bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法|本人確認や二段階認証まで

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法を本人確認や二段階認証の設定まで画像と一緒にわかりやすく解説します。記事の最後では、その特徴についても紹介しています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)に今すぐ登録したい方はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

bitbank(ビットバンク)の口座開設の方法

メールアドレスの登録

メールアドレスの入力欄メールアドレスの入力欄

bitbank.ccのサイトに表示されているメールアドレスの入力欄に、登録するメールアドレスを入力します。

登録したメールアドレス宛に、ビットバンクからの確認メールが届きます。
もしメールが届かない場合は再送信をクリックして再送信してみましょう。

迷惑メールとして届いていないか?
受信拒否の設定をしていないか?
なども確認した上で、どうしても届かない場合は別のアドレスで再登録してみて下さい。

bitbankから送信される認証(確認)メール

メールを確認して間違えがなければ、メールの指示に従って認証(確認)用リンクをクリックします。

パスワードの設定画面

確認用リンクをクリックすると、パスワードの設定画面に進みます。

パスワード入力画面の上の欄に、設定するパスワードを入力します。
このパスワードは非常に重要なので、ほかのパスワードを使い回したりせずに出来るだけ強固なものにして下さい。

パスワードの入力ミスがないかを確認するために、2段目の入力欄にもう一度同じパスワードを入力します。ここで入力したパスワードは、ログインの際に必要になるの忘れないように注意してください。

「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」をそれぞれ確認して、同意した上でそれぞれのチェックボックスにチェックをいれましょう。

ここまでの内容を再度確認した上で、間違えがなければ『登録』をクリックすれば、登録は完了です。

次は「本人情報」を入力します。

本人情報の入力

bitbankでの基本情報の登録画面bitbankでの基本情報の登録画面

登録を完了したら、ログインして最初に本人情報を登録します。

トレードページの右上に表示されている『人の形をしたアイコン』をクリックするとアカウントメニューが表示されます。メニュー内の登録情報をクリックすると、基本情報や本人確認書類を登録することができます。

基本情報の登録では必要事項を全て記入して『次に進む』をクリックします。
この際に登録する内容は、日本円入出金で使用する銀行口座と同じ名義である必要があるので、よく確認して登録しましょう。

取引の目的と職業の入力画面取引の目的と職業の入力画面

次に取引の目的と職業を入力します。
表示されている選択項目の中から適切なものを選択してください。

『外国の重要な公人』では、内容を確認して自身が該当していないのであれば「外国の重要な公的地位にあたるものに該当しません」にチェックをいれ「登録」をクリックすると基本情報の登録は完了となります。

本人確認の書類のアップロード

最後に本人確認書類をアップロードすれば登録は完了となります。

本人確認書類のアップロード画面

本人確認には、顔写真付きの身分証明書が必須になります。
運転免許証やパスポートなどの表と裏の写真をスマートフォンなどで撮影してアップロードします。

身分証明書はここまでの入力内容に誤りや問題点がなければ、1~2営業日ほどで承認されます。

もし基本情報の登録などで住所などが正しく入力されていなかった場合は、1日ほどかかる審査後に同じページ内で再入力を求められることになるので、急いでいる場合ほどよく確認するようにしましょう。

セキュリティ設定:二段階認証とSMS認証の設定方法

本人確認が完了すれば、実際に利用を開始することもできますが、より安全に資産を管理するためにもセキュリテイの設定を行っておきましょう。

二段階認証の設定

二段階認証は資産を守るためは必須となるので必ず設定しておきましょう。

bitbankでの二段階認証の設定画面bitbankでの二段階認証の設定画面

bitbankでの二段階認証には、スマートフォンアプリが必要になります。

先ほどと同じ画面右上のアカウントメニューから「セキュリティ」を選択すると
・ログインパスワード
・二段階認証
・SNS認証
の設定を行うことができます。

二段階認証の「設定」をクリックして設定画面に進みます。

設定の手順は、次の通りです。

  1. スマートフォンでQRコードをスキャンするためのアプリをダウンロード
  2. ダウンロードしたアプリでQRコードをスキャン
  3. スキャン後に表示された6桁の数字を入力
  4. 設定をクリック

これで二段階認証設定は完了となります。
ログインする時や送金などの際に二段階認証が必要となるため、少し手間が増えることにはなりますが、不正アクセスなどを防止するためには非常に重要な設定となるので必ず設定しておきましょう。

SMS認証の設定方法

SMS認証の設定方法は非常に簡単です。
先ほどのセキュリティ設定の画面から、SMS認証の設定画面に移動します。

bitbankでのSMS認証の設定画面bitbankでのSMS認証の設定画面

表示された指示に従って携帯電話番号をハイフンなしで入力して、送られて来るコードを入力すれば完了となります。

ビットバンクの特徴

取り扱う通貨の種類

bitbankで取り扱う仮想通貨の種類は次の通りです。

日本円で購入できる通貨は、BTC/XRP/BCH/MONA、
ビットコイン(BTC)で購入できる通貨は、LTC/ETH/MONA/BCHとなっています。

各種手数料

bitbankは現在、仮想通貨交換業登録記念として『全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン』を開催しています。
キャンペーンに期間中は、仮想通貨の売買にかかる取引手数料は全て無料となっています。
キャンペーン期間は2017年10月16日10:00〜2018年6月30日00:00までとなっています。

また口座開設費用や維持費用なども一切かかりません。

日本円や仮想通貨の入出金手数料は次の通りです。

入金手数料出金手数料
日本円無料540円/756円(3万円以上)
BTC無料0.001 BTC
LTC無料0.001 LTC
XRP無料0.15 XRP
ETH無料0.005 ETH
MONA無料0.001 MONA
BCH無料0.001 BCH

リップル(XRP)の購入に最適

bitbank(ビットバンク)は、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の取引量で世界一を記録した実績を持っています。リップル(XRP)を取り扱う取引所の中でも高いセキュリティを備えていることや、シンプルな取引ができることで以前から人気の取引所となっています。

また2018年の4月には、待望のiPhone/Android向けのアプリもリリースしています。

全通貨をコールドウォレットで保管しているため安心して利用できるbitbankは、リップル(XRP)の購入に最も最適な取引所と言えるでしょう。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

ネム(NEM/XEM)上場!仮想通貨取引所「changehero」で取り扱い開始

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

ビットコイン、1週間後からの「急上昇」を予想:ジョン・マカフィー

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

仮想通貨取引所コインベース:パスワード管理に関する「バグ」を報告|3,420名に影響

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

BINANCE:証拠金取引に「Cardano/ADA」を追加|2種類の通貨ペアを提供

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

TAOTAO:仮想通貨の入金&レバレッジ取引で「最大10,000円」が貰えるキャンペーン開催

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す