Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

by BITTIMES   

世界的に人気のミクスチャーロックバンド「Linkin Park(リンキン・パーク)」でボーカル・ギター・ラップ・キーボードを担当しているMike Shinoda(マイク・シノダ)氏は2021年2月7日に、Non-Fungible Token(NFT)を売買することができるプラットフォーム「Zora」でNFT形式で発行された音楽作品のオークションを開始したことを明らかにしました。

マイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」を販売

Linkin Park(リンキン・パーク)でボーカル・ギター・ラップ・キーボードを担当しているMike Shinoda(マイク・シノダ)氏は2021年2月7日のツイートで、Non-Fungible Token(NFT)を売買することができるプラットフォーム「Zora」でNFT形式で発行された音楽作品のオークションを開始したことを明らかにしました。

マイク・シノダ氏がリリースした作品は『One Hundredth Stream』というタイトルで出品されており、リンク先のページで実際に楽曲を視聴することができるようになっています。

この作品はZoraの公式サイトに「MetaMask(メタマスク)」などの仮想通貨ウォレットを接続することによって購入することができるようになっており、記事執筆時点では「4.01wETH(約68万円)」の価格が付けられています。

「NFTは人々の作品に価値をもたらす」と説明

マイク・シノダ氏が「Zora」で出品している作品は記事執筆時点で『One Hundredth Stream』のみとなっており、同氏は今回の作品リリースについて"実験"だと語っていますが、Twitter上では『一般的な音楽配信サービスに楽曲のフルバージョンをアップロードしたとしても、手数料・レーベルへの支払い・マーケティング費用などがかかるため、収入が1万ドルに近づくことはない』とも説明が行われています。

このように語るシノダ氏は『今回のNFTは楽曲ではなく"楽曲から成り立つNFT"だ』と語っており、『NFTを利用するとインスタグラムにアップロードしているような個人の作品に価値を生み出すことができる』ということを説明しています。

誰かが私の作品を1万ドルで入札してくれました。ありがとうございます。何人かの人々は『これが何なのか』について混乱しているようなので詳しく説明します。簡単な答えは「実験」です。

これはオークションようなものであり、価格は入札者によって決定され、最後に1人の人がNFTを取得することができます。ゲームで1種類のアイテムを所有したり、インスタグラムの投稿を「所有する」ようなものと考えてください。もしも楽曲を世界中の広告プラットフォームにアップロードしたとしても、手数料・レーベルへの支払い・マーケティング費用などを差し引くと、1万ドルに近づくことはありません。

このNFTは楽曲ではなく「楽曲から成り立つNFT」であり、オーディオとビデオをリッピングすることもできます。そして、その曲の人気が高まれば、間違いなくNFTの価値が高まります。もしもあなたが『現在の入札価格はこのアイテムには高すぎる』と考えていたとしてもそんなことは関係ありません。重要なのは『1人の人が"この作品にはそれだけの価値がある"と考えていること』です。

これは「型破りなアートを作っている人」や「自分のアートを"アートではない"と言われた人」などにとって非常に興味深いはずです。価値があるかどうかはコミュニティが決めます。

『インスタグラムにアップロードするものには価値がない』という考えは間違っています。その作品はインスタグラムにとって非常に価値のあるものであり、彼らはそのようなユーザーの行動でお金を稼いでいます。NFTではあなたがインスタに投稿したものと全く同じアイテムが"あなた"に直接価値をもたらします。

仮想通貨業界では既に「アート音楽ゲームスポーツ」などといった様々な分野でNFTが発行されていますが、マイク・シノダ氏のような著名人がNFT形式の楽曲をリリースすることによって、今後は音楽業界でもNFT関連の活動が活発化していくことになると期待されます。

>>「Zora」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:暗号資産スイ(SUI)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:暗号資産スイ(SUI)取扱いへ【国内初上場】

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

マウントゴックス:債権者への弁済「近いうちに開始する予定」

マウントゴックス:債権者への弁済「近いうちに開始する予定」

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

NFTレンタルサービス「RentaFi」メインネットでの稼働開始

NFTレンタルサービス「RentaFi」メインネットでの稼働開始

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す