暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:Chainlink関連の記事を新着順で確認「Chainlink/LINK」関連ニュース

チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは?

Chainlink-LINK-Logo

チェーンリンク(Chainlink/LINK)とは「SmartContract Chainlink Limited SEZC」と呼ばれるフィンテック企業によって作成されたブロックチェーン技術であり、ブロックチェーン外部のデータをブロックチェーンに接続できるようにするための分散型オラクルネットワークとして知られています。

仮想通貨LINKはネットワーク上のオラクルサービスの支払いに使用される「ERC-20トークン」であり、時価総額ランキングでTOP10にランクインする代表的な仮想通貨として知られています。

Chainlinkは、ブロックチェーンと外部データを接続する新たなソフトウェアを作成することによって、ブロックチェーン上で自動的に契約を実行する仕組みである「スマートコントラクト」に関する"接続性・相互運用性"の問題を解決することを目標としています。

スマートコントラクトは『外部データやAPIなどの主要な外部リソースに接続できない』という課題を抱えていましたが、Chainlinkの技術を仲介役として活用すればスマートコントラクトと外部データを繋げることができるようになるため、ブロックチェーンやスマートコントラクトを活用した新しいサービスを構築する上で欠かせない技術となってきています。

Chainlinkはこの技術を活用して「銀行、決済システム、市場データAPI、バックエンドシステム、その他のブロックチェーン、その他のソフトウェアAPI」などを簡単にブロックチェーンネットワークやスマートコントラクトに接続できるようにするための取り組みを行っており、現時点でも様々なプロジェクトと提携しています。

Chainlinkは「現実世界の様々なデータ」と「ブロックチェーン」と繋ぐ役割を果たす(画像:Chainlink)Chainlinkは「現実世界の様々なデータ」と「ブロックチェーン」と繋ぐ役割を果たす(画像:Chainlink)

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の特徴

Blockchain-Catch

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

相互運用性をもたらすミドルウェア

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は、スマートコントラクトやブロックチェーンを「ブロックチェーン外部のデータ(オフチェーン)」に繋ぐためのミドルウェアとして開発されており、異なるブロックチェーンや分散型アプリケーション(DApps)の仲介役としても機能しています。

仮想通貨・ブロックチェーン業界の専門家などからは『今後は相互運用性が重要になる』といった意見が頻繁に語られていますが、チェーンリンクはこの相互運用性・接続性の課題を解決するための重要な技術となっています。

外部データとの接続を可能にする重要技術

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の技術は、これまで接続が困難であった「現実世界の現物資産」との接続を可能にします。具体的な例としては「各種Webアプリケーション、銀行決済、リテール決済、マーケットデータ、イベントデータ」などといった様々なものが挙げられており、金融・証券・保険・貿易などといったあらゆる分野のデータを活用できるようになると期待されています。

Chainlinkのプロジェクトチームは"外部情報とスマートコントラクトの接続"という面において「金融、送金、決済、保険、企業データベース、サプライチェーン、賭博、行政、個人情報、衛星、AI」などといった44のユースケースを打ち出しています。

大手格付け機関なども称賛

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の技術はその他のブロックチェーンプロジェクトにとっても重要なものとなっており、仮想通貨・ブロックチェーンサービス全体をさらに強化することができる仕組みを備えているため、業界関係者や大手格付け機関などからも高い評価を獲得しています。

米国の有名な格付け機関である「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は2020年7月に、分散型金融(DeFi)などでチェーンリンクの技術が活用されていることなどを説明しながら『Chainlinkが今後の仮想通貨革命の中心となると言っても過言ではない』と発言しています。

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の基本情報

名称チェーンリンク(Chainlink)
ティッカーシンボルLINK
開始日2017年6月27日
トークン規格ERC-20
最大供給量1,000,000,000 LINK
創設者Sergey Nazarov

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の価格・チャート

チェーンリンク(Chainlink/LINK)を取扱う暗号資産取引所

チェーンリンク(Chainlink/LINK)は記事執筆時点では日本国内の暗号資産取引所で取り扱われていません。LINKを取り扱っている主要な海外取引所としては、以下のような取引所が挙げられます。
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
Kraken(クラーケン)
Huobi Global(フォビグローバル)
OKEx(オーケーイーエックス)
Gemini(ジェミナイ)
FTX(エフティーエックス)

チェーンリンク(Chainlink/LINK)対応のウォレット

チェーンリンク(Chainlink/LINK)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)
My Ether Wallet(マイイーサウォレット)
MetaMask(メタマスク)

チェーンリンク(Chainlink/LINK)関連リンク

Chainlink公式サイト
Chainlink公式Twitter
Chainlink公式Telegram
Chainlink公式Reddit
Chainlink公式YouTube
Chainlink公式Discord
Chainlink公式WeChat
ソースコード(GitHub)
ホワイトペーパー
エクスプローラー①(Etherscan)
エクスプローラー②(Ethplorer)
エクスプローラー③(BLOCKCHAIR)
エクスプローラー④(Chainlink Explorer)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

トロン(Tron/TRX)韓国のゲームスタジオ「SkyPeople」と提携|新たなRPG開発中

トロン(Tron/TRX)韓国のゲームスタジオ「SkyPeople」と提携|新たなRPG開発中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

注目度の高い仮想通貨ニュース

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す