英NatWest銀行:暗号資産受け入れ企業へのサービス提供「拒否」する可能性

by BITTIMES

イギリス・ロンドンに本拠を構える商業銀行「NatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)」が、暗号資産(仮想通貨)による支払いを受け入れる企業へのサービス提供を拒否する可能性があることがイギリスの大手メディア「The Guardian」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:FCバルセロナのトークン、BINANCEに上場「暗号資産」関連ニュース

暗号資産は「高リスクな資産」だと判断

イギリスの大手メディア「The Guardian」の報道によると、イギリス・ロンドンに本拠を構える商業銀行NatWest(ナショナル・ウエストミンスター銀行)は仮想通貨を受け入れるビジネス顧客へのサービス提供を拒否する可能性があると報告されています。

報道によると、NatWestのリスク管理責任者であるMorten Friis氏は『私たちは暗号資産を高リスクだと考えているため、暗号資産対して慎重なアプローチをとっている。暗号資産は現在規制整備が進められている分野であるため、状況が変化した時にそれらに対応する』と語ったと報告されています。

ここ最近では、電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」、コワーキングスペース「WeWork(ウィーワーク)」、化粧品会社「Lush(ラッシュ)」などといった複数の企業が仮想通貨決済に対応することを発表していましたが、今回の報道では『NatWestはこのような仮想通貨決済に対応する計画を発表した企業を遠ざける可能性がある』と報じられています。

仮想通貨への厳しい対応が続くイギリス

イギリスの金融規制当局である「金融行動監視機構(FCA)」は以前から仮想通貨投資家などに対して"仮想通貨投資に伴うリスク"について警告を行っており、『暗号資産への投資やそれに関連する投資・貸付には非常に高いリスクが伴う。これらの製品に投資する場合には、全てのお金を失う準備をする必要がある』と説明しています。

また、2020年10月6日には「個人投資家向けの暗号資産デリバティブ商品販売」が正式に決定されたため、暗号資産デリバティブ取引所である「Bybit(バイビット)」は今年3月に『英国居住者向けサービスを停止すること』を発表しています。

さらに今月は、イギリス・ロンドンに本社を構える世界最大級のメガバンク「HSBC」のオンライン取引プラットフォームである「HSBC Invest Direct(HIDC)」が、同社の顧客に対してビットコインに大規模な投資を続けていることでも知られる「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」の株式を『購入しないように』と指示するメッセージを送ったことなども報告されているため、イギリスでは今後このような事例が増えていく可能性があると予想されます。

なお、イギリスの中央銀行である「イングランド銀行」と「英大蔵省」は2021年4月19日に『中央銀行デジタル通貨(CBDC)の可能性を調査することを目的としたタスクフォースを共同設立したこと』も発表しています。

>>「The Guardian」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

Ripple社CTO「私はサトシ・ナカモトではない」と説明|BTC売却しているとの発言も

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

コンテンツ投稿で仮想通貨が稼げる「Baskadia」正式版リリース

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

韓国ヒュンダイ関連企業:暗号資産関連で「3つの商標」を登録

シンクロライフ:貯めた仮想通貨で「サーティワンなどのeギフト購入」が可能に

シンクロライフ:貯めた仮想通貨で「サーティワンなどのeギフト購入」が可能に

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

注目度の高い仮想通貨ニュース

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

ビットポイント:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ|上場キャンペーンも開催

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す