英NatWest銀行:暗号資産受け入れ企業へのサービス提供「拒否」する可能性

by BITTIMES

イギリス・ロンドンに本拠を構える商業銀行「NatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)」が、暗号資産(仮想通貨)による支払いを受け入れる企業へのサービス提供を拒否する可能性があることがイギリスの大手メディア「The Guardian」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:FCバルセロナのトークン、BINANCEに上場「暗号資産」関連ニュース

暗号資産は「高リスクな資産」だと判断

イギリスの大手メディア「The Guardian」の報道によると、イギリス・ロンドンに本拠を構える商業銀行NatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)は仮想通貨を受け入れるビジネス顧客へのサービス提供を拒否する可能性があると報告されています。

報道によると、NatWestのリスク管理責任者であるMorten Friis氏は『私たちは暗号資産を高リスクだと考えているため、暗号資産対して慎重なアプローチをとっている。暗号資産は現在規制整備が進められている分野であるため、状況が変化した時にそれらに対応する』と語ったと報告されています。

ここ最近では、電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」、コワーキングスペース「WeWork(ウィーワーク)」、化粧品会社「Lush(ラッシュ)」などといった複数の企業が仮想通貨決済に対応することを発表していましたが、今回の報道では『NatWestはこのような仮想通貨決済に対応する計画を発表した企業を遠ざける可能性がある』と報じられています。

仮想通貨への厳しい対応が続くイギリス

イギリスの金融規制当局である「金融行動監視機構(FCA)」は以前から仮想通貨投資家などに対して"仮想通貨投資に伴うリスク"について警告を行っており、『暗号資産への投資やそれに関連する投資・貸付には非常に高いリスクが伴う。これらの製品に投資する場合には、全てのお金を失う準備をする必要がある』と説明しています。

また、2020年10月6日には「個人投資家向けの暗号資産デリバティブ商品販売」が正式に決定されたため、暗号資産デリバティブ取引所である「Bybit(バイビット)」は今年3月に『英国居住者向けサービスを停止すること』を発表しています。

さらに今月は、イギリス・ロンドンに本社を構える世界最大級のメガバンク「HSBC」のオンライン取引プラットフォームである「HSBC Invest Direct(HIDC)」が、同社の顧客に対してビットコインに大規模な投資を続けていることでも知られる「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」の株式を『購入しないように』と指示するメッセージを送ったことなども報告されているため、イギリスでは今後このような事例が増えていく可能性があると予想されます。

なお、イギリスの中央銀行である「イングランド銀行」と「英大蔵省」は2021年4月19日に『中央銀行デジタル通貨(CBDC)の可能性を調査することを目的としたタスクフォースを共同設立したこと』も発表しています。

>>「The Guardian」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

イラストレーターがNFTアート作品を発行できる「NFT Studio」公開へ:CryptoGames

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す