アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

by BITTIMES   

米国の非営利団体である「アメリカがん協会(ACS)」は2021年1月26日に、複数の暗号資産による寄付を受け入れる『Cancer Crypto Fund(がん暗号基金)』を立ち上げたことを発表しました。同協会はビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどをはじめとする合計8種類の仮想通貨による寄付を受け入れています。

仮想通貨基金「Cancer Crypto Fund」設立

アメリカがん協会(American Cancer Society/ACS)は2021年1月26日に、暗号資産を用いた寄付で資金提供を受ける初の癌基金である『Cancer Crypto Fund(がん暗号基金)』を立ち上げたことを発表しました。

仮想通貨を用いた寄付によって独占的に資金提供されるアメリカ癌協会に恩恵をもたらすための史上初の癌基金を発表します。「Cancer Crypto Fund」は、命を救うための新しい発見とより良い治療のための重要な癌研究に直接資金を提供しています。

BTC・ETH・LTC・LINKなど「8銘柄」を受け入れ

「Cancer Crypto Fund」は、暗号資産を用いた募金活動を行なっている非営利団体を支援している「The Giving Block」とのパートナーシップによって設立されたものであり、2021年初頭に少なくとも100万ドル(約1億円)を調達することを目標として以下8種類の仮想通貨による寄付を受け入れています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
ジェミナイドル(Gemini dollar/GUSD)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)

寄付された暗号資産は癌研究のための資金提供に使用されることになっており、25万ドル(約2,500万円)以上を寄付した人物は自分の名前または愛する人の名前でファンドに名前をつける権利を獲得することができ、1万ドル(約100万円)以上を寄付した人物は「Crypto Cancer Fund Wall of Honor」に自分の名前を掲載する権利を獲得することができるとされています。

The Giving Blockの共同設立者であるPat Duffy(パット・ダフィー)氏は「Crypto Cancer Fund」の設立について『暗号資産はがん治療においてきわめて重要な役割を果たすと信じている。ビットコインが史上最高値を更新するなか、この新しい基金の組成は"命を救う"という暗号資産市場の新しい可能性を切り開く』と語っています。

>>「Crypto Cancer Fund」の詳細はこちら
>>「The Giving Block」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

dHealth Network:ブロックチェーン活用した「臓器ドナーカード」開発へ

dHealth Network:ブロックチェーン活用した「臓器ドナーカード」開発へ

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

英金融規制当局「仮想通貨広告」の規制を強化|紹介報酬などを禁止

英金融規制当局「仮想通貨広告」の規制を強化|紹介報酬などを禁止

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す