米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナーであるHester Peirce(へスター・ピアース)氏は2021年4月13日に、トークンセールの免除規定法案提案である「セーフハーバー・ルール」を更新した最新バージョンをリリースしたことを発表しました。最新版の提案では『3年間の猶予期間中に分散化を完了させ、半年に1度レポートを提出すれば証券登録が免除される』といった内容が提案されています。

こちらから読む:マネックス証券、"コインベース株"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

一定条件を満たせば「証券登録」を免除

「クリプトママ」の愛称で知られる米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナーHester Peirce(へスター・ピアース)氏は2021年4月13日に、トークンセールの免除規定法案提案である「セーフハーバー・ルール」を更新した最新バージョンをリリースしたことを発表しました。

「セーフハーバー・ルール」は、暗号資産の販売(トークンセール)に関して「一定の基準を満たした場合には既存の規制などに抵触しない」とする免除規定を定める提案であり、『ネットワーク開発者に3年間の猶予期間を提供すること』を目指しています。この提案は米国が仮想通貨やブロックチェーンのイノベーションに乗り遅れないようにするために2020年2月に最初に提案されたものの、今のところSECには採用されていない状態となっています。

セーフハーバー・ルールの最新バージョンでは『仮想通貨プロジェクトには3年間の猶予期間が与えられ、非中央集権型ネットワークの構築に向けた取り組みを行なっている場合は、3年間は中央集権的でも証券としての登録を免除される』といった内容が追加されており、以下3つの重要な変更が加えられたことも報告されています。

  • トークン購入者を保護するために、プロジェクトや開発者は半年ごとに開発活動の現状報告を行い、ブロックエクスプローラーを提供する必要がある
  • 3年間の猶予期間終了後に「ネットワークが分散化・機能している理由」について説明を行う外部顧問によって作成された報告書を開示する必要がある
  • 「十分に分散化されていない」と認定された場合には証券登録を行う必要がある

これらの内容は現時点で提案であるものの、このルールが採用されれば「仮想通貨プロジェクトは3年間の猶予期間中にネットワーク分散化を完了させ、半年に1回レポートを提出すれば証券としての登録を免除される」ということになるため、これまで議論が続けられてきた『どの仮想通貨が証券に該当するか』という問題が1歩解決に向かい、米国における仮想通貨・ブロックチェーンの開発活動が活発化する可能性があると期待されています。

>>「米国証券取引委員会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

話題の国際送金アプリが遂にリリース|リップル(XRP)

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

北朝鮮ハッカー集団は「仮想通貨業界の重要問題」2017年以降で30億ドル相当以上の被害

北朝鮮ハッカー集団は「仮想通貨業界の重要問題」2017年以降で30億ドル相当以上の被害

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

注目度の高い仮想通貨ニュース

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す