YELLtum:地域通貨活用したデータ分析ツール「見エール」機能実装へ

by BITTIMES

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開している「canow株式会社」は2021年2月10日に、同社が提供するファンの応援を可視化するファンマーケティングツール「YELLtum(エールタム)」にデータ分析ツールである「見エール」を実装することによって、地域における"人のにぎわい"や"商圏人口"を可視化する地域データベースを提供する構想を発表しました。

こちらから読む:富山グラウジーズ、BC技術用いた"応援アプリ"導入へ「国内ニュース」

YELLtum:データ分析ツール「見エール」実装へ

canow株式会社は2021年2月3日に、地域通貨×スポーツテック×DXによってチームの貢献度・スポーツファンの応援を可視化するファンマーケティングツール「YELLtum(エールタム)」の実証実験を開始したことを発表していましたが、今回の発表ではこの「YELLtum」にデータ分析ツールである「見エール」を実装することによって"人のにぎわい"や"商圏人口"を可視化する地域データベースを提供する構想が発表されました。

YELLtum(エールタム)では、ブロックチェーン技術を用いてスポーツクラブの地域通貨が発行されることになっており、ファンの人々はそれらの通貨を使用してチームや選手を評価・応援したり、スタジアム周辺の店舗などで支払いを行ったりすることができる予定となっています。

「見エール」が実装されるとスポーツチーム・地域企業・店舗の連携によって、ファンの行動データや購買データを取得して可視化することができるようになるため、それらのデータを用いて企業・店舗がファンの人々にリッチな顧客体験を提供したり、同じ嗜好性を持つファンを集めたコミュニティを形成したり、他の店舗・企業とのコラボレーションが生まれたりすることに繋がると期待されています。

また「YELLtum」を導入すると、地域のランドマークでもあるスタジアムを中心とした「商圏人口」を可視化することが可能になるため、試合が行われる日に『半径○kmの地域の盛り上がり』や『どこにファンが集っているか』などを可視化することができるとも説明されています。

(画像:canow株式会社)(画像:canow株式会社)

「見エール」の機能・活用方法などについて

「見エール」の導入によって可能になること、「見エール」で取得・分析できる主なデータ、「見エール」を利用する主な施策としては以下のようなことが挙げられています。

「見エール」の導入によって可能になること

  • 地域の企業や店舗がファンのことを理解し、よりリッチな体験を届けること
  • データから見えたファンの嗜好性や地域の課題を共有することにより、チームと地方自治体、地域企業、店舗が一体となって、地域を活性化する施策を打つこと

「見エール」で取得・分析できる主なデータ

  • チームが発行する地域通貨による消費行動データ
  • 地域通貨の交換/交流による地域のつながりデータ

「見エール」を利用する主な施策

  • 消費行動を元にした企業のブランディング・コマース広告配信
  • 行動データを元にしたレコメンデーションによる店舗への送客
  • 商圏内の小売店など実店舗での棚取り・在庫管理などの販促施策

(画像:canow株式会社)(画像:canow株式会社)

「canow株式会社」のCOOである大坂 亮平氏は「見エール」の実装について次のように語っています。

スポーツチームの地域への貢献とその貢献度の可視化を目的とした「Yelltum」において、「見エール」での具体的な各データの可視化、それに基づく具体的な打ち手の提案は、スポーツチームとファンだけでなく、地域店舗や住民などチームを取り巻く近隣の商圏一帯の購買行動を活性化させることが可能になります。チームが地域住民の日常生活での利便性向上に貢献できることで、結果的にチームにとってもファンベース・収益の拡大に繋がり、「チームx住民x地域」での協力的な地域発展の基盤作りを行っていきます。

canow株式会社は今回の発表の中で『今後は多くのファンを有するスポーツチームやエンターテイメント企業との提携を予定している』とも語っており、『今後は実証実験を進めていくことで、スポーツチームとスタジアム周辺の商圏に拠点を持つ地域企業、店舗が一体となり地域創生を実現することを支援していく』とコメントしています。

>>「canow株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

QUOREA「bitFlyer自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitFlyer自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

Cardano(ADA)「Catalyst FUND4の有権者登録」期限迫る|本日11日20時まで

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

Bitget:新機能「ストラテジープラザ」でソーシャルトレーディングに革新をもたらす

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

ビットポイント「BTC・DEP・JMYがもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「BTC・DEP・JMYがもらえる口座開設キャンペーン」開始

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

SQUARE ENIX:初のNFTコレクティブルアートプロジェクト『SYMBIOGENESIS』を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す