ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

by BITTIMES

ブロックチェーンは音楽業界に革命をもたらす可能性を秘めています。様々な情報やデータがインターネット上で自由に共有できるようになったことで、アーティストが作成した楽曲は世界中のリスナーの元へと簡単に届くようになりましたが「著作権」などが適切に管理されていないことによって、それらの作品はもはや"無料化している"と言っても過言ではないほど"不正"に出回っています。「Blockchain」の技術はこのような状況を大きく変え、全く新しい環境を再構築する可能性を秘めています。

こちらから読む:音楽業界に革命をもたらす「ブロックチェーン」の仕組み

音楽業界が抱える問題点

copyright

携帯電話やパソコンが広く普及した現代社会では、アーティストが生み出した「音楽」のほとんどが「ストリーミング再生」や「ダウンロード」するといった方法で消費者の耳に届いています。

特に最近では、YouTube(ユーチューブ)などでも様々な音楽が配信されているため、「iTunes Store」などの公式サイトでお金を支払って音楽を購入する人も少なくなってきています。しかしそのようなネット上に無料で公開されている音楽データは著作権などを無視した違法なものも多いため、アーティストにとっては収入の面において重要な問題となっています。

それらの「違法な音楽データ」は、毎日次から次へとネット上にアップロードされるため、一つ一つのデータを確認して削除依頼を出したり実際に削除したりするだけで対処できるようなものでもないため、新しい解決策が必要とされていました。

ブロックチェーン技術はこのような問題を解決し、理想的な音楽業界を再構築できる可能性を秘めています。

音楽ファイルに関する情報を適切に管理

data-blockchain

スマートコントラクトを利用することによって、消費者が楽曲を購入する際に記録すべき必要なデータを自動化して安全に記録し、保管することができます。

ブロックチェーン上に記録されるデータには、楽曲の製作者、権利者情報、購入者の情報、契約内容などのあらゆるデータを記録し管理することができるため、音楽を購入したユーザーでなければ視聴することができないようにすることも可能になり、その他の目的に応じた様々な制限を設けることもできるようになります。

ブロックチェーン上での音楽の販売が一般化すればインターネット上に蔓延する「違法な音楽データ」などの見極めも非常に簡単に行えるようになるでしょう。

アーティストとファンを直接繋ぐ

Connection

アーティストが提供する音楽を購入するファンの人々も、仲介者を挟むことなく直接アーティストに支払いを行うことができるようになるため、自分の好きなアーティストを直接的に支援することができます。

楽曲を制作するアーティストは、ブロックチェーン上に構築されたプラットフォームに直接「作品のファイル」をアップロードするだけでファンの人々に最新の曲を公開することができ、ファンの人々もそのプラットフォーム上から直接ダウンロードすることができます。

またアーティストとリスナーを仲介者なしで繋ぐというだけでなく、インディーズなどの知名度の低いアーティストや、個人で活動しているミュージシャンでも有名なアーティストと同じ空間で楽曲を公開することも可能にします。

ファン同士のコミュニケーションを促進する報酬制度

communication

サービスによっては、作品に対する感想や評価を投稿することによって仮想通貨で報酬を受け取ることができるようなものもあるため、これまでにはなかった新しい方法で好きなアーティストを応援することができるようにもなります。

購入した曲の感想などを投稿することによって、自分の声を好きなアーティストやその他のファンの人々にも伝え、コミュニティの発展に貢献した報酬として、サービス内で利用できる仮想通貨を受け取ることができるようにもなってくるでしょう。

これによってコミュニティはさらに交流が深まることになり、業界全体がさらに盛り上がることにつながると期待されます。

音楽業界を変える「ブロックチェーン技術」

音楽業界では続々とブロックチェーン技術を活用したサービスが発表されています。今後、多くのアーティストがそれらのサービスを利用して楽曲を配信するようになることによって、音楽データを違法に共有したり、公開したりすることができなくなるので、自然とインターネット上の「違法な音楽データ」はなくなっていくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Travala.com】Binance Chainで「分散型旅行予約サービス」構築へ

【Travala.com】Binance Chainで「分散型旅行予約サービス」構築へ

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

NEC:ブロックチェーン用いた「IoTデバイスのセキュリティサービス」販売へ

NEC:ブロックチェーン用いた「IoTデバイスのセキュリティサービス」販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

グレースケール:暗号資産投資信託の検討リストに「アルトコイン13銘柄」を追加

グレースケール:暗号資産投資信託の検討リストに「アルトコイン13銘柄」を追加

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月6日〜12日

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

バイナンスが支援するNFTプラットフォーム「Featured by Binance」公開

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)「法人向けマイニングサービス」提供開始

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す