日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

by BITTIMES

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は2021年4月26日に「Non-Fungible Token(NFT)関連のビジネスを検討する事業者向けのガイドライン」を公開しました。このガイドラインはJCBAに加盟する事業者がNFT関連ビジネスに参入する際に考慮すべき論点を整理したものとなっており、「事業者の参入促進・NFT関連サービスの適正かつ円滑な運営実現・安心安全な利用環境の提供・健全な市場育成・商品やサービスの選択肢拡充」などを目指す目的があると説明されています。

こちらから読む:コインチェック、NFT事業で"Game8"と連携「国内ニュース」

JCBA「NFTビジネスに関するガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は2021年4月26日に、Non-Fungible Token(NFT)関連の事業機会・リスクなどについての検討・論点整理、販売・流通のルール整備などを行うことを目的として活動している「NFT部会」が中心となって『NFT関連ビジネスを検討する事業者に向けのガイドライン』を作成したことを発表しました。

今回公表されたガイドラインは「JCBAに加盟する事業者がNFT関連ビジネスに参入する際に考慮すべき論点を整理したもの」となっており、このガイドラインを作成することによって『事業者の参入を促進し、かつ、会員企業によるNFT関連サービスの適正かつ円滑な運営を実現、ひいてはユーザーにとって安心・安全な利用環境を提供し、健全な市場育成や充実した商品やサービスの選択肢拡充のベースになることを目指す』と説明されています。

Non-Fungible Token(NFT)はすでに「ゲーム内アイテム・トレーディングカード・芸術・骨董品・著作権物・電子債権」などといった様々な分野で活用されていますが、JCBAは『利用用途が多岐に渡るが故に、既存及び新規のビジネスにおける各プレイヤーによる整理の方向性が異なっている』と指摘しています。

今回作成されたガイドラインはそのような方向性の違いを整理するためのものであり、同ガイドラインを作成する際には既存のルールと整合性を取るために「一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)」や「一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)」との意見交換も行なったと説明されています。

なお、今回公開された『NFTビジネスに関するガイドライン』では以下のような複数の項目に分けて詳しく説明が行われており、各項目の中でも詳しい解説がなされています。

  1. NFTのユースケース
  2. NFTの法的性質
  3. 賭博
  4. 景表法
  5. 匿名性とプライバシー
  6. セキュリティ
  7. ユーザー保護
  8. 新規NFTの取扱い

「NFTビジネスに関するガイドライン」の一部(画像:JCBA)「NFTビジネスに関するガイドライン」の一部(画像:JCBA)

今後の取り組みについては、NFTが今後さらに多くの業界・業種で活用されていくことを考慮した上で『業界内外の関連する団体や官公庁との間で建設的な議論を継続的に行い、NFTに対する認識を共有し理解を深めるとともに、業界や市場の変化に応じて、随時本ガイドラインの見直しを行っていく』と説明されており、『今後NFT部会では今回作成したガイドラインを基にしてNFTのユースケースを取りまとめ、会員企業のビジネス活性化を目指していく』とも説明されています。

>>「日本暗号資産ビジネス協会」の公式発表はこちら
>>「NFTビジネスに関するガイドライン(PDF版)はこちら」
>>「NFTビジネスに関するガイドライン(HTML版)はこちら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

意外と知られていない、ビットコインに関する「5つの事実」

意外と知られていない、ビットコインに関する「5つの事実」

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】スペインのサッカークラブ「レバンテUD」の$LEVファントークン発行へ

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

バイナンス:独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」公開へ

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

ビットポイント・TAOTAO「第一種金融商品取引業」の登録を完了

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す