MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)を大量購入していることで知られるNASDAQ上場企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年6月7日に、4億ドル(437億円)相当のシニア転換社債を発行して機関投資家から資金調達を行い、ビットコインの追加購入を行う計画を発表しました。

こちらから読む:BITPoint、NFTエアドロップの対応方針を発表「暗号資産」関連ニュース

調達した資金で「BTCをさらに買い増し」

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は2021年6月7日に、4億ドル(437億円)相当のシニア転換社債を発行して機関投資家から資金調達を行い、ビットコインの追加購入を行う計画を発表しました。

転換社債とは「一定の条件で株式に転換できる権利が付与された社債」のことであり、シニア債は「債券をリスク度合いで三つに分類した場合に最も低リスクな債券」のことを指しています。

マイクロストラテジーは「2028年に満期を迎えるシニア転換社債」を発行することを予定しており、これによって得られた資金を「ビットコインの追加購入」に使用する予定だと説明されています。

ビットコインに大規模な投資を続けている同社はこれまでにも数十億円規模のBTC購入を定期的に発表しており、今回の公式発表の中では『現時点で約92,079BTCを保有している』ということが報告されていますが、数百億円規模の大規模な投資が行われるのは2021年2月24日に行われた「1,000億円規模の追加投資」以来のことであるため、今回の発表には注目が集まっています。

なお、同社は今回の発表に合わせて、マイクロストラテジーが保有する92,079BTCを管理する新たな事業体「MacroStrategy LLC」や、転換社債に特化した事業体「MicroStrategy Services Corporation」を立ち上げたことも発表しています。

これまでの発表と同様に今回の発表も世界中の仮想通貨メディアなどで大きく取り上げられていますが、ここ最近では『マイクロストラテジーの資産は極端にビットコインに偏っているためリスクが高い』『表向きはソフトウェア企業だが、実質的にビットコインファンドになっている』といった指摘の声も出ており、同社の株価は過去24時間で3%、過去1ヶ月間で17.5%下落しています。

2021年5月10日〜2021年6月8日 MicroStrategy株の価格推移(画像:Google)2021年5月10日〜2021年6月8日 MicroStrategy株の価格推移(画像:Google

>>「MicroStrategy」の公式発表はこちら

2021年6月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月24日に350万円付近まで下落して以降は徐々に回復していたものの、先日7日の22時頃からは再び下落しており、2021年6月8日時点では「1BTC=3,619,266円」で取引されています。

2021年5月9日〜2021年6月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年5月9日〜2021年6月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

グッチ:メタバースに向けたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI」展開へ

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

Huobi Japan「ハズレなしで最大30,000円相当の暗号資産が当たる」キャンペーン開始

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

SBI VCトレード:貸暗号資産サービス「貸コイン」提供開始|3銘柄をサポート

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

ビットポイント「新庄剛志さん起用のTVCM」2月から全国放映|記念キャンペーンも開催

ビットポイント「新庄剛志さん起用のTVCM」2月から全国放映|記念キャンペーンも開催

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

コインチェック:暗号資産積立の「法人向けサービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す