大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

by BITTIMES

月間8,700万人以上の訪問者が訪れる投資関連メディアなどを運営している米国の金融・投資顧問会社「The Motley Fool(モトリーフール)」は2021年2月17日に、同社が500万ドル(約5億円)相当のビットコインを購入する予定であることを発表しました。

こちらから読む:スイス・ツーク州、BTC・ETHで納税可能に「暗号資産」関連ニュース

ビットコインは「10倍のリターン」をもたらす可能性

米国の大手金融顧問会社である「The Motley Fool(モトリーフール)」は2021年2月17日に、同社が500万ドル(約5億円)相当のビットコインを購入する予定であることを発表しました。

The Motley Fool(モトリーフール)はアメリカ・バージニア州アレクサンドリアに拠点を構える大手金融・投資顧問会社であり、英語・日本語の投資関連メディアも運営しています。ウェブサイトのアクセス状況などを確認することができる「SimilarWeb」のデータによると、同社のウェブサイトには月間8,700万人以上の訪問者が訪れており、金融・投資カテゴリでは世界5位に位置付けられています。

同社は"今後5年、10年、15年以内に10倍以上成長する可能性のある投資機会"を調査してクライアントに助言を行う「10Xキャンペーン」と呼ばれる金融ソリューションを提供していますが、今回の発表の中では"同社の1人のライター意見"ということを強調しながらも『ビットコインは10倍のリターンをもたらすポートフォリオの中核となるだろう』と語られています。

私たちの「10Xリアルマネーポートフォリオ」ではビットコインの購入を推奨しています。ビットコインは「10Xポートフォリオ」の中核となるでしょう。10Xポートフォリオには『今後15年間のある時点で10倍のリターンをもたらす可能性がある』と私たちが信じているその他39の株式がありますが、私たちはビットコインも同様のリターンをもたらすと信じています。

「長期的なビットコイン投資」を予定

モトリーフールは『ビットコイン価格は短期的に変動し続ける可能性があるものの、長期的には現在の10倍にまで成長する可能性がある』と述べており、『私たちはビットコイン投資を長年にわたって維持する予定だ』と説明されています。

また同社は『一般的な株式投資では"少なくとも30銘柄を最低5年間保有すること"を推奨しているが、ビットコインも長期的なポートフォリオの分散化に役立つ資産になると考えている』ということも語っており、ビットコインに投資する理由として以下の3点をあげています。

  • 長期的には「金よりも効果的な価値の保存手段」になると信じている
  • 今後10年間で価格で安定するため、取引手段になる可能性がある
  • インフレに対するヘッジ手段になると信じている

また同社は今回の発表の中で『10Xのメンバーが購入するまで我々はビットコインを購入しない』とも語っており、「BTC購入後に投資家を勧誘して高値で売り抜ける」といった狙いはなく、長期的にビットコインを保有し続ける予定であることを説明しています。

実際に同社がビットコインに500万ドルを投資すれば、ビットコインの時価総額は更に大きく成長することなりますが、モトリーフールは投資家への強い影響力も有しているため、今回の発表はビットコイン投資の動きを加速させる材料になると注目されています。

>>「The Motley Fool」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

韓国大手コンビニが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

韓国大手コンビニが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

パレットトークン(PLT)の「メインネット稼働日・公式ウォレット公開日」などが判明

パレットトークン(PLT)の「メインネット稼働日・公式ウォレット公開日」などが判明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

コインチェック「Sharely(シェアリー)」の公式サイト公開|バーチャル株主総会の運営支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Huobi Japan:最大3万円相当の暗号資産が当たる「ウェルカムキャンペーン」開始

Huobi Japan:最大3万円相当の暗号資産が当たる「ウェルカムキャンペーン」開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す