MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)を大量購入していることで知られるNASDAQ上場企業「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年6月7日に、4億ドル(437億円)相当のシニア転換社債を発行して機関投資家から資金調達を行い、ビットコインの追加購入を行う計画を発表しました。

こちらから読む:BITPoint、NFTエアドロップの対応方針を発表「暗号資産」関連ニュース

調達した資金で「BTCをさらに買い増し」

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は2021年6月7日に、4億ドル(437億円)相当のシニア転換社債を発行して機関投資家から資金調達を行い、ビットコインの追加購入を行う計画を発表しました。

転換社債とは「一定の条件で株式に転換できる権利が付与された社債」のことであり、シニア債は「債券をリスク度合いで三つに分類した場合に最も低リスクな債券」のことを指しています。

マイクロストラテジーは「2028年に満期を迎えるシニア転換社債」を発行することを予定しており、これによって得られた資金を「ビットコインの追加購入」に使用する予定だと説明されています。

ビットコインに大規模な投資を続けている同社はこれまでにも数十億円規模のBTC購入を定期的に発表しており、今回の公式発表の中では『現時点で約92,079BTCを保有している』ということが報告されていますが、数百億円規模の大規模な投資が行われるのは2021年2月24日に行われた「1,000億円規模の追加投資」以来のことであるため、今回の発表には注目が集まっています。

なお、同社は今回の発表に合わせて、マイクロストラテジーが保有する92,079BTCを管理する新たな事業体「MacroStrategy LLC」や、転換社債に特化した事業体「MicroStrategy Services Corporation」を立ち上げたことも発表しています。

これまでの発表と同様に今回の発表も世界中の仮想通貨メディアなどで大きく取り上げられていますが、ここ最近では『マイクロストラテジーの資産は極端にビットコインに偏っているためリスクが高い』『表向きはソフトウェア企業だが、実質的にビットコインファンドになっている』といった指摘の声も出ており、同社の株価は過去24時間で3%、過去1ヶ月間で17.5%下落しています。

2021年5月10日〜2021年6月8日 MicroStrategy株の価格推移(画像:Google)2021年5月10日〜2021年6月8日 MicroStrategy株の価格推移(画像:Google

>>「MicroStrategy」の公式発表はこちら

2021年6月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月24日に350万円付近まで下落して以降は徐々に回復していたものの、先日7日の22時頃からは再び下落しており、2021年6月8日時点では「1BTC=3,619,266円」で取引されています。

2021年5月9日〜2021年6月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年5月9日〜2021年6月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

ビットコイン買うなら今?「下落相場は素晴らしい投資機会」Charlie Lee

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

ビットコイン価格表示対応の投資用不動産メディア「ie-reach Crypto Property」公開

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済の一時停止」を発表|別の仮想通貨への対応も検討

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

注目度の高い仮想通貨ニュース

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

Bybit「韓国向け一部サービスの終了」を発表|現地の規制強化に対応

楽天ウォレット:本日18時頃に「XRP証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット:本日18時頃に「XRP証拠金取引サービス」再開へ

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年8月15日〜21日

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す