SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

by BITTIMES   

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」は2020年11月24日に、自分が保有している暗号資産(仮想通貨)を同社に貸し出すことによって、貸し出した数量と期間に応じた利用料を受け取ることができるレンディングサービス「VCTRADE LENDING」を開始したことを発表しました。

こちらから読む:民間発行デジタル通貨、2022年にも実用化へ「国内ニュース」

仮想通貨貸出で「年率1.0%の利用料」付与

SBI VC Trade(SBI VCトレード)が開始した貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービスは、自分が保有している暗号資産をSBIグループ企業に貸し出すことによって、貸し出した数量と期間に応じた利用料を受け取ることができるレンディングサービスです。

「VCTRADE LENDING」で貸し出し可能な暗号資産はサービス開始時点でビットコインのみとなっており、利用料は年率1.0%となっています。サービスの概要は以下の通りです。

サービス名称VCTRADE LENDING
サービス開始日2020年11月24日
取り扱い銘柄ビットコイン(BTC)
利用料年率1.0%(税込)
貸出期間84日
最小貸出数量0.1BTC
最大貸出数量5BTC

なお「取り扱い銘柄(XRP・ETHなど)の追加」や「貸出期間の種別追加」などといったサービス拡充に関しては『現在準備を進めている』と説明されています。

>>「SBI VCトレード」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインブック:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

コインブック:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

仮想通貨決済サービスのBitPay「100種類以上の暗号資産」に新規対応

仮想通貨決済サービスのBitPay「100種類以上の暗号資産」に新規対応

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説