ファイルコイン:無料のNFT向け分散型ストレージ「NFT.Storage」を公開

by BITTIMES

ファイルコイン(Filecoin/FIL)は2021年4月29日に、Non-Fungible Token(NFT)用の分散型ファイル保存システムである『NFT.Storage』を発表しました。「NFT.Storage」を使用すると、開発者はNFTデータをIPFSの分散型ネットワークに簡単かつ安全に無料で保存できると説明されています。

こちらから読む:OKCoinJapan、国内初"OKB"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

NFTコンテンツを「IPFSで簡単かつ安全に長期保存」

ファイルコイン(Filecoin/FIL)は2021年4月29日に、Non-Fungible Token(NFT)用の分散型ストレージである『NFT.Storage』を発表しました。このサービスは「Protocol Labs」と「Pinata」の支援によって開発されたものだと報告されています。

NFT.Storageは無料で利用できるNFT用の分散型ファイル保存システムとなっており、『NFT.Storageを使用すると、開発者はFilecoinを使用してNFTコンテンツとメタデータをIPFSの分散型ネットワークに簡単かつ安全に保存でき、全てのNFTに最も効率的な方法で長期的にアクセスできるようになる』と説明されています。

「Protocol Labs」のエンジニアリングマネージャーであるMikeal Rogers氏は、公式発表の中で「NFT.Storage」について次のように語っています。

NFTは人類の文化遺産の一部であるため、長期的にアクセスできるようにデータを設計することは非常に重要です。コンテンツアドレス指定と分散型ストレージネットワークによって「デジタルアートワーク・バスケットボールカード・仮想不動産」などが安全で長期的に利用可能であることが保証されます。『NFT.storage』を使用すると、IPFSとFilecoinの回復力のある永続性を通じて、最も効率的な方法でNFTを完全に摩擦なく作成できます。

具体的な仕組みとしては、「NFT.Storage」にユーザーがデータをアップロードすると、各コンテンツに『CID』と呼ばれるIPFSのハッシュ値が割り当てられることになっており、プラットフォーム上の任意の場所で資産を検索・参照するために使用できる『フィンガープリント(*1)』が提供されるため、ユーザーは任意のパブリックIPFSゲートウェイを介して直接コンテンツを見つけることができるとされています。
(*1)フィンガープリント:デジタルコンテンツの同一性を確認するために使用される値のこと

「NFT.Storage」の詳細は以下の『Filecoinの公式発表ページ』または『NFT.Storageの公式サイト』で確認することができます。

>>「Filecoinの公式発表」はこちら
>>「NFT.Storage」の公式サイトはこちら

2021年5月6日|ファイルコイン(FIL)の価格

ファイルコイン(Filecoin/FIL)の価格は先月末に14,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年5月6日時点では「1FIL=17,420円」で取引されています。

>>FILを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年3月11日〜2021年5月6日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)2021年3月11日〜2021年5月6日 FILの価格チャート(画像:Coingecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

エストニア元首相:仮想通貨プロジェクト「Lympo」のアドバイザーに就任

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

ビットコインゴールド詐欺で3億円を超える被害が発生

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

Zaif:NEM取引で「10,000円相当のフィスココイン」が当たるキャンペーン開始

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

GMOコイン「最大全額キャッシュバックキャンペーン」開始

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

【世界初】エルサルバドル「ビットコインを法定通貨とする法案」を可決

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

ディエム協会:Diem USD発行で「シルバーゲート銀行」と提携|主要事業も米国に移転

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す