SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

by BITTIMES

PlayStation(プレイステーション)関連ハード・ソフトの研究開発・製造・販売などを行なっている「ソニー・インタラクティブエンタテインメント(Sony Interactive Entertainment/SIE)」が、暗号資産・仮想通貨・ゲーム資産・デジタル権利などを利用してeスポーツで賭けを行うことができる『Eスポーツベッティングプラットフォーム』の特許を申請していることが明らかになりました。

こちらから読む:コインベース、ブラウザ拡張機能リリース「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨だけでなく「NFT」も利用できる可能性?

ソニーグループが100%出資する多国籍ビデオゲーム・デジタルエンタテインメント企業「ソニー・インタラクティブエンタテインメント(Sony Interactive Entertainment/SIE)」が、暗号資産・仮想通貨・ゲーム資産・デジタル権利などを利用してeスポーツで賭けを行うことができる『Eスポーツベッティングプラットフォーム』の特許を申請していることが明らかになりました。

『E-SPORTS BETTING PLATFORM(Eスポーツベッティングプラットフォーム)』というタイトルが付けられたこの特許申請書類は2021年5月13日に公開されたものの、特許出願日は2019年11月8日とされているため、同社は数年前からこのプラットフォームの研究開発に取り組んでいたと考えられます。

Eスポーツベッティングプラットフォームは、格闘ゲームのトーナメントなどとったライブ中継されるeスポーツの試合観戦者が、リアルタイムで試合結果などに賭けることができるシステムとなっており、賭けに使用されるものについての説明欄では『賭け金は法定通貨やビットコインなどの金銭が使用される場合もあれば、ゲーム資産やデジタル権利などの非金銭的なものが使用される場合もある』と説明されています。

デジタル権利とは「デジタル化された権利」のことを指すため、ゲーム内アイテムなどの所有権を証明することができる「Non-Fungible Token(NFT)」などが賭けに使用できる可能性もあるとして注目が集まっています。

また、賭けのオッズ(概算配当率)に関しては『過去のゲーム分析を使用して決定することも、パリミュチュエル方式(*1)で決定することもできる』と説明されています。
(*1)パリミュチュエル方式:賭けの総売り上げをプールして、興行主がそこから一定割合を差し引き、残りの金額を賭けの勝者に配分する方法のこと

さらに書類の中では「Eスポーツベッティングプラットフォーム」がプレイステーション以外の様々なデバイスにも対応可能であることも説明されており、具体的には「インターネット対応テレビ・スマートテレビ・家庭用電化製品・スマートフォン・タブレット・ノートパソコン・インターネット対応時計」などが挙げられている他、「MicrosoftやNintendo製のゲーム機」に加えて「他社メーカーの仮想現実(VRヘッドセット)や拡張現実(AR)ヘッドセット」などもサービス対象となることが説明されているため、そのような面でも注目が集まっています。

「Eスポーツベッティングプラットフォーム」がいつ頃公開されることになるかなどについては明らかにされていないものの、このプラットフォームが正式に利用可能になれば、仮想通貨やNFTなどを使用して家庭用ゲーム機などでeスポーツ関連の賭けを楽しむことができるようになると予想されるため、今後の正式発表にも期待が高まっています。

>>「Eスポーツベッティングプラットフォーム」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引に「マイナス手数料」を導入【日本国内初】

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

仮想通貨取引所FCoinに「出口詐欺」疑惑|顧客のビットコイン持ち逃げか

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月12日〜18日

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

ビットポイント「5万円相当のビットコインが当たる」取引キャンペーン開始

ビットポイント「5万円相当のビットコインが当たる」取引キャンペーン開始

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

ビットポイントジャパン「NFT事業」参入へ|NFTマーケットプレイスなどを準備

ビットポイントジャパン「NFT事業」参入へ|NFTマーケットプレイスなどを準備

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

マウントゴックス:再生計画案に対する意思表明のための「オンライン投票」受付開始

マウントゴックス:再生計画案に対する意思表明のための「オンライン投票」受付開始

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

SEBC:暗号資産について無料相談できる「ビットコインの相談窓口」提供開始

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

オランダのドミノ・ピザフランチャイズ「ビットコイン」で給料の受け取りが可能に

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

ビットフライヤー「日米間のクロスボーダー取引」開始|米国でBTC/JPYが取引可能に

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す