Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連のプロジェクトを主導する新しいリーダーを見つけるために「セントラルバンクエンゲージメントシニアディレクター」の求人募集を出していることが明らかになりました。同社のCEOは以前に『中央銀行がXRP Ledgerの技術に注目していることを認識している』と語っていたため、今後はCBDCの開発支援などが本格的に進められていく可能性があると期待されています。

「中央銀行との提携・作業を主導するリーダー」を募集

Ripple(リップル)社の公式サイトに掲載されている求人情報ページには、同社の投資部門である「RIPPLEX(旧:Xpring)」が新しく"セントラルバンクエンゲージメントシニアディレクター"として働く人材を募集していることが記されています。

この求人募集ページには『RippleはXRP Ledgerで中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連イニシアチブをサポートすることに焦点を当て、世界中の中央銀行との戦略、パートナーシップ、プロジェクト作業を主導する実績のあるリーダーを探している』と記載されているため、同社は「XRP Ledger」を用いて世界各国のCBDCプロジェクトをサポートすることを計画していると考えられます。

(画像:Ripple社求人募集ページ)(画像:Ripple社求人募集ページ)

この職種の具体的な役割に関しては『中央銀行とRippleの戦略を定義・主導し、世界中の中央銀行との関係を構築して教育し、中央銀行とのパートナーシップを確保・管理してプロジェクトを構築・展開する』と説明されています。

「CBDCプロジェクトへの関与」本格化の可能性

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は先日、仮想通貨メディア「The Block」のインタビューに応じた際に『中央銀行がステーブルコインを発行するためのオープンソース技術として"XRP Ledger"に注目していることを認識している』と発言しており、『XRP Ledgerはオープンソース技術であるため、必ずしも我々が関与する必要はないが、複数の銀行と対話を行い、XRP Ledgerを活用する専門家として手助けができるよう努めている』と説明していました。

また同氏は今年9月に『中央銀行デジタル通貨(CBDC)を開発・導入する際には"相互運用性"を持たせることが非常に重要であり、XRPは様々なCBDCの"架け橋"になる』ということも語っており、「XRPは法定通貨を交換するための"ブリッジ通貨"として機能するため、様々な法定通貨に対応して流動性を提供する役割を果たすことができる」ということも説明していました。

今回明らかになった「セントラルバンクエンゲージメントシニアディレクター」の募集ページでは、CBDCプロジェクトと積極的に関与していく方針が示されているため、今後はRipple(XRP)関連の技術が世界各国のCBDCプロジェクトで積極的に活用されていく可能性があると期待されます。

>>「Ripple社の求人募集」はこちら

2020年11月23日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月22日に50円付近まで高騰したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年11月23日時点では「1XRP=45.58円」で取引されています。

2020年11月9日〜2020年11月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月9日〜2020年11月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ビットバンク:販売所で「AVAX・AXS・FLR」取扱開始

ビットバンク:販売所で「AVAX・AXS・FLR」取扱開始

ビットフライヤー「ビットコインで寄付しよう ウクライナ支援特別プロジェクト」開始

ビットフライヤー「ビットコインで寄付しよう ウクライナ支援特別プロジェクト」開始

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す