Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

by BITTIMES

米国の大手投資銀行「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)」が、法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることが「CNBC」の報道で明らかになりました。Goldman Sachsのデジタル資産部門責任者は「CNBC」の取材に応じた際に『全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っています。

こちらから読む:Bitfinex、カルダノ(ADA)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン技術の様々な活用方法を模索

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)の暗号資産・ブロックチェーン研究開発部門であるデジタル資産部門でグローバル責任者を務めているMatthew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏は「CNBC」の取材に応じた際に、ゴールドマンサックスが法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることを明らかにしました。

同社は現在「法定通貨連動型のデジタルトークンを発行して商業的に利用できるか」についての研究を進めているとのことで、現時点で研究は初期段階であるものの、潜在的なユースケースを模索していると伝えられています。

マクダーモット氏はインタビューの中で『全ての資産と負債がブロックチェーン上で管理され、全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っており、同社が分散型台帳技術(DLT)の様々なユースケースについて調査していることを明らかにしています。

しかしこれらの取り組みでは「他の銀行・機関投資家・規制当局」などとの合意形成が重要となるため、マクダーモット氏は「業界のコンソーシアム」が最善の方法であると付け足しており、ブロックチェーンなどの技術は世界の金融市場全体で多くのユーザーを獲得した場合にのみ普及すると語っています。

しかしながらマクダーモット氏は「ブロックチェーンなどの新しい技術によって現状が破壊されることになるだろう」とみているとのことで、ビットコイン(BTC)への関心が"個人投資家・富裕層"から"機関投資家"へと移ってきていることが指摘されている他、『機関投資家を中心に仮想通貨への興味関心が再び高まっているのは間違いない』と述べているとも報告されています。

大手銀行・金融機関が「独自のデジタル通貨」を発行する動きは強まってきており、2019年2月には「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が「JPMコイン」を発表している他、「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)」の独自デジタル通貨「coin(コイン)」も2020年度下期に発行される予定だと報告されています。

>>「CNBC」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

ブロックチェーンで「デジタル取引」促進へ|インド決済公社が導入を検討

ベンツやポルシェも仮想通貨決済で!北米の高級車ディーラーが3銘柄受け入れ

ベンツやポルシェも仮想通貨決済で!北米の高級車ディーラーが3銘柄受け入れ

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

Flare Networks「ステラ(XLM)」と「ドージコイン(DOGE)」のサポートを示唆

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す