運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

by BITTIMES

2,750億ドル(約28兆円)の運用資産を有するウォール街の投資運用会社「Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)」が、ビットコイン投資を検討していることが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。

こちらから読む:住友商事、"XRP用いた債権債務決済"を実証実験「暗号資産」関連ニュース

最大550億円がビットコインに投資される可能性

Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)はシカゴとニューヨークに本社を構えて、世界中の様々な地域で投資アドバイスを行っている大手投資運用会社であり、同社の運用資産は2,750億ドル(約28兆円)を超えると伝えられています。

同社は「Guggenheim Macro Opportunites Fund」と呼ばれるファンドを提供していましたが、米国証券取引委員会(SEC)に2020年11月27日に提出された報告書の中では、このファンドが将来的に米国のデジタル資産運用会社「Grayscale(グレイスケール)」のビットコイン投資信託(GBTC)を購入する予定であることが記されています。

公開された報告書の中には『Guggenheim Macro Opportunites Fundはビットコインに投資する私募投資手段であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)に純資産額の最大10%を投資することによって、間接的にビットコインへの投資機会を求める可能性がある』と記されています。

「Guggenheim Macro Opportunites Fund」の運用資産は現在約53億ドル(約5,500億円)だと伝えられているため、これらのデータに基づいて単純に計算すると、最大約5.3億ドル(約550億円)がビットコイン投資商品に投資されることになります。

今回の報告書の中では『Guggenheim Macro Opportunites Fundは同社子会社を通じてGBTCに投資するが、GBTC以外では間接的にも直接的にも仮想通貨に対する投資は行わない』ということも説明されているものの、今回の報告書は"ビットコインに対する機関投資家の関心が高まっていることを示す材料の1つ"として注目されています。

ここ最近では「億万長者・著名投資家・大手企業・大手資産運用会社・上場企業」などといった"巨額の資産を有する個人・企業"の間でビットコイン投資が加速しており、最近では運用資産7兆円以上の資産運用会社「Pendal Group」がBTC投資を開始したことや、カナダの上場企業「Cypherpunk Holdings」がBTCを追加購入したことなども報告されています。

>>「米国証券取引委員会」が公開した資料はこちら

2020年11月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月26日に170万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年11月30日時点では「1BTC=1,920,448円」で取引されています。

2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

「ビットコインバブルは終わってない」半減期後、再び価格高騰の可能性:中国BTC億万長者

「ビットコインバブルは終わってない」半減期後、再び価格高騰の可能性:中国BTC億万長者

DeFi・NFTフレンドリーなカルダノ軽量ウォレット「Flint Wallet」リリース:dcSpark

DeFi・NFTフレンドリーなカルダノ軽量ウォレット「Flint Wallet」リリース:dcSpark

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

日本STO協会:デジタル証券発行に関する「自主規制規則」を公開

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

Bitget launchpool、賞金総額1,000ETCの新キャンペーンを開始

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan「即時入金サービス」提供開始|GMOあおぞらネット銀行と連携

Coinbase Japan「即時入金サービス」提供開始|GMOあおぞらネット銀行と連携

Huobi Japan「コスプレトークン(COT)」取扱いへ

Huobi Japan「コスプレトークン(COT)」取扱いへ

Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」正式リリース:HashPalette

Play to Earn型ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」正式リリース:HashPalette

前澤友作氏の「MZDAO」新規メンバー募集へ|クレジットカード無しでも参加可能に

前澤友作氏の「MZDAO」新規メンバー募集へ|クレジットカード無しでも参加可能に

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

Bitget「Chiliz関連ファントークン5銘柄」取扱い開始|暗号資産取引所への上場続く

Bitget「Chiliz関連ファントークン5銘柄」取扱い開始|暗号資産取引所への上場続く

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

Coincheck NFT(β版)「3D Generativemasks」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す