Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

by BITTIMES

米国の大手投資銀行「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)」が、法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることが「CNBC」の報道で明らかになりました。Goldman Sachsのデジタル資産部門責任者は「CNBC」の取材に応じた際に『全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っています。

こちらから読む:Bitfinex、カルダノ(ADA)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン技術の様々な活用方法を模索

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)の暗号資産・ブロックチェーン研究開発部門であるデジタル資産部門でグローバル責任者を務めているMatthew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏は「CNBC」の取材に応じた際に、ゴールドマンサックスが法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることを明らかにしました。

同社は現在「法定通貨連動型のデジタルトークンを発行して商業的に利用できるか」についての研究を進めているとのことで、現時点で研究は初期段階であるものの、潜在的なユースケースを模索していると伝えられています。

マクダーモット氏はインタビューの中で『全ての資産と負債がブロックチェーン上で管理され、全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っており、同社が分散型台帳技術(DLT)の様々なユースケースについて調査していることを明らかにしています。

しかしこれらの取り組みでは「他の銀行・機関投資家・規制当局」などとの合意形成が重要となるため、マクダーモット氏は「業界のコンソーシアム」が最善の方法であると付け足しており、ブロックチェーンなどの技術は世界の金融市場全体で多くのユーザーを獲得した場合にのみ普及すると語っています。

しかしながらマクダーモット氏は「ブロックチェーンなどの新しい技術によって現状が破壊されることになるだろう」とみているとのことで、ビットコイン(BTC)への関心が"個人投資家・富裕層"から"機関投資家"へと移ってきていることが指摘されている他、『機関投資家を中心に仮想通貨への興味関心が再び高まっているのは間違いない』と述べているとも報告されています。

大手銀行・金融機関が「独自のデジタル通貨」を発行する動きは強まってきており、2019年2月には「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が「JPMコイン」を発表している他、「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)」の独自デジタル通貨「coin(コイン)」も2020年度下期に発行される予定だと報告されています。

>>「CNBC」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者に就任

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン企業「EQUI Global」の共同設立者に就任

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイト公開

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイト公開

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:マンチェスター・シティFCの「$CITYトークン」本日取引開始

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

プロが選んだアート作品を小口購入「crowd ART」公開|NFT発行なども予定

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

FXcoin:ビットコイン(BTC)の「出庫手数料引き下げキャンペーン」開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:トルコのサッカークラブ「Bursaspor」の公式ファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す