MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に巨額の資金を投資していることでも知られる米国のソフトウェア企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年2月16日に、6億ドル(約600億円)相当の転換社債を発行して、その資金でビットコインの買い増しを行う予定であることを発表しました。

調達資金による「ビットコイン買い増し」を予定

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は2021年2月16日に、元本総額6億ドル(約600億円)の転換社債を発行して、その資金でビットコインの買い増しを行う予定であることを発表しました。

転換社債とは「一定の条件で株式に転換できる権利が付与された社債」のことであり、同社は2020年12月にも転換社債を発行して調達した約680億円の資金の中から約660億円を用いてビットコインを購入しています。

なお、今回の発表では「調達された資金からどれくらいの金額をビットコイン買い増しに充てるか」については明かされておらず『販売によって得られた純収入を使用して、追加のビットコインを取得する予定』だと説明されています。

MicroStrategyは昨年夏以降、複数回に渡って合計11億5,000万円(約1,150億円)をビットコインに投資しており、現在は記事執筆時点の価格換算で約3,800億円以上に相当する「71,079BTC」を準備資産として保有しているとも報告されています。

ビットコインの価格は16日〜17日にかけて注目されていた「1BTC=5万ドル(約525万円)」の価格を突破しており、BTC時価総額は約1兆ドル(約100兆円)に達していますが、ここ最近では「MicroStrategy」だけでなく「Square」や「Tesla」などといった複数の大手企業がビットコインに投資し始めているため、このような動きが他の企業に拡大すれば、ビットコインの価値や時価総額はさらに高まっていくことになると期待されています。

>>「MicroStrategy」の公式発表はこちら

2021年2月17日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月9日に503万円付近まで上昇して以降、横ばいの状態が続いていたものの、先日16日に5万ドルラインを突破して以降は再び上昇し始めており、2021年2月17日時点では「1BTC=5,393,011円」で取引されています。

2021年2月3日〜2021年2月17日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年2月3日〜2021年2月17日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

Gala Games:GALA保有者に「v2トークンのエアドロップ」受取に関する注意点も

Gala Games:GALA保有者に「v2トークンのエアドロップ」受取に関する注意点も

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

バハマ警察:FTX創業者「サム・バンクマン=フリード氏」を逮捕

バハマ警察:FTX創業者「サム・バンクマン=フリード氏」を逮捕

ステーブルコインへの「自動監視機能組み込み」を提案:国際決済銀行(BIS)

ステーブルコインへの「自動監視機能組み込み」を提案:国際決済銀行(BIS)

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

注目度の高い仮想通貨ニュース

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す