DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

by BITTIMES

DeFi(分散型金融)の分野で実物資産のトークン化に取り組んだ初期プロジェクトの1つである「DeFiマネーマーケット(DeFi Money Market/DMM)」は2021年2月6日に、規制当局からの調査を受けてサービス提供を急遽停止したことを発表しました。今回の発表を受けてDMMのガバナンストークンである「DMG」の価格は30円から7円にまで急落しています。

こちらから読む:カルダノ開発企業、アフリカ事業で進展「暗号資産」関連ニュース

DeFi Money Market「業務停止」を発表

DeFiマネーマーケット(DeFi Money Market/DMM)は、自動車などといった「実在する金利を生み出す商品」を担保として預けることによってイーサリアム(ETH)の資金調達を行うことができるDeFiプラットフォームであり、米国の著名投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏からも支援を受けていました。

2020年6月にガバナンストークン「DMG」のトークンセールを実施したDMMは『650万ドル(約6億5,000万円)以上の資金調達に成功した』として注目を集めていましたが、2021年2月6日には『規制当局からの調査受けて急遽業務を停止した』ことが発表されました。

規制当局からの調査を受けて、DMMは業務を停止しています。DeFi Money Market tokens(mTokens)は、以下のリンクからこれまでに発生した利息と引き換えることができます。

DeFi Money Marketの公式発表によると「DeFi Money Market tokens(mTokens)」と利息の引き換えは無期限に行うことができるものの、2021年2月10日には利回りが0%になると説明されており、『できるだけ早くmTokenの償還を行うように』と注意がなされています。

DMG価格は「30円→7円」に急落

『規制当局による調査で具体的にどのようなことが問題となって業務停止が決定されたのか』については明らかにされていないものの、一部では『DMMのトークン販売直後にローンの裏付けを証明するためにアップロードした書類がローン保有者の身元を明らかにしてしまった事件が関係しているのではないか』といった憶測が出ています。

DMM側は今回の発表の中で『この措置の必要性について遺憾を示すと共に、DMMコミュニティの支援とプロジェクトへの積極的な参加に感謝する』とコメントしています。

DMMのガバナンストークンである「DMG」の価格は、2020年7月に177円付近まで上昇して、その後は30円前後での推移を続けていたものの、今回の発表を受けて「1DMG=7円」まで急落しています。

2020年7月22日〜2021年2月8日 DMGの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年7月22日〜2021年2月8日 DMGの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

ビットコイン・ストリートアート|世界中に描かれる経済革命のシンボル

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

デジタル・ドル・プロジェクト「米国初のCBDCテスト」2021年内に開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す