運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

by BITTIMES

2,750億ドル(約28兆円)の運用資産を有するウォール街の投資運用会社「Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)」が、ビットコイン投資を検討していることが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。

こちらから読む:住友商事、"XRP用いた債権債務決済"を実証実験「暗号資産」関連ニュース

最大550億円がビットコインに投資される可能性

Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)はシカゴとニューヨークに本社を構えて、世界中の様々な地域で投資アドバイスを行っている大手投資運用会社であり、同社の運用資産は2,750億ドル(約28兆円)を超えると伝えられています。

同社は「Guggenheim Macro Opportunites Fund」と呼ばれるファンドを提供していましたが、米国証券取引委員会(SEC)に2020年11月27日に提出された報告書の中では、このファンドが将来的に米国のデジタル資産運用会社「Grayscale(グレイスケール)」のビットコイン投資信託(GBTC)を購入する予定であることが記されています。

公開された報告書の中には『Guggenheim Macro Opportunites Fundはビットコインに投資する私募投資手段であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)に純資産額の最大10%を投資することによって、間接的にビットコインへの投資機会を求める可能性がある』と記されています。

「Guggenheim Macro Opportunites Fund」の運用資産は現在約53億ドル(約5,500億円)だと伝えられているため、これらのデータに基づいて単純に計算すると、最大約5.3億ドル(約550億円)がビットコイン投資商品に投資されることになります。

今回の報告書の中では『Guggenheim Macro Opportunites Fundは同社子会社を通じてGBTCに投資するが、GBTC以外では間接的にも直接的にも仮想通貨に対する投資は行わない』ということも説明されているものの、今回の報告書は"ビットコインに対する機関投資家の関心が高まっていることを示す材料の1つ"として注目されています。

ここ最近では「億万長者・著名投資家・大手企業・大手資産運用会社・上場企業」などといった"巨額の資産を有する個人・企業"の間でビットコイン投資が加速しており、最近では運用資産7兆円以上の資産運用会社「Pendal Group」がBTC投資を開始したことや、カナダの上場企業「Cypherpunk Holdings」がBTCを追加購入したことなども報告されています。

>>「米国証券取引委員会」が公開した資料はこちら

2020年11月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月26日に170万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年11月30日時点では「1BTC=1,920,448円」で取引されています。

2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

NEM「FIN/SUM 2021」参加へ|日本マーケティングで日経産業広告社と提携

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す