Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

by BITTIMES

世界的に人気のミクスチャーロックバンド「Linkin Park(リンキン・パーク)」でボーカル・ギター・ラップ・キーボードを担当しているMike Shinoda(マイク・シノダ)氏は2021年2月7日に、Non-Fungible Token(NFT)を売買することができるプラットフォーム「Zora」でNFT形式で発行された音楽作品のオークションを開始したことを明らかにしました。

こちらから読む:カルダノ、時価総額ランキング4位に浮上「暗号資産」関連ニュース

マイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」を販売

Linkin Park(リンキン・パーク)でボーカル・ギター・ラップ・キーボードを担当しているMike Shinoda(マイク・シノダ)氏は2021年2月7日のツイートで、Non-Fungible Token(NFT)を売買することができるプラットフォーム「Zora」でNFT形式で発行された音楽作品のオークションを開始したことを明らかにしました。

マイク・シノダ氏がリリースした作品は『One Hundredth Stream』というタイトルで出品されており、リンク先のページで実際に楽曲を視聴することができるようになっています。

この作品はZoraの公式サイトに「MetaMask(メタマスク)」などの仮想通貨ウォレットを接続することによって購入することができるようになっており、記事執筆時点では「4.01wETH(約68万円)」の価格が付けられています。

「NFTは人々の作品に価値をもたらす」と説明

マイク・シノダ氏が「Zora」で出品している作品は記事執筆時点で『One Hundredth Stream』のみとなっており、同氏は今回の作品リリースについて"実験"だと語っていますが、Twitter上では『一般的な音楽配信サービスに楽曲のフルバージョンをアップロードしたとしても、手数料・レーベルへの支払い・マーケティング費用などがかかるため、収入が1万ドルに近づくことはない』とも説明が行われています。

このように語るシノダ氏は『今回のNFTは楽曲ではなく"楽曲から成り立つNFT"だ』と語っており、『NFTを利用するとインスタグラムにアップロードしているような個人の作品に価値を生み出すことができる』ということを説明しています。

誰かが私の作品を1万ドルで入札してくれました。ありがとうございます。何人かの人々は『これが何なのか』について混乱しているようなので詳しく説明します。簡単な答えは「実験」です。

これはオークションようなものであり、価格は入札者によって決定され、最後に1人の人がNFTを取得することができます。ゲームで1種類のアイテムを所有したり、インスタグラムの投稿を「所有する」ようなものと考えてください。もしも楽曲を世界中の広告プラットフォームにアップロードしたとしても、手数料・レーベルへの支払い・マーケティング費用などを差し引くと、1万ドルに近づくことはありません。

このNFTは楽曲ではなく「楽曲から成り立つNFT」であり、オーディオとビデオをリッピングすることもできます。そして、その曲の人気が高まれば、間違いなくNFTの価値が高まります。もしもあなたが『現在の入札価格はこのアイテムには高すぎる』と考えていたとしてもそんなことは関係ありません。重要なのは『1人の人が"この作品にはそれだけの価値がある"と考えていること』です。

これは「型破りなアートを作っている人」や「自分のアートを"アートではない"と言われた人」などにとって非常に興味深いはずです。価値があるかどうかはコミュニティが決めます。

『インスタグラムにアップロードするものには価値がない』という考えは間違っています。その作品はインスタグラムにとって非常に価値のあるものであり、彼らはそのようなユーザーの行動でお金を稼いでいます。NFTではあなたがインスタに投稿したものと全く同じアイテムが"あなた"に直接価値をもたらします。

仮想通貨業界では既に「アート音楽ゲームスポーツ」などといった様々な分野でNFTが発行されていますが、マイク・シノダ氏のような著名人がNFT形式の楽曲をリリースすることによって、今後は音楽業界でもNFT関連の活動が活発化していくことになると期待されます。

>>「Zora」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「42,000ドル」まで急落|仮想通貨全面安でもエルサルバドルは押し目買い

ビットコイン価格「42,000ドル」まで急落|仮想通貨全面安でもエルサルバドルは押し目買い

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

仮想通貨自動損益計算のCryptact「HashHubレンディング・Coinlist Pro」に新規対応

仮想通貨自動損益計算のCryptact「HashHubレンディング・Coinlist Pro」に新規対応

LINE BITMAX:仮想通貨購入でLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:仮想通貨購入でLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

注目度の高い仮想通貨ニュース

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

会話すると暗号資産がもらえる新プロジェクト「AZITO」を発表:株式会社OPSION

会話すると暗号資産がもらえる新プロジェクト「AZITO」を発表:株式会社OPSION

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

Braveブラウザ:ソラナ(Solana/SOL)のブロックチェーンに対応

Braveブラウザ:ソラナ(Solana/SOL)のブロックチェーンに対応

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

Terraエコシステム復興プラン2(修正版)が可決|暗号資産取引所の対応表明も続々と

JPYC株式会社「東京法務局への発行保証金の供託」を完了

JPYC株式会社「東京法務局への発行保証金の供託」を完了

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

SBIHD「リミックスポイント」と資本業務提携|ビットポイント株式の51%を取得

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す