ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

by BITTIMES

ビットコイン強気派のMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏がCEOを務めていることでも知られるデジタル資産運用会社「Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)」は、最近公開したレポートの中で『現在の銀行システムはビットコイン(BTC)の2倍以上のエネルギーを消費している』ということを報告しています。

こちらから読む:カルダノ(ADA)、価格上昇で2ドル台に突入「暗号資産」関連ニュース

銀行システムの電力消費量は「BTCの2倍以上」

Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)は最近公開した「ビットコインのエネルギー消費量」に関するレポートの中で、『銀行システムはビットコインの2倍以上のエネルギーを消費している』ということを報告しています。

このレポートでは「銀行システム金(ゴールド)ビットコイン(BTC)」の推定年間エネルギー消費量を比較したグラフが公開されていますが、ビットコインネットワークの合計エネルギー消費量が「年間推定113.89TWh」であるのに対して、金産業は「年間推定240.61TWh」、銀行システムは「年間推定263.72TWh」だと報告されています。

なお、このBTCエネルギー消費量の見積もりには「マイナーマイニングプール・ノード」などの電力消費量が含まれており、銀行システムのエネルギー消費量には「カードネットワークのデータセンター・ATM・銀行支店・上位100の銀行データセンター」の電力消費量が含まれているとされています。

銀行システム・ゴールド・ビットコインの推定年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)銀行システム・ゴールド・ビットコインの推定年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)

ビットコインネットワークの年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)ビットコインネットワークの年間エネルギー消費量(画像:Galaxy Digital)

エネルギー消費量で議論が続く「ビットコイン」

「ビットコインのエネルギー消費量」や「ビットコインがもたらす地球環境への影響」については数年前から議論が交わされていましたが、最近ではビットコイン決済に対応していた米大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、"BTCのマイニング・取引に大量の化石燃料が使用されていること"を理由として『ビットコイン決済を一時停止する』と発表したため、再びBTCのエネルギー消費問題が注目を集めています。

Tesla社の主張にはすでに複数の反論がなされており、ビットコインが使用している電力に関しては『その多くが再生可能エネルギーによってまかなわれている』といった意見も出ていますが、今回公開されたデータでは『ビットコインのエネルギー消費量は既存の銀行システムよりもはるか少ない』ということが示されているため、これらのデータはTesla社を含めた人々の考え方に影響を与える可能性があると考えられます。

なお、Galaxy Digitalが公開したレポートの最後では『ビットコインネットワークの電力消費量は許容範囲内か?』という問いの結論として『私たちの答えはもちろん"YES"です』と書かれています。

「ビットコインが具体的にどれくらい地球環境に悪影響を与えているか?」については現在も議論が続けられていますが、Tesla社は以前の発表で『ビットコインよりもエネルギー消費量が少ない他の仮想通貨を採用することも検討している』と述べており、コミュニティの間では『Tesla社は将来的に"Tesla社のソーラーパネル・家庭用電池でBTCマイニングができる"と発表するだろう』と予想する声も出ています。

>>「Galaxy Digitalが公開したレポート」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携NEW

Decentraland・The Sandboxなどで「JPYC経済圏」構築へ|JPYCとアドミンが事業提携

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

Jump Trading:スポーツ関連仮想通貨プロジェクト「Chiliz」に投資|CHZ価格も上昇

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

BitPay「SHIB対応」を正式発表|Cardano(ADA)のサポートを求める声も

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

ビットポイント:カルダノ(ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

暗号資産取引所OKX:ドバイ規制当局から「仮承認ライセンス」を取得

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「DEPがもらえる!STEP UP口座開設キャンペーン」開始

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

Epic Games CEO:MinecraftのようなNFT禁止「絶対にしない」とコメント

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

出品完全審査制・招待制のアプリ型NFTプラットフォーム「HARTi」正式ローンチ

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

暗号資産取引所「FTX Japan」法人口座開設の申し込み受付開始

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

Ginco×みずほフィナンシャルグループ「セキュリティトークンの実証実験」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す