米金融大手「State Street」デジタル通貨専門の新部門設立|トークン化なども視野

by BITTIMES

米国で2番目に長い歴史を持つ大手金融機関である「State Street(ステート・ストリート)」は2021年6月10日に、デジタルファイナンスを専門とする新部門「StateStreet Digital」を立ち上げたことを発表しました。この新部門は「暗号資産・ブロックチェーン・トークン化・中央銀行デジタル通貨(CBDC)」などのデジタル通貨に焦点を当てた事業を担うことになると報告されています。

こちらから読む:Twitter CEO、Lightning Network導入を示唆「暗号資産」関連ニュース

デジタル金融部門「StateStreet Digital」新設

State Street(ステート・ストリート)は2021年6月10日に、デジタルファイナンスを専門とする新部門「StateStreet Digital」を立ち上げたことを発表しました。「State Street」は1792年に設立されたアメリカで2番目に長い歴史を持つ大手金融機関であり、2021年3月31日時点で保管している資産は40.3兆ドル、運用資産は3.6兆ドルに上ると報告されています。

新たに設立されたデジタル金融部門「StateStreet Digital」は、同社が有するデジタル技術関連技術を活用した事業に注力する部門となっており、今後は「暗号資産・ブロックチェーントークン化中央銀行デジタル通貨(CBDC)」などといった近年急速に拡大しているデジタル通貨関連分野に事業を拡張していく予定だと説明されています。

ステート・ストリートの会長兼CEOであるRon O’Hanley(ロン・オハンリー)氏は公式発表の中で『金融業界はデジタル経済へと変貌を遂げつつあり、デジタル資産は今後5年間で業界に影響を与える最も重要な力の1つであると考えている』と述べており、『デジタル資産は金融サービスの既存のフレームワークに急速に統合されつつある。従来の投資ニーズと増大するデジタルニーズの両方に対応するソリューションをクライアントに提供するためのツールを用意することが重要だ』とコメントしています。

「取引ソフトウェア・トークン化された資産」などを準備

Bloombergの報道によると、「StateStreet Digital」の責任者に就任したNadine Chakar(ナディーン・チャカー)氏は『このテクノロジーは革命的で、世界を変えるものだ』とブロックチェーン技術を評価した上で『何年も前から問題の解決策ではあったが、最近になって現実的になりつつある。実際の使用例が出てきた』と述べたとも報告されています。

報道によると、新部門は400人〜450人規模でスタートしたとされており、仮想通貨取引ソフトウェアやトークン化された資産向けのサポートなど、一連のプロダクトおよびサービスの準備を進めていると報告されています。

トークン化とは「不動産・株式・アート作品」などといった様々な資産の所有権をトークン化したもののことであり、所有権をデジタル化することによってより簡単かつ迅速に資産を取引することができるため、現在は様々な業界で資産のトークン化が進められています。

Bloombergによるとチャカー氏は『建物さえトークン化できる。一棟を丸ごと売ることなく、その一部分だけ取引することが可能だ』とも語ったとされており、デジタル部門設立の背景に"顧客からの強い要望"があったことを説明したと報じられています。

なお「State Street」は暗号資産取引プラットフォームへの技術提供なども行っており、今年4月には英国の金融スタートアップである「Puremarkets」が、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームである「Pure Digital」の提供に向けて、ステート・ストリートが所有する外国為替テクノロジー・プロバイダー「Currenex」から技術提供を受ける契約を結んだことを発表しています。

>>「State Street」の公式発表はこちら
>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

なりすまし防止機能付きブロックチェーン投票サービス「bVote」を開発:bitFlyer Blockchain

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

ICO規制の可能性「中国中央銀行の新たな判断とは」

ICO規制の可能性「中国中央銀行の新たな判断とは」

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

Intercontinental Hotels & Resorts「旅行特典付きの限定NFTコレクション」を販売

Intercontinental Hotels & Resorts「旅行特典付きの限定NFTコレクション」を販売

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

BINANCE CEO「保有するFTXトークン(FTT)を全て売却する」と発表

BINANCE CEO「保有するFTXトークン(FTT)を全て売却する」と発表

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」Chain Colosseum Phoenixと戦略的パートナーシップ

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す