米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

by BITTIMES

米国で2番目に長い歴史を持つ大手金融機関である「State Street(ステート・ストリート)」は2021年6月10日に、デジタルファイナンスを専門とする新部門「StateStreet Digital」を立ち上げたことを発表しました。この新部門は「暗号資産・ブロックチェーン・トークン化・中央銀行デジタル通貨(CBDC)」などのデジタル通貨に焦点を当てた事業を担うことになると報告されています。

こちらから読む:Twitter CEO、Lightning Network導入を示唆「暗号資産」関連ニュース

デジタル金融部門「StateStreet Digital」新設

State Street(ステート・ストリート)は2021年6月10日に、デジタルファイナンスを専門とする新部門「StateStreet Digital」を立ち上げたことを発表しました。「State Street」は1792年に設立されたアメリカで2番目に長い歴史を持つ大手金融機関であり、2021年3月31日時点で保管している資産は40.3兆ドル、運用資産は3.6兆ドルに上ると報告されています。

新たに設立されたデジタル金融部門「StateStreet Digital」は、同社が有するデジタル技術関連技術を活用した事業に注力する部門となっており、今後は「暗号資産・ブロックチェーントークン化中央銀行デジタル通貨(CBDC)」などといった近年急速に拡大しているデジタル通貨関連分野に事業を拡張していく予定だと説明されています。

ステート・ストリートの会長兼CEOであるRon O’Hanley(ロン・オハンリー)氏は公式発表の中で『金融業界はデジタル経済へと変貌を遂げつつあり、デジタル資産は今後5年間で業界に影響を与える最も重要な力の1つであると考えている』と述べており、『デジタル資産は金融サービスの既存のフレームワークに急速に統合されつつある。従来の投資ニーズと増大するデジタルニーズの両方に対応するソリューションをクライアントに提供するためのツールを用意することが重要だ』とコメントしています。

「取引ソフトウェア・トークン化された資産」などを準備

Bloombergの報道によると、「StateStreet Digital」の責任者に就任したNadine Chakar(ナディーン・チャカー)氏は『このテクノロジーは革命的で、世界を変えるものだ』とブロックチェーン技術を評価した上で『何年も前から問題の解決策ではあったが、最近になって現実的になりつつある。実際の使用例が出てきた』と述べたとも報告されています。

報道によると、新部門は400人〜450人規模でスタートしたとされており、仮想通貨取引ソフトウェアやトークン化された資産向けのサポートなど、一連のプロダクトおよびサービスの準備を進めていると報告されています。

トークン化とは「不動産・株式・アート作品」などといった様々な資産の所有権をトークン化したもののことであり、所有権をデジタル化することによってより簡単かつ迅速に資産を取引することができるため、現在は様々な業界で資産のトークン化が進められています。

Bloombergによるとチャカー氏は『建物さえトークン化できる。一棟を丸ごと売ることなく、その一部分だけ取引することが可能だ』とも語ったとされており、デジタル部門設立の背景に"顧客からの強い要望"があったことを説明したと報じられています。

なお「State Street」は暗号資産取引プラットフォームへの技術提供なども行っており、今年4月には英国の金融スタートアップである「Puremarkets」が、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームである「Pure Digital」の提供に向けて、ステート・ストリートが所有する外国為替テクノロジー・プロバイダー「Currenex」から技術提供を受ける契約を結んだことを発表しています。

>>「State Street」の公式発表はこちら
>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オランダ銀行:ユーロ圏の「中央銀行デジタル通貨開発」に前向き姿勢

オランダ銀行:ユーロ圏の「中央銀行デジタル通貨開発」に前向き姿勢

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

SBI×三井住友FG:デジタル証券扱う「大阪デジタルエクスチェンジ」設立へ【国内初】

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す