ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

by BITTIMES

農業・園芸関連の企業に助言や情報提供を行なっているドイツの政府機関「ヘッセン州農業教育・指導機関(Landesbetrieb Landwirtschaft Hessen/LLH)」は2020年11月16日に、アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した新しい水量計システムを開発・テストしていることを明らかにしました。

こちらから読む:デジタル庁、2020年9月にも発足へ「ブロックチェーン」関連ニュース

低コスト・効率的な「スマート水量計システム」を開発

IOTAqua-Logo

ヘッセン州農業教育・指導機関(Landesbetrieb Landwirtschaft Hessen/LLH)が開発・テストを行なっている「スマート水量計システム」は、アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した「IOTAqua」と呼ばれるプロジェクトの一環として進められており、気候変動などの問題に対処することを目的としたヘッセン州政府の気候保護計画「ヘッセン統合気候保護計画2025」から資金提供を受けています。

「IOTAqua」は、IOTAの分散型台帳技術「Tangle(タングル)」を灌漑システム(*1)に統合することによって分配された水の正確な量を測定するプロジェクトであり、この水量計システムが実用化されることによって農業分野で低コストかつ効率的な"スマート水道メーター"が実現すると報告されています。
(*1)灌漑(かんがい)システム:川や湖から水を引いてきて農地を潤すシステムのこと。

従来の灌漑システムでは"消費される水量の大まかな推定値"を導き出すことしかできなかったものの、新しい水量計システムを使用すると"正確な水量"をリアルタイムで記録することができるため、『様々な場面で様々なニーズを分析することによって、より正確な灌漑システムを設計することができる』と説明されています。

ドイツの陸地の半分以上は農業に使用されており、年間数十億ユーロ(数千億円)の利益を生み出していると伝えられているため、新しい水量計システムが実用化されることによって、ドイツの農業がさらに効率化されると期待されています。

新たに開発されている水量計システムには、
・Lorenz社の超音波水量計「Octave」
・Nelson社のコントロールバルブ「1000 Series」
・peerOS社の「LoRa無線モジュール」
などといった既存の製品が活用されており、水量計は
・グリースハイムの教会エリア
・フランクフルト・アム・メインの園芸農場
・ガイゼンハイム大学のキャンパス
の3箇所に設置されると報じられています。

LLHのプロジェクトマネージャーであるRalph Scheyer氏は『新たな水量計システムを構築するためにはデータ主権を農家の人々に任せながら、データ改ざんなどを防止する必要があるものの、IOTAの技術を活用することによって、これらの基準を満たすことができる』と語っています。

最大の課題はデータ主権を農民に任せながら、データの法的セキュリティを保証することです。水量計から得られたデータは、請求目的で灌漑教会で使用されるほか、使用されたリソースを文章化するために当局によっても使用されるため、それらのデータが改ざんされないようにする必要があります。

私たちは分散型のデータインターフェイスを提供する興味深いオプションを見つけました。IOTAの分散型台帳技術を活用することによってこれらの基準を満たすことができます。

アイオータ(IOTA/MIOTA)の技術は自動車製造金融農業などいった様々な分野で広く活用されているため、今後のさらなる技術活用にも期待が高まります。

>>「LLH」の公式発表はこちら

2020年11月19日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は今月5日に23円台まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年10月19日時点では「1MIOTA=26.45円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年10月20日〜2020年11月19日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月20日〜2020年11月19日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

ビットコイン(BTC)価格「再び下落」今後どこまで下がるのか?

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

インド初の暗号資産銀行サービス「UNICAS」登場|実店舗などでBTCなど8銘柄取り扱い

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

CoinGecko「Chiliz関連ファントークン」の情報提供を開始|ウィジェットも利用可能に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す