PayPal「仮想通貨の出金機能」提供へ|ステーブルコイン関連のコメントも

by BITTIMES

米国の決済大手「PayPal(ペイパル)」が、暗号資産の出金機能実装に向けて開発を進めていることが「Coindesk」の報道で明らかになりました。PayPalはすでにビットコインやイーサリアムなどの取引・決済サービスを提供していますが、出金機能が実装されれば外部ウォレットなどにそれらの仮想通貨を移すことが可能になるため、仮想通貨市場全体の流動性向上につながると期待されています。

こちらから読む:イラン、ビットコインマイニング禁止へ「暗号資産」関連ニュース

PayPal「仮想通貨の出金機能」を開発中

PayPal(ペイパル)のブロックチェーン部門責任者であるJose Fernandez da Ponte(ホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ)氏は、仮想通貨メディア「Coindesk」が主催する大型カンファレンス「Consensus」に登壇した際に『PayPalが仮想通貨出金機能の開発を進めていること』を明らかにしました。

ペイパルは2020年11月に以下4種類の仮想通貨の取引サービスを開始し、2021年3月にはこれら4種類の仮想通貨で支払いを行うことができる仮想通貨決済機能「Checkout with Crypto」の提供を開始していましたが、現時点で仮想通貨の出金はできない状態となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

仮想通貨の出金機能が導入されればペイパルで保有している仮想通貨を外部のウォレットや取引所などに送金して使用することができるようになるため、仮想通貨市場全体の流動性向上につながると期待されています。出金機能の実装時期は明らかにされていないものの、ポンテ氏は『PayPalは平均して2ヶ月ごとに新しい製品をリリースしている』とも語っています。

「独自ステーブルコインの噂」にもコメント

今月3日には『PayPalは独自のステーブルコイン発行に向けた話し合いを進めている』ということが報じられていましたが、ポンテ氏はこの噂について『それについては時期尚早である』とコメントしています。

しかしながら同氏は「ステーブルコイン中央銀行デジタル通貨(CBDC)のどちらか片方が支配的になるとは思えない」との考えも語っており、『ステーブルコインとCBDCは共存することになると思う』と語っています。

中央銀行が独自のトークンを発行することはもちろん理にかなっています。時々「CBDC対ステーブルコイン」に関する議論が行われていますが、どちらか片方が犠牲になるということはなく、それらは共存すると思っています。

ポンテ氏は「CBDCのようなデジタル通貨が導入されれば、金融の安定性が高まり、誰も金融システムにアクセスできるようになる可能性がある」との考えを述べているものの、それと同時に「CBDCで実際に書かれているコードはまだ少ない」とも指摘しており、「CBDCを一般に配布する時がきた際には、PayPalのような金融機関がCBDC配布に貢献できる可能性がある」といった考えも語っています。

>>「Coindesk」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱い開始|積立サービスでもサポート

GMOコイン「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱い開始|積立サービスでもサポート

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

OKCoinJapan:IOST保有者に対するDONエアドロップ「日本円付与」を完了

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

Bitget「Revoland」のローンチパッド上場を発表|Huawei Cloud初のブロックチェーンゲームを実現

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」の販売概要を発表|AMAも開催予定

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す