NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

by BITTIMES

GUCCI(グッチ)などを含めた複数の有名高級ファッションブランドが「Non-Fungible Token(NFT)」のリリースに向けて準備を進めていることが「Vogue Business」の報道で明らかになりました。今回の報道では『グッチのような高級ファッションブランドがNFTをリリースするのは時間の問題である』と報じられています。

こちらから読む:MicroStrategy、16億円相当のBTCを追加購入「暗号資産」関連ニュース

複数の高級ブランドが「NFT」に関心

GUCCI(グッチ)などを含めた複数の有名高級ファッションブランドが「Non-Fungible Token(NFT)」のリリースに向けて準備を進めていることが「Vogue Business」の報道で明らかになりました。

「Vogue Business」が"複数の業界関係者の話"として報じた内容によると、『グッチのような高級ファッションブランドがNFTをリリースするのは時間の問題である』とされており、ファッションブランドと連携しているブロックチェーンプラットフォーム「Lukso(ルクソ)」の創設者であるMarjorie Hernandez氏は『ここ数ヶ月間話してきた全てのファッション関係者が"NFTを活用するとどのようなことができるか"について尋ねてきた。問題は"誰が最初に引き金を引くか"ということだ』と語ったと報じられています。

問題は「誰が最初に引き金を引くか」ということです。高級ブランドはeコマースのトレンドに遅れをとっていたため、ブロックチェーンなどの新しいテクノロジーを試すことに意欲を高めています。

ファッション分野のNFTは「まだ初期段階」

Non-Fungible Token(NFT)は既に「アート音楽ゲーム・ファッション」などといった様々な分野で活用されていますが、今回の報道では『特にファッションに関してはまだ技術活用の初期段階である』とも指摘されています。

「Vogue Business」の報道によると、最新テクノロジーやバーチャル商品の活用方法についてブランドにアドバイスを行なっている「Futures Intelligence Group」のCEOであるCathy Hackl氏は『現在、NFT形式で販売されているファッションは"アート"としてのファッションであり、必ずしも実用性のあるものではない。最終的にはより実用的になっていくだろうが、私たちはまだそこまで至っていない』と語っていると伝えられています。

今回の記事では、ブロックチェーン技術を活用して構築された仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」の世界も紹介されており、『Decentraland上では既にパーカーやスニーカーなどのNFTアイテムを購入して使用することができる』ということが説明されていますが、『イーサリアムウォレットをブラウザに設定する煩わしさは、高級ブランドの顧客の参入を妨げる障壁となる可能性がある』ということも指摘されています。

ファッション×NFT活用事例「Neuno(ニューノ)」

今回の報道では、5つの高級ファッションブランドとNFT販売に向けた取り組みを進めているシドニー拠点のファッション・コレクターズ・プラットフォーム「Neuno(ニューノ)」でのNFT活用事例も紹介されています。

Neuno(ニューノ)のCEOであるNatalie Johnson(ナタリー・ジョンソン)氏は『私たちはあらゆるものに接続可能な普遍的な3Dワードローブになる』と語っており、『NFT形式のドレスを1つ購入するだけで、そのドレスを着用している写真をSNSに投稿したり、ゲーム内のアバターにドレスを着せたりといったように様々な方法でそのNFTドレスを活用できるようになる』と説明しています。

またNeunoは『暗号資産を保有していなければNFTを購入することができない』という問題に対処するために、クレジットカードでNFTを購入できるようにすることによって簡単にNFTを購入できる仕組み作りにも取り組んでいると報告されています。

「衣類+NFT」のセット販売という活用法

「Vogue Business」は最も簡単な"ファッションNFT"の例として『"実在する衣類とセットになったNFT"を発行すること』を挙げており、ファッションNFT購入者に対して「そのNFTに紐づけられた本物の衣類」を付与するといった販売方法を説明しています。

ラグジュアリーアイテムのオンライン小売業者である「Clothia」は、現在そのようなNFTドレスのオークションを行なっているとのことで、ClothiaのCEOであるElena Silenok氏は『ブランドは既存の商品をデジタル化するだけでなく、NFTを新しい収益源と見なすことができる』とコメントしています。

これまでには『有名ブランドのスニーカーなどが本物であることをブロックチェーンで証明する』といった取り組みなども行われていたため、今後はそのような取り組みにNFTを活用して『衣類を購入すると、仮想空間上で着用可能なNFTもついてくる』といった事例も増加していくことになると期待されます。

>>「Vogue Business」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

Flare「FlareDashboard」と提携|FTSOなどの情報提供でコミュニティの透明性向上

Flare「FlareDashboard」と提携|FTSOなどの情報提供でコミュニティの透明性向上

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

注目度の高い仮想通貨ニュース

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す