コインチェック関連の「偽サイト・不審な連絡」に要注意|刑事責任を問われる可能性も

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」のユーザーを狙った詐欺行為や不審な連絡が継続的に行われていることが報告されています。『場合によってはユーザー自身にそのつもりがなくても刑事責任や民事責任を問われる可能性がある』と報告されているため、コインチェック利用者の方は十分注意するようにしましょう。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

「偽サイト」や「不審な連絡」に要注意

Coincheck(コインチェック)は2020年12月9日に、「コインチェックのサービスサイトやログインページを模した偽サイトが継続的に確認されていること」や「SNS経由でアカウント(口座)を貸して欲しい・売って欲しいなどの"不審な連絡を受けた"という事例が多数報告されていること」を報告し注意喚起を行いました。

「コインチェックを装った偽サイト」について

「コインチェックの公式サイトを装った偽サイト」の存在は以前から定期的に報告されており、これらの偽サイトは広告などを利用して検索サイトの目立つ場所に表示されている場合があることも報告されています。

偽サイトでログインパスワードなどの個人情報を入力してしまった場合には、アカウントが乗っ取られたり、自分の資産を盗まれてしまったりする可能性があるため注意が必要です。

コインチェックは今回の発表の中で『当社はログイン時に生年月日の入力を求めることはありません』と説明しており、『ログイン時に生年月日の入力を求められた場合は、入力せずに改めて当社公式サイトよりログインをお願いいたします』と強調しているため、生年月日の入力を求められた場合には特に注意するようにしましょう。

「アカウントの貸与・譲渡」について

コインチェックは今回の発表の中で『最近SNS経由で「口座(アカウント)を貸してほしい」「口座(アカウント)を売って欲しい」という不審な連絡をうけたという事例が複数報告されている』とも報告しています。

自分のアカウントを貸したり売ったりした場合には「資産を騙し取られる可能性」や「特殊詐欺などの犯罪に利用される可能性」があるだけでなく、自分自身が利用目的を知らなかった場合でも刑事責任や民事責任を問われる恐れがあるため、アカウントの貸出や売却は絶対に行ってはいけません。

コインチェックはこのような行為について『利用規約でもアカウントを第三者に利用させることや貸与、譲渡することを禁止しておりますので、絶対にしないようお願いいたします』と警告しています。

偽サイトの被害に遭わないための対策

偽サイトの被害に遭わないための対策としては「コインチェック公式サイトの各種URLをブックマークに登録しておくこと」が有効です。

偽サイトは「Google検索」などで上位に表示される広告枠などにも表示されている場合がある他、URLを公式サイトに類似させたものに設定している場合などもあるため、"ログインする場合には必ずブックマークからアクセスする"という対応を取ることが最善の策であると考えられます。

またコインチェックは『以下のような通知が来た場合には"お気に入り登録したページからログイン"して、自分のものではない端末からのログインがないか確認するように』と報告しています。
・覚えのないログイン通知
・自分が使っていない国の言語でのメッセージ
・ログインを要求する通知

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「Coincheckのサービスサイト」はこちら
>>「Coincheckのログインページ」はこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米仮想通貨ATM「Coinstar」暗号資産6銘柄を新規サポート

米仮想通貨ATM「Coinstar」暗号資産6銘柄を新規サポート

ライブドア:Web3グルメアプリ「シンクロライフ」をグループ事業化

ライブドア:Web3グルメアプリ「シンクロライフ」をグループ事業化

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

ビットコイン価格「1億円到達」の可能性も|Willy Woo氏が語る今後注目すべき抵抗線

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

BITMAIN「ファイルコイン(FIL)のマイニングマシン」販売開始

BITMAIN「ファイルコイン(FIL)のマイニングマシン」販売開始

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「イーサ現物ETF承認・トランプ氏の寄付受け入れ」など

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す