Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

by BITTIMES   

仮想通貨XRPを用いた国際送金サービスなどを手掛けている米国のフィンテック企業「Ripple(リップル)」が、ドバイ臨海部の金融特区である「ドバイ国際金融センター(Dubai International Financial Centre/DIFC)」に地域拠点を開設したことが明らかになりました。

こちらから読む:バイデン氏当確報道でBTC価格急落「暗号資産」関連ニュース

中東・アフリカ地域などで金融機関との関係強化

アラブ首長国連邦ドバイの臨海部にある金融自由地域である「ドバイ国際金融センター(Dubai International Financial Centre/DIFC)」は2020年11月7日に、米国のフィンテック企業「Ripple(リップル)」がDIFCに新しい地域拠点を開設したことを発表しました。

ドバイ国際金融センター(DIFC)の公式発表によると、Ripple社がDIFCを新たな拠点として選択した理由としては「革新的な規制・広範なネットワーク・主要なグローバル金融センターとしての評判」が挙げられています。

世界トップ10にランクインする金融センターとして知られている「DIFC」は、中東・アフリカ・南アジアなどの2,500社以上が活動を行う主要な金融ハブとなっており、「国際協力銀行・みずほコーポレート銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・野村證券・大和証券・三井物産・東京海上日動」などの日本企業もDIFCに支社・支店・事務所を構えています。

Ripple社で南アジア・中東・北アフリカ地域担当ディレクターを務めているNavin Gupta(ナヴィン・グプタ)氏は『Ripple社はすでに中東・北アフリカ地域で重要な顧客基盤を有しているため、DIFCの新拠点は地域の金融機関との関係強化やソリューションの利用拡大に繋がる』と説明しています。

Ripple社はすでに中東・北アフリカ地域に重要な顧客基盤を有しているため、顧客と同じ地域で活動するためにDIFCに拠点を開設することは自然なことでした。私たちが新たに立ち上げた地域オフィスは、"ブロックチェーン基盤のソリューションを紹介して地域内でさらに多くの金融機関と関係を深めるための出発点"として機能します。

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏や、共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は「米国の仮想通貨規制」を理由としてアメリカ・サンフランシスコに構えているRipple社の本社を移転する可能性があることを明かしていましたが、今回発表されたドバイのオフィスは「地域統括会社(Regional Headquarters)」という位置付けであるため、アラブ首長国連邦(UAE)やドバイ地域でビジネスを展開していくための拠点として機能することになります。

本社移転の候補地としては、日本スイスイギリスシンガポールなどが挙げられており、最も可能性の高い候補地としては「イギリス・シンガポール」が挙げられていたため、Ripple社からの今後の新たな発表にも注目です。

>>「ドバイ国際金融センター」の公式発表はこちら

2020年11月9日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は9月24日に23円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月9日時点では「1XRP=26.20円」で取引されています。

2020年5月14日〜2020年11月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月14日〜2020年11月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

MEXC入金コンテスト優勝プロジェクトが決定「HGHG・XYM」本日取扱い開始

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

ドイツのFXブローカー「FXFlat」Ripple(XRP)など仮想通貨5銘柄を「CFD取引」に追加へ

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

GMOコイン「XTZ・XYMステーキングサービス」の対象者拡大へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Chiliz:日本・韓国で「コミュニティイベント」開催へ|参加申請受付開始

Chiliz:日本・韓国で「コミュニティイベント」開催へ|参加申請受付開始

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

メタバース特化ブロックチェーン「MOOI Network」を正式ローンチ:POST VOYAGER

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

メタバース建築事業「METANAVI建築」のサービスを正式リリース:株式会社tenshabi

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ビットバンク:2,000円が当たる「暗号資産はじめようキャンペーン」開始

ベアマーケットでコインを保有し、より多くの暗号資産を稼ぐ

ベアマーケットでコインを保有し、より多くの暗号資産を稼ぐ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す