暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

by BITTIMES

暗号資産デリバティブ取引所「FTX」は2021年2月8日に、取引所の手数料で得られた収入の1%を慈善団体に寄付する「FTX Foundation(FTX財団)」を立ち上げたことを発表しました。FTX財団は、寄付先の決定でユーザーの意見を取り入れるために「FTXに新規上場する株式トークンをユーザーが決定できる仕組みと同じ投票システム」を導入することも予定しています。

こちらから読む:Tesla社のビットコイン購入報道でBTC価格高騰「暗号資産」関連ニュース

「寄付先を決めるユーザー投票システム」の導入も予定

FTX(エフティーエックス)は2021年2月8日に、取引所の手数料で得られた収入の1%を慈善団体に寄付する「FTX Foundation(FTX財団)」を立ち上げたことを発表しました。

同社の取引所・関連会社・従業員などは2020年初頭から慈善活動に数千万ドルの寄付を行っており、今後数年間でさらに多くの取り組みを行なっていくことを計画しているとのことですが、FTXの成長の基盤となっているユーザーの声をより広く取り入れながら寄付活動を行なっていくために「FTX Foundation(FTX財団)」が設立されたと説明されています。

具体的には仮想通貨コミュニティの人々が『FTX財団がどこに寄付を行うべきか』についての意見を述べることができるようにしたいと考えているとのことで、自作自演のアカウントで寄付先の投票が行われるのを避けるために「FTXに新規上場する株式トークンをユーザーが決定できる仕組みと同じ投票システム」を導入する予定だと説明されています。

この投票システムでは、最初に「優れた寄付先になると考えられる複数の候補」を提示した上で、「追加して欲しい選択肢」などについてはその後ユーザーからの意見を募集して新たに追加することによって、最終的な選択肢を作成すると説明されています。

FTXはこの仕組みについて『最も重要なのは、全てのユーザーが"財団が寄付する対象についての発言権を持っている"と感じれることだ』と述べており、ユーザーの意思を最優先に考えていることを強調しています。

FTX財団の資金に関しては『FTXの手数料収入の1%をFTX財団に割り当てることを約束する』と説明されており、利用者はこの資金がリアルタイムで増加するのを確認することもできるとされています。

FTXの公式サイトによると、FTX財団に割り当てられた資金は記事執筆時点で「2万ドル(約200万円)」を突破しているため、今後は大規模な資金が様々な団体などに寄付されていくことになると予想されます。

>>「FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX財団の割り当て資金」はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

楽天:NFTを発行・販売・取引できる「Rakuten NFT」2022年春公開へ

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

リップル社の国際送金ネットワークに加盟する金融機関「200以上」に:RippleNet

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

フランス:中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」のテストに成功

フランス:中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」のテストに成功

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す