暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

by BITTIMES

暗号資産デリバティブ取引所「FTX」は2021年2月8日に、取引所の手数料で得られた収入の1%を慈善団体に寄付する「FTX Foundation(FTX財団)」を立ち上げたことを発表しました。FTX財団は、寄付先の決定でユーザーの意見を取り入れるために「FTXに新規上場する株式トークンをユーザーが決定できる仕組みと同じ投票システム」を導入することも予定しています。

こちらから読む:Tesla社のビットコイン購入報道でBTC価格高騰「暗号資産」関連ニュース

「寄付先を決めるユーザー投票システム」の導入も予定

FTX(エフティーエックス)は2021年2月8日に、取引所の手数料で得られた収入の1%を慈善団体に寄付する「FTX Foundation(FTX財団)」を立ち上げたことを発表しました。

同社の取引所・関連会社・従業員などは2020年初頭から慈善活動に数千万ドルの寄付を行っており、今後数年間でさらに多くの取り組みを行なっていくことを計画しているとのことですが、FTXの成長の基盤となっているユーザーの声をより広く取り入れながら寄付活動を行なっていくために「FTX Foundation(FTX財団)」が設立されたと説明されています。

具体的には仮想通貨コミュニティの人々が『FTX財団がどこに寄付を行うべきか』についての意見を述べることができるようにしたいと考えているとのことで、自作自演のアカウントで寄付先の投票が行われるのを避けるために「FTXに新規上場する株式トークンをユーザーが決定できる仕組みと同じ投票システム」を導入する予定だと説明されています。

この投票システムでは、最初に「優れた寄付先になると考えられる複数の候補」を提示した上で、「追加して欲しい選択肢」などについてはその後ユーザーからの意見を募集して新たに追加することによって、最終的な選択肢を作成すると説明されています。

FTXはこの仕組みについて『最も重要なのは、全てのユーザーが"財団が寄付する対象についての発言権を持っている"と感じれることだ』と述べており、ユーザーの意思を最優先に考えていることを強調しています。

FTX財団の資金に関しては『FTXの手数料収入の1%をFTX財団に割り当てることを約束する』と説明されており、利用者はこの資金がリアルタイムで増加するのを確認することもできるとされています。

FTXの公式サイトによると、FTX財団に割り当てられた資金は記事執筆時点で「2万ドル(約200万円)」を突破しているため、今後は大規模な資金が様々な団体などに寄付されていくことになると予想されます。

>>「FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX財団の割り当て資金」はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

【日本初】デジタル地域通貨「白虎/Byacco」会津大学内で正式運用へ:ソラミツ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

仮想通貨決済で賃貸物件が借りられる「CryptoResidence」公開|BTCで家賃支払いが可能に

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

米カリフォルニア州のピザチェーン「Papa Murphy’s」Cardano(ADA)決済に対応

米カリフォルニア州のピザチェーン「Papa Murphy’s」Cardano(ADA)決済に対応

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

英大手ヘッジファンドBrevan Howardが仮想通貨に投資

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す