イーサリアム考案者「ローンで仮想通貨投資すべきではない」と警告

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の考案者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は2020年12月14日に、仮想通貨(暗号資産)を購入するためにローンを組もうとしている人々に対して『そのようなことはすべきでない』と警告しました。

こちらから読む:Pornhub、決済手段は"仮想通貨のみ"に「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨投資のためのローン」について警告

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は2020年12月14日のツイートで『ビットコインを購入するためにローンを組んだ』とツイートしたユーザーに対して『そのようなことはすべきではない』と警告しました。

事の発端となったTwitterユーザーは『46,250ドル(約481万円)を金利7.9%のローンで借りて、2.55BTCを購入した』と報告しており、『私は2026年末までに57,806.85ドル(約600万円)を返済しなければならない。BTC価格22,669.35ドル(約236万円)が損益分岐点だ』と説明しています。

このツイートは2,000件を超える「いいね」を獲得しており、一部のユーザーからはローンを組んだ銀行を訪ねる声なども出ていますが、ヴィタリック氏はこれらのツイートに対して以下のようなツイートで警告しています。

このようなことは決してしないでください。ETHやその他のイーサリアム関連資産を購入するために個人ローンを組むことはお勧めできません。

「7年前にBTCの半分を売った」とも説明

ヴィタリック氏の警告に対しては『あなたは億万長者の1人だからそう思うだろうが、一般的な人々にとってはそれくらいのリスクを背負う価値がある』といった意見も寄せられていますが、それに対してヴィタリック氏は『7年前のイーサリアムが始まる前の私の純資産は数千ドル(数十万円)だったが、それでもBTCの価格がゼロになった時に一文無しにならないためにビットコインの半分を売った』と説明しています。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などといった主流の仮想通貨の価格は全体的に上昇傾向が続いており、ビットコイン価格に関しては『2021年末までには1,000万円を超える』といった予想も出ていますが、依然として再度下落する可能性も残されているため、過度な資金を投資することは避けるべきであると考えられます。

ビットコイン価格は2017年末に記録した過去最高値に近づいてきているため、仮想通貨業界では『過去最高値を突破すれば大幅に価格が上昇する可能性がある』と期待する意見も出ていますが、2016年末〜2017年1月のタイミングでビットコインが当時の過去最高値を更新した際には、更新後すぐに大幅な急落を見せて、その後一定期間停滞する動きも見られていたため、過去最高値更新後も警戒が必要であると考えられます。

2013年6月29日〜2017年4月25日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2013年6月29日〜2017年4月25日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

未来の「ブロックチェーンプロジェクト」が業界に大きな変化を起こす:マイケル・ノボグラッツ

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

暗号資産ヘッジファンド「Three Arrows Capital」米国で破産申請=報道

暗号資産ヘッジファンド「Three Arrows Capital」米国で破産申請=報道

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す