MicroStrategy:ビットコイン購入に向けた資金調達を完了「10億ドル相当の株式売却」も計画

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)を定期的に購入し続けていることで知られる「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」は2021年6月14日に、同社が今月初めに報告していた"BTC追加購入に向けた5億ドルの資金調達"が完了したことを発表しました。また先日米SECに提出された書類では「マイクロストラテジーがビットコイン購入などの目的で最大10億ドル分の株式を発行・販売する可能性があること」も明らかにされています。

こちらから読む:イーロン・マスク氏、価格操作の批判に反論「暗号資産」関連ニュース

「約537億円相当のBTC購入」を予定

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は今月7日に『4億ドル相当のシニア転換社債を発行して機関投資家から資金調達を行い、ビットコインを追加購入する計画』を発表していましたが、今回の発表ではこのシニア転換社債の販売が完了したことが報告されています。

7日の発表時点では「4億ドル」を調達すると報告されていたものの、今回の発表では「合計5億ドル」が調達されたと報告されており、そこから手数料やコストなどを差し引いた「4億8,800万ドル(約537億円)」をビットコインの購入に充てる予定だと説明されています。

同社は新たに設立された子会社「MacroStrategy LLC」を通じて「約92,079BTC」を保有しているとのことですが、記事執筆時点のビットコイン価格は400万円前後で推移しているため、今回調達された資金でビットコインの追加購入が行われた場合にはさらに10,000BTC以上が購入され、同社が保有するBTCが100,000BTCを超えることになると予想されています。

「最大10億ドル分の株式販売」の可能性も

MicroStrategy(マイクロストラテジー)は今回「5億ドルの資金調達が完了したこと」を報告していますが、米国証券取引委員会(SEC)に先日提出された書類では「マイクロストラテジーがビットコイン購入などの目的で最大10億ドル分の株式を発行・販売する可能性があること」も明らかにされています。

米SECに提出された文書の中では「クラスA普通株を最大10億ドル(約1,100億円)まで売却することができる」ということが記されており、株式売却によって得られた収益は「ビットコインの購入を含む一般的な企業目的に使用する予定」だと説明されています。

また、文章の中では『ビットコインは利息やその他の利益を支払うわけではないため、このオファリングからの純収入から投資収益を生み出すのは、このオファリングからの純収入でビットコインを購入した後にビットコインの価格が上昇するかどうかによる』とも説明がなされています。

ビットコインに大規模な資金を投じているマイクロストラテジーに対しては一部から批判的な意見も出始めているものの、同社はその後もこれまでの強気姿勢を崩しておらず、「ビットコイン追加購入の計画」を次々に発表しているため、今後もビットコイン追加購入の動きは続けられていくことになると予想されます。

>>「MicroStrategy」の公式発表はこちら
>>「米SECに提出された書類」はこちら

2021年6月15日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日8日に350万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年6月15日時点では「1BTC=4,451,213円」で取引されています。

2020年3月17日〜2021年6月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月17日〜2021年6月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

Cardano(ADA)の「最新版ブロックチェーン・エクスプローラー」公開:IOHK

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

キルギス共和国「暗号資産取引所のライセンス制度導入」を計画

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨報酬も取り入れたeスポーツ関連サービス「eSportStars」リリース:TimeTicket

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|NEM保有者へのXYM付与も実施

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す