MicroStrategy:ビットコイン「約16億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC近くに

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に多額の投資を行っていることで知られる米国のソフトウェア企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年3月1日に、平均価格45,710ドルでさらに1,500万ドル(約16億ドル)相当のビットコインを購入したことを発表しました。

こちらから読む:Google Finance、暗号資産情報の掲載開始「暗号資産」関連ニュース

保有するビットコインは「約90,859BTC」に

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は以前から複数回に渡ってビットコインを購入し続けており、先月24日にも『約19,452BTCを追加購入した』ということが報告されていましたが、2021年3月1日には『新たに328BTCを追加購入した』ということが発表されました。

今回購入された328BTCは『1,500万ドル(約16億円)を用いて平均購入価格45,710ドル(約488万円)で購入された』と報告されており、これによって同社が保有するビットコインは、2021年3月2日時点の価格換算で約4,773億円に相当する「約90,859BTC」になったと説明されています。

MicroStrategyは、1,500万ドルの現金を用いて、平均購入価格45,710ドルで328BTCを追加購入しました。私たちが保有しているビットコインは2021年3月1日時点で約90,859BTCとなります。これらのビットコインは約21億8,600万ドルを用いて平均購入価格約24,063ドルで取得されました。

「ドルコスト平均法」で買い増しか

マイクロストラテジーは2020年8月にビットコインを購入して以降定期的に買い増しを続けていますが、これまでの報告内容から『MicroStrategyはドルコスト平均法を用いてビットコインを購入している』と考えられています。

ドルコスト平均法とは定期的に一定の金額分を購入していく方法のことであり、高値のときは少ししか買わず、安値のときに多く買うことによって"平均取得単価を下げることができる"仕組みとなっているため、国内取引所の暗号資産積立サービスなどでもドルコスト平均法が用いられています。

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor(マイケル・セイラー)氏は先月24日の公式発表の中で『当社は引き続き"余剰資金でビットコインを取得する"という戦略を継続していく』と語っていたため、今後もビットコインの買い増しは続けられていくことになると予想されます。

2021年3月2日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月22日600万円台まで上昇した後に400万円台まで下落したものの、現在は再び回復してきており、2021年3月2日時点では「1BTC=5,285,785円」で取引されています。

2021年1月26日〜2021年3月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月26日〜2021年3月2日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

【速報】GMOコイン:暗号資産FXに「BAT・NEM・XLM」の3銘柄を追加

【速報】GMOコイン:暗号資産FXに「BAT・NEM・XLM」の3銘柄を追加

仮想通貨「1,000種類以上」のデータ配信を開始|インターコンチネンタル取引所(ICE)

仮想通貨「1,000種類以上」のデータ配信を開始|インターコンチネンタル取引所(ICE)

注目度の高い仮想通貨ニュース

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

Moonstakeウォレット「MoonPay」のサービス統合|簡単・安全な暗号資産購入が可能に

Moonstakeウォレット「MoonPay」のサービス統合|簡単・安全な暗号資産購入が可能に

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

Eminem(エミネム)人気のNFTコレクション「BAYC」を約5,300万円で購入

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

日本ブロックチェーン協会(JBA)ゲーム関連企業など「合計8社」が新規入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す