富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

by BITTIMES

ドバイに本社を構える投資顧問会社「DeVere Group(デヴィア・グループ)」が700人以上の富裕層を対象として実施した調査で、回答者の73%が『すでに仮想通貨を保有している』または『2022年末までに暗号資産に投資することを検討している』と回答したことが「CoinTelegraph」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:XRP価格、100円付近まで高騰の可能性「暗号資産」関連ニュース

暗号資産投資への関心「1年で5%増加」

DeVere Group(デヴィア・グループ)はドバイに本社を構える大手投資顧問会社であり、公式サイトの情報によると世界100ヶ国以上に80,000人を超えるクライアントを有しているとされています。同社は2019年5月にも富裕層約700人を対象としたアンケート調査を実施したことを報告していましたが、今回は今年新たに富裕層700人以上を対象に行われた調査の結果が報告されています。

「CoinTelegraph」の報道によると、今回の調査では回答者の73%が『暗号資産をすでに保有している』または『2022年末までに投資しようと考えている』と回答したと報告されています。

同様の調査は2019年にも行われていたものの『暗号資産を保有している・投資を検討している』と回答した人の数は、昨年の68%から73%へと増加したと説明されています。

今回の調査に参加した富裕層は「100万ポンド(約1.3億円)以上を有する個人」であり、アメリカイギリスアフリカオーストラリア・アジア・中東などの地域に住む人々だとされているため、これらの地域に富裕層の間では暗号資産投資への関心が徐々に高まってきていると考えられます。

徐々に増加する「ビットコイン投資家」

DeVere Groupの創業者兼CEOであるNigel Green(ナイジェル・グリーン)氏は『ビットコインは今年の年初来から125%上昇している最もパフォーマンスの高い資産の1つである』と語った上で、ビットコインのような暗号資産は"取り残されたくない"と考えている裕福な投資家の注目を集めていると説明しています。

調査が示しているように、この印象的なパフォーマンスは「デジタル資産がお金の未来である」ということを示しており、過去に取り残されたくないと考えている裕福な投資家の注目を集めています。

数年前まではビットコインなどの仮想通貨に対する批判的な意見が多く見られていたものの、最近ではそのような人々にも変化が見られ初めており、最近では以前までBTCに否定的な立場をとっていた米国の著名投資家Stanley Druckenmiller(スタンリー・ドラッケンミラー)氏がBTCに投資したことを明かしています。

最近では「Square(スクエア)」などの大手企業が大量のビットコインを購入したことなども報告されていましたが、ビットコインの供給量は限られているため、そのような大手企業や富裕層の人々がBTCを大量購入するようになると、BTCの希少性がさらに高まり、価格上昇の勢いが加速する可能性があると予想されます。

>>「CoinTelegraph」の報道はこちら

2020年11月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今年9月に100万円付近まで下落したものの、その後は順調に回復を続けており、2020年11月21日時点では「1BTC=1,930,778円」で取引されています。

2020年5月26日〜2020年11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月26日〜2020年11月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

リップル(XRP)が稼げる「ブログプラットフォーム」パブリックベータ版リリース:Coil

リップル(XRP)が稼げる「ブログプラットフォーム」パブリックベータ版リリース:Coil

BINANCE:過去最高額「56億円相当」のバイナンスコイン(BNB)をバーン

BINANCE:過去最高額「56億円相当」のバイナンスコイン(BNB)をバーン

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

注目度の高い仮想通貨ニュース

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

Fidelity:機関投資家向け暗号資産データ分析ソリューション「シャーロック」を発表

Fidelity:機関投資家向け暗号資産データ分析ソリューション「シャーロック」を発表

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す