BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」で、ネム(NEM/XYM)の新通貨であるシンボル(Symbol/XYM)の出金が可能になったことが明らかになりました。BINANCEはXYMの出金を先月開始した後すぐに停止していましたが、現在は再び出金が可能となっています。

こちらから読む:ドージコイン価格、70円台まで上昇「暗号資産」関連ニュース

BINANCEで「XYMの出金」が可能に

BINANCE(バイナンス)は2021年3月23日にシンボル(Symbol/XYM)の配布を完了し、XYM出金開始の推定日時については『2021年4月30日1時00分』と発表していましたが、その後は予定時刻が複数回に渡って変更されており、2021年4月25日には一度XYMの出金を開始したものの、その後はエラーなどによって出金が再度停止される状態が続いていました。

しかし、先日5月5日には再びXYMの出金が再開されており、記事執筆時点でも出金可能な状態となっているため、今後は自由にXYMの出金が行えるようになると期待されます。なお、現在利用可能なのは「XYMの出金のみ」となっており、XYMの出金手数料は「0.1XYM」となっています。

(画像:BINANCE)(画像:BINANCE)

BINANCEから「XYM取引サービスの開始時期」についての発表は行われていませんが、「bitrue、ProBit、Gate.io、HBTC、AEX、KuCoin」などといった複数の海外取引所ではXYMの取引サービスが既に開始されているため、今後はBINANCEからその他の取引所にXYMを移動してトレードする投資家も増えていくと予想されます。

日本では「Zaif」がXYMの配布・取引開始を予定

日本では「Zaif Exchange(ザイフ)」が『2021年5月10日から対象者にXYMを順次配布する』と発表しており、以下のようなスケジュールでXYMの取引・入出金サービスも開始すると発表しています。

【Zaifのスケジュール】
2021年5月10日以降:XYMの順次付与開始
2021年5月17日:XYMのOrderbook tradingでの取扱開始予定
2021年5月19日:XYMの販売所取引(簡単売買)での取扱開始予定
2021年5月末:XYMの入出金申請を開始予定

なお、長期的にXYMを保有しようと考えている場合には、Symbol(XYM)の「デスクトップウォレット」や「スマホ向けウォレットアプリ」に10,000XYM以上を保管することによって、"デリゲートハーベスティング"で報酬を得ることも可能です。

Symbol(XYM)のデスクトップウォレットは「GitHubページ」から、Symbol(XYM)のスマホ向けウォレットアプリは「Apple・Googleのアプリストア」からダウンロードすることが可能です(デスクトップ版は自分のPC環境に合ったものをダウンロードしてください)。

>>「Symbolデスクトップウォレット」はこちら
>>「ウォレットアプリ(iPhone・iPad版)」はこちら
>>「ウォレットアプリ(Android版)」はこちら

2021年5月6日|シンボル(Symbol/XYM)の価格

シンボル(Symbol/XYM)の価格は今年3月に80円近くまで上昇したものの、その後は下落傾向が続いており、2021年5月6日時点では「1XYM=25.75円」で取引されています。

2021年3月19日〜2021年5月6日 XYMの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年3月19日〜2021年5月6日 XYMの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

仮想通貨が貯まるグルメSNS「シンクロライフ」加盟店拡大へ|GINKANがオリコと提携

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

MicroStrategy「10億円相当のビットコイン」を追加購入

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

ディーカレット:販売所3銘柄で「スプレッド原則固定キャンペーン」開催へ

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

BINANCE「スポット取引(現物取引)の使い方」を解説|スマホアプリ・パソコンでの操作方法

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

タイ証券取引委員会:NFT・ファントークンなど「仮想通貨4種類の取扱い」を禁止

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

Grayscale親会社「イーサリアムクラシック投資信託(ETCG)への投資計画」を発表

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

エチオピア政府にビットコイン活用を提案「Project Mano」が話題に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す