米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

by BITTIMES   

Joe Biden(ジョー・バイデン)次期米大統領が、米国証券取引委員会(SEC)の次期委員長に米商品先物取引委員会(CFTC)の元委員長でありながら仮想通貨・暗号資産についても詳しいGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏を指名する見通しであることが「ロイター」の報道で明らかになりました。

バイデン氏、数日中にも「ゲンスラー氏」を指名予定

アメリカの次期大統領であるJoe Biden(ジョー・バイデン)氏は、数日中に米国証券取引委員会(SEC)の次期委員長にGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏を指名する予定だと伝えられています。なお、今回の報道は"事情に詳しい2人の情報筋の話"として報じられており、ゲンスラー氏やバイデン氏の広報担当者からのコメントは得られなかったと報告されています。

ゲイリー・ゲンスラー氏は米商品先物取引委員会(CFTC)の元委員長でありながら仮想通貨・暗号資産についても詳しい人物であり、トランプ政権時代にはマサチューセッツ工科大学(MIT)で「ビットコインブロックチェーンが金融分野でどのように使用されていくか」などについてのコースを教えていました。

2009年〜2014年に米国商品先物取引委員会で委員長を務めたゲンスラー氏は、2008年の金融危機後にドッド=フランク法(米金融規制改革法)の整備に取り組んでおり、2020年11月以降はバイデン氏の政権移行チームに加わって「金融規制・監督見直し」に関する助言を行なっています。

2020年12月にSECの委員長を退任したJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏は、仮想通貨を用いた資金調達方法である「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」に厳しい態度をとっており、昨年末にはRipple(リップル)社に対して『未登録の有価証券(XRP)を販売した』とする訴訟を起こしたことによってXRP価格が大幅に急落しました。

一部の専門家からは『バイデン政権に移行してSECの次期委員長にゲンスラー氏が任命されれば、SECはクレイトン氏や議会共和党がこれまで推進してきた方向とは逆のアジェンダに取り組むことになるだろう』といった意見も出ているため、仮想通貨業界でも今後のSECの動向には注目が集まっています。

>>「ロイター」の報道はこちら

2021年1月13日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は昨年末にRipple社が米国証券取引委員会(SEC)から提訴されたことを受けて一時的に18円付近まで急落したものの、現在は徐々に回復してきており、2021年1月13日時点では「1XRP=30.56円」で取引されています。

2020年12月14日〜2021年1月13日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年12月14日〜2021年1月13日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

戦争状態にあるイスラエルの避難民を仮想通貨で支援「Crypto Aid Israel」立ち上げ

戦争状態にあるイスラエルの避難民を仮想通貨で支援「Crypto Aid Israel」立ち上げ

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

「仮想通貨への期待高い」米スターバックス会長

「仮想通貨への期待高い」米スターバックス会長

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す