運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

by BITTIMES   

2,750億ドル(約28兆円)の運用資産を有するウォール街の投資運用会社「Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)」が、ビットコイン投資を検討していることが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。

最大550億円がビットコインに投資される可能性

Guggenheim Partners(グッゲンハイム・パートナーズ)はシカゴとニューヨークに本社を構えて、世界中の様々な地域で投資アドバイスを行っている大手投資運用会社であり、同社の運用資産は2,750億ドル(約28兆円)を超えると伝えられています。

同社は「Guggenheim Macro Opportunites Fund」と呼ばれるファンドを提供していましたが、米国証券取引委員会(SEC)に2020年11月27日に提出された報告書の中では、このファンドが将来的に米国のデジタル資産運用会社「Grayscale(グレイスケール)」のビットコイン投資信託(GBTC)を購入する予定であることが記されています。

公開された報告書の中には『Guggenheim Macro Opportunites Fundはビットコインに投資する私募投資手段であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)に純資産額の最大10%を投資することによって、間接的にビットコインへの投資機会を求める可能性がある』と記されています。

「Guggenheim Macro Opportunites Fund」の運用資産は現在約53億ドル(約5,500億円)だと伝えられているため、これらのデータに基づいて単純に計算すると、最大約5.3億ドル(約550億円)がビットコイン投資商品に投資されることになります。

今回の報告書の中では『Guggenheim Macro Opportunites Fundは同社子会社を通じてGBTCに投資するが、GBTC以外では間接的にも直接的にも仮想通貨に対する投資は行わない』ということも説明されているものの、今回の報告書は"ビットコインに対する機関投資家の関心が高まっていることを示す材料の1つ"として注目されています。

ここ最近では「億万長者・著名投資家・大手企業・大手資産運用会社・上場企業」などといった"巨額の資産を有する個人・企業"の間でビットコイン投資が加速しており、最近では運用資産7兆円以上の資産運用会社「Pendal Group」がBTC投資を開始したことや、カナダの上場企業「Cypherpunk Holdings」がBTCを追加購入したことなども報告されています。

>>「米国証券取引委員会」が公開した資料はこちら

2020年11月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月26日に170万円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年11月30日時点では「1BTC=1,920,448円」で取引されています。

2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月16日〜2020年11月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ナンバーワンソリューションズ「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

リオネル・メッシ選手「Socios.com」のグローバルブランドアンバサダーに就任決定

リオネル・メッシ選手「Socios.com」のグローバルブランドアンバサダーに就任決定

SBI証券:XRPまたはポイントをプレゼント「FX取引応援キャンペーン」開催へ

SBI証券:XRPまたはポイントをプレゼント「FX取引応援キャンペーン」開催へ

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す