Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

by BITTIMES

米国の大手投資銀行「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)」が、法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることが「CNBC」の報道で明らかになりました。Goldman Sachsのデジタル資産部門責任者は「CNBC」の取材に応じた際に『全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っています。

こちらから読む:Bitfinex、カルダノ(ADA)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン技術の様々な活用方法を模索

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)の暗号資産・ブロックチェーン研究開発部門であるデジタル資産部門でグローバル責任者を務めているMatthew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏は「CNBC」の取材に応じた際に、ゴールドマンサックスが法定通貨に連動した独自トークンの開発を計画していることを明らかにしました。

同社は現在「法定通貨連動型のデジタルトークンを発行して商業的に利用できるか」についての研究を進めているとのことで、現時点で研究は初期段階であるものの、潜在的なユースケースを模索していると伝えられています。

マクダーモット氏はインタビューの中で『全ての資産と負債がブロックチェーン上で管理され、全ての取引がブロックチェーン上で行われる金融システムが今後5〜10年ほどで登場する可能性がある』との考えを語っており、同社が分散型台帳技術(DLT)の様々なユースケースについて調査していることを明らかにしています。

しかしこれらの取り組みでは「他の銀行・機関投資家・規制当局」などとの合意形成が重要となるため、マクダーモット氏は「業界のコンソーシアム」が最善の方法であると付け足しており、ブロックチェーンなどの技術は世界の金融市場全体で多くのユーザーを獲得した場合にのみ普及すると語っています。

しかしながらマクダーモット氏は「ブロックチェーンなどの新しい技術によって現状が破壊されることになるだろう」とみているとのことで、ビットコイン(BTC)への関心が"個人投資家・富裕層"から"機関投資家"へと移ってきていることが指摘されている他、『機関投資家を中心に仮想通貨への興味関心が再び高まっているのは間違いない』と述べているとも報告されています。

大手銀行・金融機関が「独自のデジタル通貨」を発行する動きは強まってきており、2019年2月には「JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)」が「JPMコイン」を発表している他、「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)」の独自デジタル通貨「coin(コイン)」も2020年度下期に発行される予定だと報告されています。

>>「CNBC」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

ブロックチェーン技術で『信頼できるジュエリー業界』誕生か

ブロックチェーン技術で『信頼できるジュエリー業界』誕生か

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

68億円盗難?John McAfee人生最大の事件発生|消えたトークンの行方は

68億円盗難?John McAfee人生最大の事件発生|消えたトークンの行方は

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月22日〜28日

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

Chiliz&Socios:NBAチーム「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」と提携

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す