印鑑・電子双方向で契約できる「ブロックチェーン型電子契約」を実証実験:東銀リース×CryptoPie

by BITTIMES

印鑑とIT技術を融合させた次世代型のブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」を提供している「株式会社CryptoPie」は2020年11月5日に、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の持分法適用関連会社である「東銀リース株式会社」と共同で、印鑑と電子の双方向で契約可能なブロックチェーン型電子契約の実証実験を開始したことを発表しました。

こちらから読む:三菱UFJ、BC用いた"高速・低コストな決済基盤"提供へ「国内ニュース」

「紙・電子で使い分け可能な契約サービス」提供へ

株式会社CryptoPieは金融分野以外でのブロックチェーン社会実装を推進している日本の企業であり、今年10月にはこれまで一般的に利用されてきた印鑑に「ブロックチェーン」や「IoT」の技術を融合させた次世代型のブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」を開発したことを発表しています。

今回の発表では、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の持分法適用関連会社である「東銀リース株式会社」と協力して、東銀リースが開発を進めているブロックチェーン基盤の電子契約サービス上でCryptoPieのIoT印鑑に関する特許出願技術を用いたサービスを提供する実証実験を開始したことが報告されています。

具体的には「東銀リースが開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービス」と「CryptoPieが保有するIoT印鑑に関する特許技術」を連携させることによって、"紙と電子の契約書をシームレスに繋いで一元管理できる電子契約サービス"の実現を目指すと説明されています。

(画像:CryptoPie)(画像:CryptoPie)

このサービスが実現することによって、取引先や業務に応じて「紙の契約書」と「デジタルの契約書」を使い分けることができるようになるため、電子契約導入のハードルを大幅に下げて、デジタル化の流れをより一層加速させることができると期待されています。

電子媒体で契約を行う場合には「双方が電子媒体で署名すること」が必要となり、電子媒体が利用できない場合には「双方が紙媒体の契約書を用いて契約を締結すること」が必要となっていたため、「デジタル化が進んでいる企業」と「デジタル化が進んでいない企業」が契約する場合にはどちらかの方法に合わせる必要がありましたが、"紙と電子の使い分け"が可能になることによって、契約がよりスムーズに進むと期待されます。

「東銀リース」と「CryptoPie」は『本サービスの提供により、捺印と電子署名の双方向で契約を締結できる、利便性の高い電子契約の実現を目指します』とコメントしています。

>>「東銀リース」の公式発表はこちら
>>「CryptoPie」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

PumaPay(プーマペイ)が「日本初」のミートアップイベントを開催

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

コインチェック:一部暗号資産で「変動型送金手数料」導入へ|BTC・ETH・BATなど

コインチェック:一部暗号資産で「変動型送金手数料」導入へ|BTC・ETH・BATなど

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す