クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

by BITTIMES

ブロックチェーンゲームなどの開発を行なっている「CryptoGames株式会社」は2021年4月1日に、同社が運営しているNFTカードゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」において、クリエイターがゲーム内で使用可能なNFTを発行できる『審査制のクリエイターNFT発行プログラム』を開始することを発表しました。

こちらから読む:メルカリ、暗号資産関連子会社"メルコイン"設立へ「国内ニュース」

「CryptoSpellsで利用可能なNFTカード」発行可能に

(画像:CryptoGames)(画像:CryptoGames)

CryptoGames株式会社は2021年4月1日に、同社が運営しているNFTカードゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」において、クリエイターがゲーム内で使用可能なNFTを発行できる『審査制のクリエイターNFT発行プログラム』を開始することを発表しました。

『クリエイターNFT発行プログラム』は、大会やランク戦以外で使用できる「クリスぺS」のカードを発行することができるサービスであり、所定のフォームから「.jpg」または「.jpeg」の形式で入稿を行うことによって、無料でクリプトスペルズのゲーム内で利用可能なカードを発行できると説明されています(発行枚数は素材1種類に対してNFT1枚)。

『発行時点のカードはNFTではない』とされているものの、カードはゲーム内のマーケットなどで売買することができ、NFT化の手数料を支払えばゲーム外に送金したり、外部NFTマーケットで自由にトレード・売買することが可能だとされています。

なお『クリエイターNFT発行プログラム』を通じて発行されたカードのレアリティは「ゴールド」となるものの、カードの能力値はブロンズカードと同程度の強さになると説明されています。また『カードの能力は指定不可で、文明(カード枠の色)のみ希望可、・強いカードの発行には、スピリット素材の入手が必要となる』とも説明されています。

二次流通手数料に関しては『管理が困難であるため"なし"に設定されている』と説明されており、カード発行時には「審査基準非公開の審査」を実施、カード発行前には著作権確認のための「CryptoGames社との契約書の締結」が必須になるとのことです。

『クリエイターNFT発行プログラム』の詳細は以下の公式発表ページで確認することができます。

>>「クリエイターNFT発行プログラム」の詳細はこちら
>>「応募フォーム」はこちら
>>「クリプトスペルズ」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

【Chiliz&Socios】合計6チームの「ファントークンオファリング(FTO)」開催へ

【Chiliz&Socios】合計6チームの「ファントークンオファリング(FTO)」開催へ

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ロシア語圏の大手暗号資産取引所「EXMO.COM」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

Bank of America「ブロックチェーン基盤の株式取引ネットワーク」に参加

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

Square社CFO「ビットコイン投資戦略は変わらない」一部報道の誤解について説明

Square社CFO「ビットコイン投資戦略は変わらない」一部報道の誤解について説明

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

Coinbase Pro「ポルカドット(DOT)」取扱いへ|24時間で14%価格上昇

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ローカルビットコイン「ADA・LINK・DOGE」など複数のアルトコインをサポート

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す