Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

by BITTIMES

暗号資産投資信託を手掛けている米国の大手仮想通貨運用会社「Grayscale(グレースケール)」の親会社である「Digital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)」は、2021年3月10日にグレースケールのビットコイン投資信託(Grayscale Bitcoin Trust/GBTC)を2億5,000万ドル(約270億円)分購入する計画を発表しました。

こちらから読む:トロン(Tron/TRX)国内取引所上場へ「暗号資産」関連ニュース

Grayscale親会社「約270億円分のGBTC購入」を計画

デジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group/DCG)は2021年3月10日に、Grayscale(グレースケール)のビットコイン投資信託(Grayscale Bitcoin Trust/GBTC)を2億5,000万ドル(約270億円)分購入する計画を発表しました。

デジタル・カレンシー・グループは仮想通貨投資信託を手掛けている米国最大級の仮想通貨運用会社「Grayscale(グレースケール)」の親会社であり、35カ国以上で175を超えるブロックチェーン関連企業を支援している他、複数のデジタル資産に直接投資を行なっています。

同社の発表によると、DCGは手持ちの現金を購入資金に充てることを計画しているとのことで、GBTCの新規発行に参加するのではなく、公開市場で購入すると説明されています。

なお、今回の発表はあくまでも『GBTCに投資する予定である』という報告であり、「購入のタイミング」や「実際に投資する金額」などは確定していないことも説明されています。実際にGBTCを購入する際には、財務資産にある現金やGBTCの価格などを考慮して行うとのことです。

Grayscaleは「GBTCの私募」を一時停止

2021年3月11日には、デジタル・カレンシー・グループの子会社である「Coindesk」の報道で『グレースケールがGBTCの私募(新規受付)を一時的に停止したこと』も明らかにされています。

一時停止の理由については明らかにされていないものの、GBTCの価格は過去数週間に渡ってビットコイン価格を下回って推移していたため、GBTCの需要などが一時停止の背景にあると考えられています。

>>「Digital Currency Group」の発表はこちら
>>「Coindesk」の報道はこちら

2021年3月11日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今月1日に460万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年3月11日時点では「1BTC=6,073,542円」で取引されています。

2021年2月9日〜2021年3月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年2月9日〜2021年3月11日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

日本がビットコイン取引量で世界一になった理由

日本がビットコイン取引量で世界一になった理由

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月7日〜13日

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ビットバンク「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

ビットバンク「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す