Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

by BITTIMES   

仮想通貨XRPを用いた国際送金サービスなどを手掛けている米国のフィンテック企業「Ripple(リップル)」が、ドバイ臨海部の金融特区である「ドバイ国際金融センター(Dubai International Financial Centre/DIFC)」に地域拠点を開設したことが明らかになりました。

こちらから読む:バイデン氏当確報道でBTC価格急落「暗号資産」関連ニュース

中東・アフリカ地域などで金融機関との関係強化

アラブ首長国連邦ドバイの臨海部にある金融自由地域である「ドバイ国際金融センター(Dubai International Financial Centre/DIFC)」は2020年11月7日に、米国のフィンテック企業「Ripple(リップル)」がDIFCに新しい地域拠点を開設したことを発表しました。

ドバイ国際金融センター(DIFC)の公式発表によると、Ripple社がDIFCを新たな拠点として選択した理由としては「革新的な規制・広範なネットワーク・主要なグローバル金融センターとしての評判」が挙げられています。

世界トップ10にランクインする金融センターとして知られている「DIFC」は、中東・アフリカ・南アジアなどの2,500社以上が活動を行う主要な金融ハブとなっており、「国際協力銀行・みずほコーポレート銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・野村證券・大和証券・三井物産・東京海上日動」などの日本企業もDIFCに支社・支店・事務所を構えています。

Ripple社で南アジア・中東・北アフリカ地域担当ディレクターを務めているNavin Gupta(ナヴィン・グプタ)氏は『Ripple社はすでに中東・北アフリカ地域で重要な顧客基盤を有しているため、DIFCの新拠点は地域の金融機関との関係強化やソリューションの利用拡大に繋がる』と説明しています。

Ripple社はすでに中東・北アフリカ地域に重要な顧客基盤を有しているため、顧客と同じ地域で活動するためにDIFCに拠点を開設することは自然なことでした。私たちが新たに立ち上げた地域オフィスは、"ブロックチェーン基盤のソリューションを紹介して地域内でさらに多くの金融機関と関係を深めるための出発点"として機能します。

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏や、共同創業者兼会長であるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は「米国の仮想通貨規制」を理由としてアメリカ・サンフランシスコに構えているRipple社の本社を移転する可能性があることを明かしていましたが、今回発表されたドバイのオフィスは「地域統括会社(Regional Headquarters)」という位置付けであるため、アラブ首長国連邦(UAE)やドバイ地域でビジネスを展開していくための拠点として機能することになります。

本社移転の候補地としては、日本スイスイギリスシンガポールなどが挙げられており、最も可能性の高い候補地としては「イギリス・シンガポール」が挙げられていたため、Ripple社からの今後の新たな発表にも注目です。

>>「ドバイ国際金融センター」の公式発表はこちら

2020年11月9日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は9月24日に23円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月9日時点では「1XRP=26.20円」で取引されています。

2020年5月14日〜2020年11月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月14日〜2020年11月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

高級ホテル内での「仮想通貨カジノ」運営を計画:ベネズエラ大統領

高級ホテル内での「仮想通貨カジノ」運営を計画:ベネズエラ大統領

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

注目度の高い仮想通貨ニュース

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所Bybit:ドイツの名門サッカークラブ「Borussia Dortmund」と提携

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Uniswapなどの偽アプリに要注意「暗号資産200万円相当」が盗難被害

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す