ファイルコイン:無料のNFT向け分散型ストレージ「NFT.Storage」を公開

by BITTIMES

ファイルコイン(Filecoin/FIL)は2021年4月29日に、Non-Fungible Token(NFT)用の分散型ファイル保存システムである『NFT.Storage』を発表しました。「NFT.Storage」を使用すると、開発者はNFTデータをIPFSの分散型ネットワークに簡単かつ安全に無料で保存できると説明されています。

こちらから読む:OKCoinJapan、国内初"OKB"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

NFTコンテンツを「IPFSで簡単かつ安全に長期保存」

ファイルコイン(Filecoin/FIL)は2021年4月29日に、Non-Fungible Token(NFT)用の分散型ストレージである『NFT.Storage』を発表しました。このサービスは「Protocol Labs」と「Pinata」の支援によって開発されたものだと報告されています。

NFT.Storageは無料で利用できるNFT用の分散型ファイル保存システムとなっており、『NFT.Storageを使用すると、開発者はFilecoinを使用してNFTコンテンツとメタデータをIPFSの分散型ネットワークに簡単かつ安全に保存でき、全てのNFTに最も効率的な方法で長期的にアクセスできるようになる』と説明されています。

「Protocol Labs」のエンジニアリングマネージャーであるMikeal Rogers氏は、公式発表の中で「NFT.Storage」について次のように語っています。

NFTは人類の文化遺産の一部であるため、長期的にアクセスできるようにデータを設計することは非常に重要です。コンテンツアドレス指定と分散型ストレージネットワークによって「デジタルアートワーク・バスケットボールカード・仮想不動産」などが安全で長期的に利用可能であることが保証されます。『NFT.storage』を使用すると、IPFSとFilecoinの回復力のある永続性を通じて、最も効率的な方法でNFTを完全に摩擦なく作成できます。

具体的な仕組みとしては、「NFT.Storage」にユーザーがデータをアップロードすると、各コンテンツに『CID』と呼ばれるIPFSのハッシュ値が割り当てられることになっており、プラットフォーム上の任意の場所で資産を検索・参照するために使用できる『フィンガープリント(*1)』が提供されるため、ユーザーは任意のパブリックIPFSゲートウェイを介して直接コンテンツを見つけることができるとされています。
(*1)フィンガープリント:デジタルコンテンツの同一性を確認するために使用される値のこと

「NFT.Storage」の詳細は以下の『Filecoinの公式発表ページ』または『NFT.Storageの公式サイト』で確認することができます。

>>「Filecoinの公式発表」はこちら
>>「NFT.Storage」の公式サイトはこちら

2021年5月6日|ファイルコイン(FIL)の価格

ファイルコイン(Filecoin/FIL)の価格は先月末に14,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年5月6日時点では「1FIL=17,420円」で取引されています。

>>FILを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年3月11日〜2021年5月6日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)2021年3月11日〜2021年5月6日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

SBI VCトレード「テレビCM放映開始記念キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード「テレビCM放映開始記念キャンペーン(第2弾)」開催へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年10月23日〜29日

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

Zaif INO第1弾「Chain Colosseum Phoenix」のNFT販売、本日19時から開始

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

カルダノ・エイダ(ADA)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

NTTドコモ:Web3普及に向け「Astar Network」と協力

NTTドコモ:Web3普及に向け「Astar Network」と協力

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す