ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

by BITTIMES

ウクライナのデジタル改革省は2021年1月4日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や仮想通貨エコシステムの構築に向けて、仮想通貨「ステラ(Stellar/XLM)」を開発している「Stellar Development Foundation(ステラ開発財団)」との覚書に署名したことを発表しました。

こちらから読む:BTC関連ツイート数、過去最高値を更新「暗号資産」関連ニュース

「CBDC開発・仮想通貨市場の発展」などに向けて協力

ウクライナのデジタル改革省は2021年1月4日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や仮想通貨エコシステムの構築に向けて、仮想通貨「ステラ(Stellar/XLM)」を開発している「Stellar Development Foundation(ステラ開発財団)」との覚書に署名したことを発表しました。

「デジタル改革省」と「ステラ開発財団」は今回の覚書の元で仮想通貨市場のための最新のインフラ開発に取り組み、"東ヨーロッパの金融分野に革新的なデジタル国家"として、ウクライナの地位を強化していくと説明しています。

今回両者が署名した覚書には、以下のような分野で協力していくことが規定されていると報告されています。

  • ウクライナにおける仮想通貨市場の発展
  • ウクライナにおけるステーブルコインの流通と規制
  • 仮想通貨に特化したプロジェクトをサポートする
  • ウクライナ国立銀行のデジタル通貨開発を促進

ウクライナ・デジタルデジタル改革省の副大臣であるOleksandr Bornyakov(アレクサンダー・ボルニャコフ)氏は「ステラ開発財団」との協力について次のようにコメントしています。

私たちはウクライナで仮想通貨を開発するための法的環境の構築に継続して取り組んでいます。「Stellar Development Foundation」との協力によってウクライナの仮想通貨産業の発展と、グローバルな金融エコシステムへの統合が促進されます。

この協力のもう1つの重要な側面は、ウクライナが発行するデジタル通貨のインフラ開発への貢献です。世界の主要国のほとんどは国家独自のデジタル通貨を開発しています。

ウクライナ国立銀行は2017年以来、ウクライナ独自のデジタル通貨の開発・研究に取り組んでいます。これはウクライナが最も重要な金融トレンドの1つに向かっていることを示しています。デジタル改革省は東欧の金融市場における技術革新と競争に、ウクライナが適応していけるよう努めています。

ステラ開発財団は2021年8月頃からウクライナでの活動を正式に開始する予定だと報告されています。

>>「ウクライナ・デジタル改革省」の発表はこちら

2021年1月5日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は先月24日に13円付近まで下落したものの、それ以降は13円付近のサポートラインをキープしており、2021年1月5日時点では「1XLM=16.20円」で取引されています。

2020年11月3日〜2021年1月5日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年11月3日〜2021年1月5日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)

ステラ(Stellar/XLM)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

イスラエルのブロックチェーン・仮想通貨関連企業「過去2年で約3倍」に増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

【Chiliz/CHZ】過去1年で「15,000%の価格上昇率」を記録|一時100円付近まで高騰

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す