MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に10億ドル以上の資金を投資していることでも知られる米国のソフトウェア企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年2月24日に、平均購入価格52,765ドル(約559万円)で約19,452BTCを追加購入したことを発表しました。今回の追加購入によって、同社が保有するビットコインは9万BTCを超えたと報告されています。

MicroStrategy「約19,452BTC」を追加購入

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は2021年2月16日に6億ドル(約600億円)相当の転換社債を発行してビットコインを買い増す予定であることを発表していましたが、先日24日には平均購入価格52,765ドル(約559万円)で約19,452BTCを追加購入したことが新たに発表されました。

同社が今回ビットコインに投資した合計金額は10億2,600万ドル(約1,086億円)とされており、この追加購入によってマイクロストラテジーが保有するビットコインは合計約90,531BTCになったと説明されています。

また、同社が保有する約90,531BTCの合計購入金額は約21.71億ドル(約2,300億円)であるとも報告されており、手数料や費用なども含めて計算すると、同社が保有している全てのビットコインの平均購入価格は「1BTC=約23,985ドル(約254万円)」であるとも説明されています。

今後も「余剰資金を用いたBTC投資」を継続

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor(マイケル・セイラー)氏は公式発表の中で、マイクロストラテジーは「分析ソフトウェア事業の成長」と「ビットコインの取得・保有」という2つの企業戦略に注力していると述べており、『当社は引き続き"余剰資金でビットコインを取得する"という戦略を継続していく』とコメントしています。

当社は「エンタープライズ分析ソフトウェアビジネスの成長」と「ビットコインの取得・保有」という2つの企業戦略に継続して注力しています。

現在当社は90,000BTCを超えるビットコインを保有しており、『世界で最も広く採用されている仮想通貨であるビットコインは信頼できる価値の保存手段として機能する』という当社の信念を再確認しています。

私たちは「余剰資金でビットコインを取得する」という戦略を引き続き追求していきます。また、市場の状況に応じてビットコインを追加購入する目的で、資金調達取引を行ったり、負債・株式を発行する可能性があります。

また、MicroStrategyの社長兼CFOであるPhong Le(フォン・レー)氏は『ビットコインの保有やビットコインネットワークをサポートする関連活動などといったビットコイン戦略は、当社ブランドの認知度を高め、新規顧客を確保する機会を提供し、私たちのソフトウェアビジネスを保管すると信じている』とも語っています。

最近では複数の大手企業がビットコインに投資し始めていますが、すでにビットコインに投資していた企業では「ビットコイン買い増し」の動きが強まっており、今月23日には米国の大手モバイル決済企業「Square(スクエア)」が『合計購入価格1億7,000万ドル(約170億円)で約3,318BTCを追加購入した』と発表しています。

>>「MicroStrategy」の公式発表はこちら

2021年2月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月23日に480万円付近まで急落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年2月25日時点では「1BTC=5,356,758円」で取引されています。

2021年1月26日〜2021年2月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年1月26日〜2021年2月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbol活用するOpening Line、Google Cloudの「Web3スタートアップ支援プログラム」に採択

Symbol活用するOpening Line、Google Cloudの「Web3スタートアップ支援プログラム」に採択

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

オンラインゲーム大手「NEXON」Oasys(OAS)のバリデータに参加

オンラインゲーム大手「NEXON」Oasys(OAS)のバリデータに参加

メタバース関連のDAO組織「OMA3」設立|The Sandbox・Decentralandなども参画

メタバース関連のDAO組織「OMA3」設立|The Sandbox・Decentralandなども参画

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

注目度の高い仮想通貨ニュース

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

それぞれの指で異なる仮想通貨ウォレットを管理?バイオメトリクスウォレットが誕生

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

「ビットコイン=環境に悪い」は時代遅れ?マイニングの持続可能エネルギー使用率が過去最高レベルに

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す