アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

by BITTIMES

アメコミの大手出版社である「DC Comics(DCコミックス)」が『Non-Fungible Token(NFT)を活用したデジタルアート作品の販売』に参入する機会を模索していることが明らかになりました。仮想通貨業界では「ワンダーウーマンのNFTが総額185万ドル(約2億円)で販売されたこと」などが話題となっていましたが、DCコミックスはこれらのNFTに関する注意喚起も行なっています。

こちらから読む:コイントレード、暗号資産取引サービス提供開始「暗号資産」関連ニュース

DCコミックス「NFT市場への参入機会」を模索

DC Comics(DCコミックス)は「Marvel Comics(マーベル・コミックス)」と並ぶアメリカン・コミックス(アメコミ)の二大出版社の1社であり、「スーパーマン・スーパーガール・バットマン・ワンダーウーマン」などといった世界的に有名な作品を数多く出版しています。

ここ最近では元DCコミックスアーティストであるJosé Delgo氏が「ワンダーウーマンのNFT」を販売して総額185万ドル(約2億円)を稼いだことなどが話題となっていましたが、今回の報道では同社の法務部門で上級副社長を務めているJay Kogan氏が、DCコミックスに雇用されているフリーランスアーティストなどに宛てた書簡の中で『DCコミックスは"NFTを活用したデジタルアート作品の配布・販売市場に参入する機会を模索している』と語ったことが明らかになりました。

具体的には「NFT市場向けに特別に作成された新しいアート作品」と「過去にDCコミックスで出版されたオリジナルアート作品」の両方が検討されているとのことで『DCはNFT市場を調査して、ファンやコレクターを含む全ての関係者のための合理的かつ公正なソリューションに取り組んでいる』と説明されています。

「既存のDCコミックス関連NFT」に関する注意喚起も

DC Comics(DCコミックス)は今回の書簡の中で『DCの知的財産に関連するデジタル画像などを契約の範囲外で作成・販売することは許可されていない』といった内容の注意喚起も行なっています。

書簡の中では『NFTであるかどうかに関わらず、DCの知的財産を特徴とするデジタル画像販売の申し出に注意してください』とも書かれており、『DCアートをNFTプログラムに含める提案を受けた場合には、DCのタレントサービス担当副社長であるLawrence Ganem氏に知らせてください』と説明されています。

「ワンダーウーマンのNFT販売」が話題となったのは今月上旬であるため、今回の書簡はJosé Delgo氏のNFT販売が注目を集めたことを考慮して送られたものであると考えられます。

「既存のDCコミックス関連NFT」については注意喚起がなされているものの、DCコミックスは今回の書簡の中で『正式にNFT市場に参入する機会を模索していること』を明かしているため、DCコミックスの公式NFTが発売されれば再び大きな注目が集まることになると予想されます。

今回の書簡の中ではDCコミックスのNFTプログラムについて『利用可能になり次第、さらに情報共有する』と説明されているため、今後の新たな発表・報道にも注目です。

>>「リークされた書簡」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マイク・タイソン:ブロックチェーンプロジェクト「Fight to Fame」との関与を否定

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

注目度の高い仮想通貨ニュース

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す