ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「BITPoint Japan(ビットポイントジャパン)」は2020年11月26日に、暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」の提供を開始したことを発表しました。同社はレンディングサービス開始を記念して「30日間の貸出で"年率20%"の貸借料を受け取ることができるキャンペーン」を実施することも発表しています。

こちらから読む:国内事業者12社、Sparkトークン関連で共同声明「国内ニュース」

暗号資産レンディング「貸して増やす」サービスとは?

BITPoint Japan(ビットポイントジャパン)が新たに提供を開始した「貸して増やす」サービスは、自分が保有している暗号資産をビットポイントに貸し出すことによって、貸出条件に応じた貸借料を受け取ることができるサービスです。

ビットポイントの「貸して増やす」サービスは以下6種類の暗号資産に対応しているため、これらの暗号資産を保有しているユーザーは暗号資産を有効活用して新たな収益機会を得ることができます。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)

「貸出期間」や「貸借料率」は貸出募集が行われる毎に提示されることになっており、ビットポイント公式サイトにログインした後の「貸して増やす」専用画面で随時案内を行うと説明されています。また、貸出期間中に「再貸出」の設定を行うと、返還後に再度自動で貸出し手続きを行うことも可能だとされています。

期間限定で「年率20%プラン」も提供

BITPoint Japan(ビットポイントジャパン)は「貸して増やす」のサービス開始を記念して、期間限定の貸出プランを提供するキャンペーンを実施することも発表しています。

このキャンペーンの申込期間は「日本時間2020年11月26日13時00分~2020年12月7日16時00分まで」となっており、この期間中に貸出申し込みを行えば、2020年12月8日16時00分~2021年1月7日16時00分までの30日間の貸出で"年率20%"の貸借料を受け取ることができると説明されています。なお、年率20%の適用はキャンペーン期間中のみ付与される貸借料となります。

キャンペーン対象となる暗号資産はビットポイントが取り扱っている「BTC・ETH・XRP・LTC・BCH・BAT」の6種類となっており、申し込み件数が多かった場合には"抽選"でキャンペーン対象者が決定されるとされています。

なお、仮想通貨XRPを貸し出した場合には、2020年12月に予定されている「Sparkトークン付与」でSPARKを受け取ることができなくなるため注意が必要です。貸して増やすサービスやキャンペーンの詳細は以下の公式発表ページをご覧ください。

>>「BITPoint」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

BITPointJapan:トロン(Tron/TRX)取扱い開始「4つの記念キャンペーン」も開催中

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す