発をサポートするために、eToroは「Flare Networks」と緊密に連携して、eToroのお客様にSparkトークンを配布するための取り組みを行なっています。

Flare Networks(フレア・ ネットワークス)は日本時間2020年12月12日午前9時00分頃にXRP保有者のXRP保有量を記録するための"スナップショット"を撮影することを予定しており、必要な手続きを行ったユーザーには「1XRP=1Sparkトークン」の割合でSparkトークンを付与することを予定しています。

取引所のウォレットでXRPを保有している人が「Sparkトークン」を受け取るためには、取引所側が必要な手続きを実施して、各ユーザーにSparkトークンを付与する対応を取る必要がありますが、「eToro」は今回これらの対応を取る方針を示しているため、eToroでXRPを保有しているユーザーもSparkトークンを受け取ることができることになります。

「スナップショット前のXRP買い」に繋がるか

eToro(イートロ)のサービスは日本向けには提供されていないため、今回の発表は日本居住者に直接的な関係はないものの、eToroは世界中で2億5,000万人以上に利用されている大規模なプラットフォームであるため、『eToroがSparkトークンの付与に対応する』というニュースはXRPコミュニティにとって良いニュースになると考えられます。

"Sparkトークンの付与"には既に世界中にある複数の暗号資産取引所が対応する方針を示していますが、今年4月には『eToroはXRP投資家が特に多い』ということも報告されていたため、今回の発表によって今後はeToroユーザーの間で「スナップショット撮影のタイミングに合わせたXRP買い」が加速する可能性があると予想されています。

スナップショットの撮影日は2020年12月12日となっているため、記事執筆時点では残り約1ヶ月ほどの期間が残されていますが、今後は「Sparkトークンの受け取り」を期待してXRPを購入する投資家が増える可能性もあると予想されるため、今後はXRP価格の動きにも注目です。

なお「Sparkトークンの付与」に関しては日本国内の暗号資産取引所からも『前向きな対応を検討している』ということが発表されているため、日本の暗号資産取引所でXRPを保有している方もSparkトークンを受け取れる可能性があると考えられます。

2020年11月3日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今年8月に32円付近まで回復したものの、その後は再び下落しており、2020年11月3日時点では「1XRP=24.19円」で取引されています。

2020年5月8日〜2020年11月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月8日〜2020年11月3日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

ビットポイント「ADAが当たるキャンペーン」開始|ADA決済で高級外車が購入可能に?

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Ripple社「ブータン王国の中央銀行」と提携|デジタル通貨(CBDC)試験運用へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す