富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

by BITTIMES

ドバイに本社を構える投資顧問会社「DeVere Group(デヴィア・グループ)」が700人以上の富裕層を対象として実施した調査で、回答者の73%が『すでに仮想通貨を保有している』または『2022年末までに暗号資産に投資することを検討している』と回答したことが「CoinTelegraph」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:XRP価格、100円付近まで高騰の可能性「暗号資産」関連ニュース

暗号資産投資への関心「1年で5%増加」

DeVere Group(デヴィア・グループ)はドバイに本社を構える大手投資顧問会社であり、公式サイトの情報によると世界100ヶ国以上に80,000人を超えるクライアントを有しているとされています。同社は2019年5月にも富裕層約700人を対象としたアンケート調査を実施したことを報告していましたが、今回は今年新たに富裕層700人以上を対象に行われた調査の結果が報告されています。

「CoinTelegraph」の報道によると、今回の調査では回答者の73%が『暗号資産をすでに保有している』または『2022年末までに投資しようと考えている』と回答したと報告されています。

同様の調査は2019年にも行われていたものの『暗号資産を保有している・投資を検討している』と回答した人の数は、昨年の68%から73%へと増加したと説明されています。

今回の調査に参加した富裕層は「100万ポンド(約1.3億円)以上を有する個人」であり、アメリカイギリスアフリカオーストラリア・アジア・中東などの地域に住む人々だとされているため、これらの地域に富裕層の間では暗号資産投資への関心が徐々に高まってきていると考えられます。

徐々に増加する「ビットコイン投資家」

DeVere Groupの創業者兼CEOであるNigel Green(ナイジェル・グリーン)氏は『ビットコインは今年の年初来から125%上昇している最もパフォーマンスの高い資産の1つである』と語った上で、ビットコインのような暗号資産は"取り残されたくない"と考えている裕福な投資家の注目を集めていると説明しています。

調査が示しているように、この印象的なパフォーマンスは「デジタル資産がお金の未来である」ということを示しており、過去に取り残されたくないと考えている裕福な投資家の注目を集めています。

数年前まではビットコインなどの仮想通貨に対する批判的な意見が多く見られていたものの、最近ではそのような人々にも変化が見られ初めており、最近では以前までBTCに否定的な立場をとっていた米国の著名投資家Stanley Druckenmiller(スタンリー・ドラッケンミラー)氏がBTCに投資したことを明かしています。

最近では「Square(スクエア)」などの大手企業が大量のビットコインを購入したことなども報告されていましたが、ビットコインの供給量は限られているため、そのような大手企業や富裕層の人々がBTCを大量購入するようになると、BTCの希少性がさらに高まり、価格上昇の勢いが加速する可能性があると予想されます。

>>「CoinTelegraph」の報道はこちら

2020年11月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今年9月に100万円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2020年11月21日時点では「1BTC=1,930,778円」で取引されています。

2020年5月26日〜2020年11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月26日〜2020年11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

ロシア連邦中央銀行「ルーブル連動型ステーブルコインの発行」禁止する可能性

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

注目度の高い仮想通貨ニュース

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

Bitget:ソーシャルトレーディングで人々のつながりと取引のあり方を変えることを目指す

Bitget:ソーシャルトレーディングで人々のつながりと取引のあり方を変えることを目指す

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す