中南米のeコマース大手「Mercado Libre」ビットコイン8.5億円相当を購入

by BITTIMES

ラテンアメリカ最大のeコマースプラットフォームである「Mercado Libre(メルカド・リブレ)」が、2021年第1四半期に780万ドル(約8.5億円)相当の仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入したことが米国証券取引委員会(SEC)が公開した報告書で明らかになりました。中南米地域の大手企業がビットコインに投資したのは今回が初であると報告されています。

こちらから読む:OKCoinJapan、国内初"OKB"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

ビットコイン(BTC)「780万ドル相当」を購入

米国証券取引委員会(SEC)が公開した報告書によると、ラテンアメリカ最大のeコマースプラットフォームである「Mercado Libre(メルカド・リブレ)」は、2021年第1四半期に780万ドル(約8.5億円)相当のビットコインを購入したとされています。

Mercado Libre(メルカド・リブレ)は米国の大手証券取引所「NASDAQ(ナスダック)」に上場している時価総額8兆円超の大手企業であり、ラテンアメリカ地域で1億7,000万人以上のユーザーに利用されている人気のeコマースサイトを運営しています。

ビットコイン(BTC)を購入した具体的な時期については明らかにされていないものの、今回公開された書類は2021年第1四半期(2021年3月31日付)の書類であるため、ビットコインはそれ以前に購入されたと考えられます。公開された報告書では、ビットコインの購入について次のように記されています。

今四半期の財務戦略の一環として、780万ドル相当のビットコインを購入しました。このデジタル資産は、当社の耐用年数不確定無形資産の中で開示しています。

メルカド・リブレは以前から仮想通貨関連の取り組みを積極的に進めており、2019年には仮想通貨プロジェクト「Diem(旧:Libra)」の提携企業リストの中に含まれていた他、今年4月末には『Mercado Libreがビットコインで不動産を購入できるサービスを追加したこと』なども報告されています。

TeslaMicroStrategySquare、Meitu」など、ビットコインに投資する企業は続々と増えてきていますが、先月末にはオンラインゲームの開発・配信などを行っている東証1部上場企業「NEXON(ネクソン)」も1億ドル(約111億円)相当のビットコインを購入したことを発表しています。

>>「米国証券取引委員会が公開した書類」はこちら

2021年5月6日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日26日に510万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復しており、2021年5月6日時点では「1BTC=6,235,087円」で取引されています。

2021年2月5日〜2021年5月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年2月5日〜2021年5月6日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイス・チューリッヒ大学:2021年サマースクールに「Cardano/ADA」の授業を追加

スイス・チューリッヒ大学:2021年サマースクールに「Cardano/ADA」の授業を追加

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

Galaxy Digital創設者「Cardano/ADA」に関心|今後の投資に期待する声も

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)「2022年ロードマップ最新版」を公開

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

Huobi Japan:PS5・Apple Watchなど「豪華景品が当たるキャンペーン」開催へ

Huobi Japan:PS5・Apple Watchなど「豪華景品が当たるキャンペーン」開催へ

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

暗号資産取引所CoinTrade「ADA・PLT・IOST」取扱いへ

暗号資産取引所CoinTrade「ADA・PLT・IOST」取扱いへ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

American Express × Abra「仮想通貨報酬機能付きクレジットカード」発行へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す