Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

by BITTIMES

米国の大手投資銀行「Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)」が、2021年3月中旬頃に仮想通貨のトレーディングデスクを再開し、ビットコイン先物取引を提供する可能性があることが「ロイター」の報道で明らかになりました。今回のニュースはビットコイン市場にプラスの影響をもたらすと考えられていますが、一部では『下落相場突入のサインとなる可能性がある』と懸念する声も出ています。

こちらから読む:MicroStrategy、16億円相当のBTCを追加購入「暗号資産」関連ニュース

ゴールドマンサックス「ビットコイン先物」再開か

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)は2018年に仮想通貨ビットコインのトレーディングデスクを立ち上げ、先渡し先物の清算機関および取引サービスを提供、その後サービスを停止していましたが、「ロイター」が"事情に詳しい人物の話"として報じた内容によると『ゴールドマンサックスは2021年3月中旬頃に仮想通貨のトレーディングデスクを再開する』と報じられています。

報道によると、このチームはゴールドマンサックスのグローバル・マーケット部門の中に設置されるとのことで、クライアントからの需要が低いことなどを理由に最初は「現物ビットコインの取引」は取り扱わずに「ビットコイン先物取引」を対象とするとされています。

また、トレーディングデスクはビットコイン先物だけでなく「ブロックチェーン技術」や「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」などに関連するプロジェクトも担当すると伝えられており、『ゴールドマンサックスはビットコインETF(上場投資信託)の可能性も探求しており、デジタル資産のカストディを探るための情報提供要請書を発行している』とも報じられています。

「下落相場突入のサイン」と懸念する声も

「ゴールドマンサックスのビットコイン先物取引再開」はビットコイン市場にプラスの影響を与えると考えられていますが、2018年のビットコイン価格暴落を予想したことでも知られる著名投資家Peter Brandt(ピーター・ブラント)氏は『ゴールドマンサックスの市場参入は、自分の資産を守る時が来たこと示している』とツイートを行ったため、一部では『現在の価格がビットコインの天井になる可能性がある』と予想する意見も出ています。

私のような昔の人々は「ゴールドマンサックスがニッチ市場に参入した時は、自分の資産を守る時だ」ということを学びました。

ピーター・ブラント氏が投稿した画像では『ゴールドマンサックスが仮想通貨トレーディングデスクを設立したタイミングでビットコインが天井をつけ、その後長期的な下落相場に突入した』ということが示されているため、今回もこの時と同様に下落相場のきっかけになる可能性があると懸念する声が出ています。

しかしブラント氏はこのツイートに付け加える形で『多くの人々は私が"ビットコインが天井を打つ"と暗示したと考えているようだが、このツイートは"ゴールドマンサックスが市場に参入する時は、同社が顧客から奪う新たな方法を考え出したことを意味する"という点を指摘することを目的としている』と説明しています。

ビットコイン価格は昨年12月に2017年末の過去最高値を突破して以降は上昇し続けているため、今後の下落には警戒が必要であると考えられますが、ストック・フロー(S2F)モデルを用いてBTC価格予想を行っている著名アナリストPlanB氏などは以前から『ビットコイン価格が2021年12月までに10万ドル〜28万ドル(約1,000万円〜2,800万円)に達することは間違いない』と語っています。

>>「ロイター」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インフォテリア:シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と提携

インフォテリア:シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と提携

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ビットポイントジャパンを台湾側が提訴「約10億円」の賠償金支払い求める

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月14日〜20日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月14日〜20日

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

ライブチャット大手「BongaCams」ドージコイン決済に対応

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す