ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

by BITTIMES

ウクライナのデジタル改革省は2021年1月4日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や仮想通貨エコシステムの構築に向けて、仮想通貨「ステラ(Stellar/XLM)」を開発している「Stellar Development Foundation(ステラ開発財団)」との覚書に署名したことを発表しました。

こちらから読む:BTC関連ツイート数、過去最高値を更新「暗号資産」関連ニュース

「CBDC開発・仮想通貨市場の発展」などに向けて協力

ウクライナのデジタル改革省は2021年1月4日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や仮想通貨エコシステムの構築に向けて、仮想通貨「ステラ(Stellar/XLM)」を開発している「Stellar Development Foundation(ステラ開発財団)」との覚書に署名したことを発表しました。

「デジタル改革省」と「ステラ開発財団」は今回の覚書の元で仮想通貨市場のための最新のインフラ開発に取り組み、"東ヨーロッパの金融分野に革新的なデジタル国家"として、ウクライナの地位を強化していくと説明しています。

今回両者が署名した覚書には、以下のような分野で協力していくことが規定されていると報告されています。

  • ウクライナにおける仮想通貨市場の発展
  • ウクライナにおけるステーブルコインの流通と規制
  • 仮想通貨に特化したプロジェクトをサポートする
  • ウクライナ国立銀行のデジタル通貨開発を促進

ウクライナ・デジタルデジタル改革省の副大臣であるOleksandr Bornyakov(アレクサンダー・ボルニャコフ)氏は「ステラ開発財団」との協力について次のようにコメントしています。

私たちはウクライナで仮想通貨を開発するための法的環境の構築に継続して取り組んでいます。「Stellar Development Foundation」との協力によってウクライナの仮想通貨産業の発展と、グローバルな金融エコシステムへの統合が促進されます。

この協力のもう1つの重要な側面は、ウクライナが発行するデジタル通貨のインフラ開発への貢献です。世界の主要国のほとんどは国家独自のデジタル通貨を開発しています。

ウクライナ国立銀行は2017年以来、ウクライナ独自のデジタル通貨の開発・研究に取り組んでいます。これはウクライナが最も重要な金融トレンドの1つに向かっていることを示しています。デジタル改革省は東欧の金融市場における技術革新と競争に、ウクライナが適応していけるよう努めています。

ステラ開発財団は2021年8月頃からウクライナでの活動を正式に開始する予定だと報告されています。

>>「ウクライナ・デジタル改革省」の発表はこちら

2021年1月5日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は先月24日に13円付近まで下落したものの、それ以降は13円付近のサポートラインをキープしており、2021年1月5日時点では「1XLM=16.20円」で取引されています。

2020年11月3日〜2021年1月5日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年11月3日〜2021年1月5日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)

ステラ(Stellar/XLM)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ディーカレット「暗号資産事業を売却」Amber Groupの日本法人に全株式を譲渡

ディーカレット「暗号資産事業を売却」Amber Groupの日本法人に全株式を譲渡

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

LINE BITMAX:暗号資産LINKがもらえる「はじめてみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:暗号資産LINKがもらえる「はじめてみようキャンペーン」開始

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

カルダノ創設者:米国下院農業委員会で「暗号資産・ブロックチェーン」について講演へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す