ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

by BITTIMES

ステラ(Stellar/XLM)の開発を行なっている「ステラ開発財団(SDF)」は2021年1月30日に、2021年の計画を記したロードマップを公開しました。ステラ開発財団は『Stellarを基盤としたプロジェクトの増加、Stellar関連の取引の増加、Stellarの認知度向上』という大きな3つの目標に向けて様々な取り組みを行っていく予定であることを説明しています。

こちらから読む:国内初の"個人向け証券化商品"登場「暗号資産」関連ニュース

「プロジェクト・取引の増加、認知度向上」に向けて

ステラ開発財団(Stellar Development Foundation/SDF)は2021年1月30日に、2021年の計画を記したロードマップを公開しました。

SDFはロードマップの冒頭で『Stellarを基盤としたプロジェクトの増加、Stellar関連の取引の増加、Stellarの認知度向上』という3つの信念に基づいて2021年の取り組みを進めていくと説明しており、これらの目標を達成するための成長戦略として以下3つの柱を挙げています。

  • ステラの堅牢性と使いやすさを促進する
  • ステラの認知度を高め、信頼されるブロックチェーンになるようサポートする
  • 国際送金や証券化資産のための持続可能なユースケースを育成・開発する

各成長戦略の具体的な目標内容や取り組みなどついては以下のようなことが挙げられています。

『ステラの堅牢性と使いやすさ』について

【目指す目標】
Stellarが安全かつ拡張可能な状態で全てのユースケースをサポートするための十分な堅牢性を確保して、ネットワークの分散化・信頼性をさらに高める

【具体的な取り組み】

  • 新しい利害関係者と優秀なバリデーターを引き付け、維持することに重点を置く
  • エコシステム・テクノロジーと連携して、安全性と回復力のなる対策を作成する
  • 開発者や企業などの貢献者と協力して、ステラの長所を活用する方法を改善する
  • 開発者からのフィードバックに基づいて他の技術との掛け橋となるレイヤー2技術のプロトタイプを完成させ、ユースケース・ボリュームの増加に対応する
  • ステラ関連の取引で「5倍の成長率」を実現するためにエコシステムと協力する
  • トランザクションの増加に対応できるようにするためにスケーラビリティを重視する
  • ネットワークの安全性を高めるための技術上・手順上の変更に投資する
  • エコシステム参加者と協力して、自動化されたマーケットメーカーや店頭取引(OTC)に関する流動性ソリューションの追加統合などの提案を行い、流動性を向上させる可能性や方法を探る

『ステラの認知度・信頼性向上』について

【目指す目標】
ステラとエコシステムの認知度・知名度を高めることによって、ステラを『ブロックチェーン業界で広く知られる信頼できる技術』として確立させる

【具体的な取り組み】

  • マーケティング活動を通じて既にStellarを活用している企業をサポートする
  • マーケティング活動を通じてエコシステム参加企業を独自の方法で紹介する
  • 教育機関・政府機関との提携を通じて、ブロックチェーン業界に安定性をもたらすための法整備を提唱する
  • 「ステラ企業基金」を通じて四半期ごとに少なくとも1つの企業に投資し、ネットワーク参加者を増やす
  • 少なくとも10社のコンサルティング会社と提携し、提携関係を拡大する
  • 「ステラ開発財団」と「エコシステム参加者」が関わる機会を創出するために、四半期ごとに少なくとも4つのイベントを開催する
  • イベントを通じて企業・エコシステム参加者の交流を深め、ネットワーク効果を生み出す

『ユースケースの育成・開発』について

【目指す目標】
長期的な成長や持続可能性に貢献するステラ関連製品・サービスを提供するために、エンドユーザーにとって明確な価値があり、実行可能なビジネスモデルへの道を示すことができるユースケースを促進する

【具体的な取り組み】

  • スケーラブルなネットワーク効果に焦点を当ててユースケースを拡大する
  • ステラ上の仮想通貨ウォレット「Vibrant」で少なくとも1つの新しいマーケットと2つの製品機能を追加し、ユーザー基盤を拡大させる
  • 提携企業・団体と協力して「国際決済・米ドル預金・証券投資・トークン化された資産」などといった金融サービスの事例を促進する

ステラ開発財団は2021年1月に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発」や「仮想通貨エコシステムの構築」などを支援する内容でウクライナのデジタル改革省と覚書を締結しているため今後の動きにも注目です。

>>「ステラ開発財団」の公式発表はこちら

2021年2月1日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は先月7日に40円付近まで回復して以降、横ばいの状態が続いていたものの、ここ最近では再び上昇傾向が強まってきており、2021年2月1日時点では「1XLM=35.36円」で取引されています。

2020年12月21日〜2021年2月1日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年12月21日〜2021年2月1日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)

ステラ(Stellar/XLM)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

Binance Futures「イーサリアム先物取引」を正式に開始|レバレッジは最大50倍

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す