ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

by BITTIMES

ビットコイン強気派のMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏がCEOを務めていることでも知られるデジタル資産運用会社「Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)」は、最近公開したレポートの中で『現在の銀行システムはビットコイン(BTC)の2倍以上のエネルギーを消費している』ということを報告しています。

こちらから読む:カルダノ(ADA)、価格上昇で2ドル台に突入「暗号資産」関連ニュース

銀行システムの電力消費量は「BTCの2倍以上」

Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)は最近公開した「ビットコインのエネルギー消費量」に関するレポートの中で、『銀行システムはビットコインの2倍以上のエネルギーを消費している』ということを報告しています。

このレポートでは「銀行システム金(ゴールド)ビットコイン(BTC)」の推定年間エネルギー消費量を比較したグラフが公開されていますが、ビットコインネットワークの合計エネルギー消費量が「年間推定113.89TWh」であるのに対して、金産業は「年間推定240.61TWh」、銀行システムは「年間推定263.72TWh」だと報告されています。

なお、このBTCエネルギー消費量の見積もりには「マイナーマイニングプール・ノード」などの電力消費量が含まれており、銀行システムのエネルギー消費量には「カードネットワークのデータセンター・ATM・銀行支店・上位100の銀行データセンター」の電力消費量が含まれているとされています。

銀行システム・ゴールド・ビットコインの推定年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)銀行システム・ゴールド・ビットコインの推定年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)

ビットコインネットワークの年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)ビットコインネットワークの年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)

エネルギー消費量で議論が続く「ビットコイン」

「ビットコインのエネルギー消費量」や「ビットコインがもたらす地球環境への影響」については数年前から議論が交わされていましたが、最近ではビットコイン決済に対応していた米大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、"BTCのマイニング・取引に大量の化石燃料が使用されていること"を理由として『ビットコイン決済を一時停止する』と発表したため、再びBTCのエネルギー消費問題が注目を集めています。

Tesla社の主張にはすでに複数の反論がなされており、ビットコインが使用している電力に関しては『その多くが再生可能エネルギーによってまかなわれている』といった意見も出ていますが、今回公開されたデータでは『ビットコインのエネルギー消費量は既存の銀行システムよりもはるか少ない』ということが示されているため、これらのデータはTesla社を含めた人々の考え方に影響を与える可能性があると考えられます。

なお、Galaxy Digitalが公開したレポートの最後では『ビットコインネットワークの電力消費量は許容範囲内か?』という問いの結論として『私たちの答えはもちろん"YES"です』と書かれています。

「ビットコインが具体的にどれくらい地球環境に悪影響を与えているか?」については現在も議論が続けられていますが、Tesla社は以前の発表で『ビットコインよりもエネルギー消費量が少ない他の仮想通貨を採用することも検討している』と述べており、コミュニティの間では『Tesla社は将来的に"Tesla社のソーラーパネル・家庭用電池でBTCマイニングができる"と発表するだろう』と予想する声も出ています。

>>「Galaxy Digitalが公開したレポート」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

韓国の新韓銀行「ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会」に参加

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

Huobi Japan:新規口座開設でHTが必ず当たる「クーポンキャンペーン」開催

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

Crypto.com「パリ・サンジェルマンFC」と提携|NFTのリリースも予定

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す